フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

フリーターだったら履歴書は絶対手書きで書くべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就活シーズンに度々ネットでも話題になる論争の一つに、

「履歴書は手書きで書くべきか」

というのがあります。

わざわざ履歴書を文房具やで買わなくてもエクセル等でテンプレートをダウンロード出来るようになった現代、効率だけを考えた場合履歴書を手書きで書くメリットは皆無のように思えます。

しかし、私はどちらかというと手書き派です。もちろん業種にもよりますしその人(応募する人)の意向にもよります。

が、このブログのメイン読者であるフリーターが応募するなら極力履歴書は手書きで書いた方がいいと思っています。

その前にまずは一般的にどう思われているのか、よく言われているメリット、デメリットから見ていきましょう。

企業が求める人材をハローワークの求人票から読み解く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


目の前に立ちはばかる壁を攻略したい場合、ありとあらゆる場面で戦略と戦術の二方向から考える必要があります。

戦略とは戦に勝つための計略、戦術とは闘いに勝つための手段です。

就職活動にもこの戦略と戦術があり、就活における戦略とは就職で採用されるための計略、戦術とは「採用されやすい履歴書の書き方」や「面接必勝法」等を指します。

どちらの方が重要か?

もちろんどちらも重要ですが、今回お話する「求人票から読み解く」は前者である戦略のお話です。

戦に勝ちたければまずは敵を知ること。

同様に就活で成功したければまず企業を知ることが重要です。

ブラック企業で働くよりはフリーターの方が賢明です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラック企業で嫌々働く人達って結構多いです。

まあ、働く人がいるからブラック企業が成り立つわけですが。

毎日遅くまで残業して、休日出勤があったりするクセに給料は安い。しかも上司や先輩がうるさくてストレス溜まるし労働環境も苛酷・・・

なに一つとってもいいことがない。こんな仕事さっさと辞めてしまいたいけど職を失うのが怖くて辞められない。

こんな人、世の中にたくさんいると思います。

だけどね。

一言言わせてもらうと、

「さっさと辞めましょうよ」

企業が求めるコミュニケーション能力を具体的に説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


もう何年前からなのか忘れちゃいましたがここ数年企業が人材に求めるスキルは口を揃えてコミュニケーション能力だとか言われていますね。

もうホント、耳にタコです。

これから就活する学生さんも、転職考えてるサラリーマンも、現在フリーターの方も、採用試験で必ずと言っていいほど問われるコミュニケーション能力。

でもこのコミュニケーション能力(以下コミュ力)って一体何なんでしょうか?

フリーターとは付き合えないと言われた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今でこそ就職して会社員やっていますが私は21くらいから約5年間フリーター生活でした。

就職したのは26歳の時、それまではバイト掛け持ちしたり派遣で働いたりとまあ適当にフラフラやっていました。

その頃にあれは確か25くらいの頃だったと思います。

個人的にお気に入りだった女の子とカフェで食事をしている時に発された一言、

「フリーターは論外だよ」

これは結構キツイ・・・よね。

ハローワークのカラ求人を見抜き方と受かりやすい求人の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就職が成功するかどうかは応募する前に50%決まります。

その大きな要因の一つはどの企業に応募するかです。

これまで培った自分の経験やスキルに合ったものを応募すればそれだけ受かる確率も上がりますし逆に大きく足りていなければどんなに試験を頑張っても受かりません。

さらに言うと、起業が人材をそれほど欲していない場合、受かる可能性は極端に下がります。

ハローワークの求人は無料で記載出来るため、それほど採用する気がないのに長々と載せている場合があります。

それらはいくら応募したところで受かる可能性は極めて低いです。

就職試験の50%以上は応募する前から決まっています。

まずは自分が受かる可能性が高い求人かどうか見極める必要があります。

フリーターが就職活動をする前にまずやるべき2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


長い間フリーターやっているといざ就職したくっても中々難しいです。

私は5年ほどフリーター経験がありますが今の会社に受かるまでは結構頑張りました。まあ私の場合職歴がものすごくあって「よく採用したなあ」と言いたいところですが。

ただでさえ就職難の時代にフリーターが就職するってのは相当難しいです。普通に書類出して面接受けていては何十社受けても受かりません。

何も持たないフリーターが就職するにはまず応募する前に下準備が必要です。

よく大学生の就活で「100社応募してダメだった」というような話を聞きますが、あれは下準備を何もしていない、していても方向が間違っているため上手くいかないんです。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ