フリーターはとりあえず就職しよう

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム

現在20代後半のフリーターは就職するべきか、どうするべきか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-BJK_kyouheikangaeru-thumb-1000xauto-13724

こんにちは。

管理人のいたる(仮名)です。

私は約5年間フリーター生活を送っていましたが26歳の頃に結婚を機に正社員として現在勤める会社に就職することができました

それまでは約5年間、ゲームセンターやコンビニ、派遣でスーパーや量販店で働くいわゆるフリーター生活をしていました。

その後26歳の時に電気通信工事関係の会社に就職しました。

(詳しいことはこちらに書いてあります。)

『179万人』

この数字、なんだか分かりますか?

これは日本の15歳~34歳の若年層と言われる世代でいわゆるフリーター(パート、アルバイト等)と呼ばれる人口の数です。※2014年の調査

結構多いですよね。

フリーターの数はここ5年以上の間ではほぼ横ばいですが変化しつつあるのはフリーターの高齢化です。

2009年のフリーターの数は178万人。そのうち25歳~34歳は91万人で51%ですが、2014年はフリーター179万人のうち106万人で59%となっており、20代後半以上の比率が大きく伸びています。

2014年は179万人、前年比で3万人減少・フリーターの推移をグラフ化してみる(2015年)(最新) - ガベージニュースより

年齢が高くなれば高くなるほど定職に就ける可能性は下がるためフリーターの高齢化は年々深刻化していくことが予想されます。

フリーターはボーナスもなければ昇給もない。退職金も出ないしそれ以前にいつ仕事がなくなるかも分からない。

就職している人達でさえ将来が安泰とは言えない時代なのにフリーターはもっと将来が見えません。

このブログでは先行きが不安なフリーターは将来どうするべきか?

というのを考えていきたいと思います。

就職すれば安泰?

「あなたは何故フリーターをやっているんですか?」

というアンケート調査で最も多い回答は、

「定職に就けないから仕方なくやっている」

です。

あえてフリーターを選んでという人も多いとは思いますが、「じゃあもし定職に就けるならどうしますか」と質問すると大半のフリーターが定職に就くと回答します。もちろん年齢が高齢になればなるほどそう答える人は多くなります。

就職が安泰とは限らない

世間一般では就職して定職に就くことが安泰だとされていますが私は正直、フリーターより正社員で働く方が安泰だとは一概には言えないと思っています。

例えば誰もが知っている有名企業や将来性のある会社で派遣やパートで働くのと、従業員数人で自転車操業している小さな会社の正社員として働くのでは前者の方が30年後仕事がある可能性が高いですよね。

経営難はもちろんですが劣悪な労働条件を強いるブラック企業が蔓延する現代では下手な会社に就職するよりはフリーターでいる方がまだましってことは多々あるわけです。

私も20歳くらいの頃に勤めていた会社が事業縮小することになり、退社しなければならない事態になった経験があります。

会社設立から10年後の生存率は10%以下と言われています。

10社のうち9社は10年以内に潰れているわけです。学校を卒業して入社した会社が定年を迎えるまで残っている企業は全体のごくわずかという計算になるんですよ。

このままフリーターで居続ける?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-OOK86_kianu15162908500-thumb-1000xauto-12324

30過ぎてもフリーター。40過ぎてもフリーター。50過ぎでも・・・・

考えるだけで辛いですが実際結構いますよね。50歳くらいでコンビニとかで昼間バイトしているおじさんとか。あれは本当にツライ・・・

確かに40歳でコンビニの収入だけってのはかなりキツイです。

普通40にもなると平社員でも30万位は貰っているし役員になっているとそれ以上は貰っている。フリーターだとフルタイム働いてもせいぜい20万程度で家族を養うのは結構キツイです。

だけど私は下手な会社に就職するならそれもありなんじゃないかなと思っています。

世間では「一生フリーターで居続けるなんてあり得ない」と見られてしまいますが、安月給でこき使われて残業代もロクに出ない会社で働くよりは良いと思っています。

まあそりゃあちゃんとした会社に就職出来るならその方がいいですが。

要するにずっとフリーターで居続けるのも選択肢としてはアリっていうのが私の考えです。ただし社会保険付けてくれるところじゃないとダメです。

ダブルワークはキツイ

しかしフリーターで居続けるということは家族を養う程の収入を得られないまま一生を過ごすということです。会社の倒産やリストラに遭って再就職出来ず複数のバイトをこなして生計を立てている50代のお父さんとか普通にいます。

昼間は警備の仕事をして、夜はコンビニで働くとか。私が以前コンビニでアルバイトをしていた時にもそういう中年のおじさんがいました。その方はフリーターではなかったんですが本業の収入がかなり低かったようです。

40過ぎでもフリーターで、お金が必要だからバイト掛け持ちして・・・それはそれで良いと思うんですが肉体的にきついですよね。私もダブルワークして月250時間以上働いていた頃もありましたが結構きつかったです。若くてもしんどいんですよ。

もちろん始めから結婚しないと決めていればずっとフリーターでもそれほど苦労はないと思います。

だけどやっぱり結婚したいですよね。私は今時珍しく人一倍子どもが欲しいという願望があるので一生結婚結婚しないなんてあり得ないと思っていました。

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

やっぱり就職する?

やはり多くのフリーターが可能ならば就職したいと思っているはずです。先にも述べましたが就職したからってすなわち安定安泰だとは限りませんしリストラ、倒産にいつ遭うとも限りません。

しかし就職することによって得られるものは確かにあります。それは人脈と技術、経験です

もちろん職種、業種、仕事内容によりますが定職に就いて得た人脈と経験は必ず蓄積されます。それらは将来独立や転職等に必ず役に立ちます

私も26歳の時に現在の会社に就職して約3年、様々なことを学びました。最近は取引先の役員の方に「うちで働かない?」と冗談交じりで言われることもありました。

世の中で必要とされる知識、経験を持ち、なお且つ人脈があれば将来自分が勤める会社が倒産したとしても再就職に困ることはありません

就職するなら良い企業に

幸いフリーターには時間だけは余裕があります。

しっかり戦略的に就職活動をすれば割と採用されたりするので焦ってブラック色の強い会社に就職する必要はありません。

もし将来のことを考え就職しようと考えるならこれを機に少しでも世の中で必要とされる技能、経験が出来る仕事を探すことをオススメします。

もちろんそれが必ず将来役に立つ保障なんてどこにもありません。

しかし何もしないことほど危険な状態はないです。

30が近くても20代のうちならまだチャンスはたくさんあります

30歳を超えると就職はかなり厳しくなりフリーターから抜け出すことが難しくなります。

近年フリーターの人口はやや減少傾向にありますが、25歳以上のフリーターは増加傾向にあります。

「このままだと一生フリーターから抜け出せないかも・・・」

しかしもしあなたがまだ20代なら就職出来る可能性は十分あります。

何故なら近年団塊世代の退職、労働人口の減少により若い世代を求める企業が増加傾向にあるからです。

書類選考・面接法を学ぼう

20代なら長期的にフリーターをしていても就職が出来る可能性は決して薄くありません。

実際に正社員経験のない人が就職できたという人は私の知り合いにもいますしネット上にもそんな話がたくさん転がっています。

正社員になったことがない人でも割と就職はできるらしい

しかし何も準備せずに挑むことははっきり言って無謀です。私も26の時に就職した時は面接方法や応募書類の作成方法等について書籍等でかなり勉強しました。

このブログではそれらの経験、知識を活かして応募書類の書き方、面接方法などをまとめているので是非お立ち寄り下さい。

応募書類:フリーターが就職するための書類選考攻略法まとめ

面接術:就職試験の面接で全然受からない人のための面接の基本(超重要)

既卒・フリーター向け人材紹介会社(参考)

もしフリーターを抜け出してまともな会社に就職したいと考えているなら既卒・フリーター専門の人材紹介会社を試しに利用してみましょう。人材紹介会社(転職エージェントとも呼ばれる)は従業員を募集している企業と仕事を探している人を仲介してマッチングさせるための会社です。

hasi

これを使うだけで就職活動の効率が飛躍的にアップします。ハローワークのようにカラ求人に当たるようなこともないですから。

参考に既卒・第二新卒・フリーターを専門に扱う人材紹介会社を紹介します。

人材紹介会社に登録されている企業は様々な業種の中小企業から大企業までありますが、いずれも若年層であれば経験を問わない求人が多いです。

通常の人材会社と同じく私達求職者は無料で利用出来るので是非お立ち寄りください。

ただしどの企業も原則20代までとなっています。

(だから30歳超えると急に厳しくなるんですよねえ・・・)

ハタラクティブ

利用者の9割が20代、半数近くの人が正社員経験なしという正真正銘のフリーター、第二新卒専門の人材紹介会社です。

転職、就職をアドバイスするスタッフも20代が多く、同年代ならではの悩み、心配事を気軽に相談できます。

未経験OK求人が1000件以上もありこれからスキルを身につけたいという方に最適です。

フリーター向けの就職支援サービスとしては最も知名度が高く利用者も多いです。

ただし原則拠点(東京都)に訪問出来る方が対象なので関東地方の方のみが対象者となります。関東にお住まいの20代の方は是非ご検討ください。

対象者主な求人求人数実績
東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの30歳までの方営業、販売、企画、総合職、事務、SE、クリエイター他未経験OK求人1000件以上書類通過率96%、内定率78.7%、カウンセリング実績4万人以上
bton

ジェイック

20代の既卒、フリーター、第二新卒者専門のジェイックはこれまでに12,000人以上の利用者を正社員へ導いた実績を持っている優良人材紹介会社です。

そして何よりフリーター、第二新卒専門に扱う人材紹介会社としては数少ない関東以外の地方(大阪、愛知、宮城)の方も利用出来るサービスとなっています。

就職成功率80.3%を誇り、フジテレビやテレ東等メディアにも取り上げられた実績もあります。

ジェイックは関東以外にも大阪、名古屋、仙台に支店があるのでそれぞれ開催される説明会にご参加可能な方は是非ご検討ください。もちろん無料で受けられます。

対象者主な求人求人数実績
説明会(東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡、愛知、大阪、福岡で開催)に参加出来る18~29歳までの既卒の方広告・メディア、メーカー、商社、IT通信系、営業、経理、事務等非公開
これまでの紹介数2,500社以上
就職率80%以上、1万2千人以上正社員就職支援

bton

「いい就職.com」

いい就職.comは既卒者・第二新卒者を専門とする就職支援サイトです。

離職率の高い企業や保険が完備されていない企業等ブラック企業をお断りしているとのことで安心して就職活動が出来ます。

また、東京以外にも大阪、名古屋、沖縄に拠点がありそれ以外の地方の方でも電話やメール等でサポートを行っているため若年層の既卒者なら誰でも利用出来ます。希望する企業が東京の場合は東京に出向く必要があります。

いい就職.comの代表、秋庭氏は株式会社リクルート出身で、現在若年求職者を対象としたセミナーを各地で行っています。

また、『それでも就職したいあなたに  既卒、フリーター第二新卒の大逆転内定獲得術』(あさ出版)他多数出版もされていえるまさに若年層就職支援の専門家です。

いい就職.comは業界セミナー、企業セミナー他模擬面接等も実施していますので本気で就職したい、定職に就きたい方にとてもおすすめです。
就職支援サイトなので求人情報も多数公開されています。是非ご覧ください。
対象者主な求人求人数実績
第二新卒・新卒・既卒未就職者営業、IT、SE、事務、経理、企画、販売、クリエイター職他2000社以上既卒・第二新卒からの就職者5,000人以上
bton

第二新卒AGENTneo

15,000名以上の就職成功者を誇る20代の若年層向け人材紹介会社。サービス名に第二新卒とありますがもちろんフリーターも大歓迎です。

第二新卒エージェントNEOの利用者の多くは文字通り第二新卒者で、卒業後3年以内、早い人は入社して2カ月で退職してしまった利用者を再就職させる程の実力を持っています。

書類や面接対策だけでなく基礎的なマナー研修等も充実しているため、採用率を飛躍的に向上させることができます。

第二新卒エージェントNEOは厳選された求人のみを紹介し、私達の大敵であるブラック企業を回避することが出来ます。こちらも20代の関東の方のみが対象となりますので対象者は是非試しに登録しみてみてください。

対象者主な求人求人数実績
第二新卒エージェントne(東京都新宿)に来社可能な20代の方営業、事務、広告・メディア、IT、SE等未経験OK求人5,000人以上就職成功者15,000人以上

bton

まとめ

20代後半のフリーターは結局どうするべきか?

別にそのままフリーターで居続けても良いんじゃないかなと思います。

ですが出来る限り就職した方がいいです。その方が将来的には楽だと思います。就職するまで、就職してから見習いのうちはしんどいと思いますけどね。

就職してある程度地位が築けたらむしろ会社が好きになっちゃっているって人は大勢います。定年後も再雇用で勤務するおじいさんもたくさんいるくらいですから。

今のところその方が日本では生きやすいです。

まずは派遣からという選択も

まだ特にやりたい仕事がない、いきなり正社員は・・・

と思う方はまずは派遣社員として働いてみるのも一つの手です。

ハタラクティブハケン紹介予定派遣の求人が充実していて、派遣からの正社員化実績82%を誇っています。

未経験者OKの求人も多く派遣社員なので敷居も低いので正社員経験がない人、これから経験やスキルをを磨いていきたいという人にとてもおすすめです。

おまけ

大手転職会社、インテリジェンスがMIIDAS(ミーダス)という面白いサービスをやっています。

自分の転職時の年収の相場が分かるらしいです。ちなみに私は600万くらいでした。ちょっと甘すぎ?

試しにやってみてください。動画も少しためになるかも。

⇒MIIDASで自分の価値を見る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ