フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

求人情報とホームページから読み解くブラック企業の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラック企業なんてあくまで主観的で人によって定義は違ってくると思います。

なのでこのページ及びこのブログでは以下の項目のいずれかに当てはまる会社を絶対働きたくないブラック企業と定義します。

・給料が最低賃金以下である(時給加算で600円以下等)

・残業、休日出勤がとても多い(時間外労働100時間以上等)

・部署内全員から嫌われているパワハラ上司が居座っている

・非人道的、倫理的に問題がある事業を行っている

2項目に関しては残業代がたっぷり出ればブラック企業とは言えないかもしれませんが、月の時間外労働が150時間を超える程になるとどんなに給料が良くても生活がしんどいため完全にブラックです。

会社は一度入社してしまうとすぐに辞めることも難しいし何より経歴に傷が付きます。

出来る限り入社する前に避けるようにしたいですよね。

というわけで今日はハローワーク等の求人情報や企業のウェブサイトからブラック企業を読み解くポイントを紹介します。

【連載 第4回】フリーター就職への道 面接で模範解答は論外?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回で「フリーター就職への道」は最終回となります。

第1回では応募する前の事前準備について、

【連載 第1回】フリーター就職への道 まずは事前準備から

第2回では応募する会社選びについて、

【連載 第2回】フリーター就職への道 受かる会社を選ぼう

第3回では応募書類、主に履歴書、職務経歴書について解説しました。

【連載 第3回】フリーター就職への道 応募書類の作り方

ラストの今回の内容はもちろん面接についてです。

ハローワークの求人にしても、人材紹介会社経由にしても採用するかどうかの決め手は最終的に面接に掛かっています。

さらに正社員はおろか準社員や契約社員等でも採用試験で面接を行わない企業はほとんどないので書類選考とは違い、面接は避けては通れません。

今回は就職で不利とされるフリーター向けに面接で受かるための必勝法を書きます。

とその前に大事なことを一つ。

書類選考が受かったということは面接次第で採用される可能性は十分あります。

書類選考が通ったら「絶対受かってやる!」

という気持ちで面接に挑みましょう。

【連載 第3回】フリーター就職への道 応募書類の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


第1回では応募する前の事前準備について、

【連載 第1回】フリーター就職への道 まずは事前準備から

第2回では応募する会社選びについて、

【連載 第2回】フリーター就職への道 受かる会社を選ぼう

そして第3回目にあたる今回はいよいよ応募書類に関して書きます。

通常中途採用応募書類に関しては大きく分けて履歴書と職務経歴書の二つ。

本ページでは主にこの2点を中心に書きます。もちろんフリーター向けの内容としています。

【連載 第2回】フリーター就職への道 受かる会社を選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前回では実際に就職活動を行う事前準備として、

「やりたい仕事を見つける」

「やりたい仕事について調べる」

「必要ならば資格勉強、可能ならば実践する」

ということを書きました。

【連載 第1回】フリーター就職への道 まずは事前準備から

連載2回目の今回ではタイトル通り、比較的受かりやすい会社選びの方法を解説します。

【連載 第1回】フリーター就職への道 まずは事前準備から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私は約5年間フリーターをやっていたわけですが、結婚を機に26歳の冬に現在の会社に就職しました。

これまで最長で働いた仕事が高校時代のアルバイト3年間というほど仕事が続かず職歴も相当酷かった私ですが、結婚をしたこともあってこれで最後だと思ってそれなりに良さそうな会社に的を絞って就職しました。

現在勤める会社は完全なホワイト企業でもう最高!とまではいきませんが、

・土日祝日は基本的に休み(月1度土曜出勤がある)

・ボーナスは年2回(現在合わせて月給の3カ月分くらい)

・2年に一度社員旅行(前回は沖縄、次は北海道の予定)

とこれまでフリーターだった頃では得ることが出来なかったモノを得られるようになりました。

フリーター歴が長く、転職しまくって職歴がたくさんあってもしっかり戦略を立てて就職活動をすればそれなりの会社に就職することは可能です。

というわけで本ページから全4回に渡って定職に就くのが厳しいとされるフリーターが正社員として採用される方法を紹介します。

題して「フリーター就職への道」

まずはタイトル通り、事前準備からです。

介護は本当に離職率が高いのか?介護業界の真実を書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


介護は「キツイ」「汚い」「危険」のいわゆる3Kに加えて「給料安い」仕事とされる上に、仕事がないと言われる現代でもハローワークにたくさん求人が出されています。

故に介護は非常に離職率が高い仕事というイメージが強いですが、実は私達が持っているイメージ程ではありません。

下のグラフは厚生労働省の調査によるものです。平成20年のデータなので少し古いですが、突出して高いのが飲食業で次いでその他サービス業、介護職は3番目に高い水準となっています。

介護は究極の選択とか思っている人に伝えたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在日本国内の就職業界は職を求める人より採用する側の数が少なく、企業側が有利な買い手市場となっています。

しかし中には慢性的に人手不足とされる業界もあり、その中でも最も人手不足が深刻な業界が介護業界です。

世界で最も少子高齢化が進む日本では介護を要する高齢者は増える一方ですが、逆に従事する労働人口は減少傾向にあります。

そのため就職業界では不利とされる35歳以上で未経験の人でも採用されやすく、介護職は「究極の選択」、「最後の砦」と思っている人も多いです。

が、私は介護職は機会があるなら将来のためにと思って一度働いてみた方がいいと思っています。

派遣で働くメリットとデメリット。最大のメリットは人脈にあり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2008年のリーマンショックのせいか、派遣社員ってなんとなくイメージが悪くなったような気がしますよね。

まあ安定しないというのは間違いないと思いますが、それでも現在日本には100万人以上の人が派遣社員として働いてると言われています。

人材派遣市場の現状より

YWK12-1119-haken_trend0102

就職試験は30社受けて受からない場合は自分を改善すべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の知人に某都内の大学に通っていた友人がいるんですが(もうとっくに卒業しています)、彼が就活していた頃よく飲みに行ったりしていて就活の話を聞かされました。

私は高卒なのですでに働いていたんですが、彼は大学生でひたすらエントリーシートを送っていました。

彼はまあよくいる普通の大学生で(一浪はしていましたが)、高望みしなければ一次選考は通過することが多く面接まで辿り着けていたそうです。

しかし全然受からない。

応募した数は100社近くで、唯一採用された会社はブラック企業ランキングに記載されている某飲食チェーン。当時はまだまだブラック企業という言葉はネットだけの言葉でしたが、やはり恐れおののいて辞退するきことに。

結局その年は就職せず大学に残ることに(俗に言う就職留年)、翌年も就活に失敗し現在契約社員で携帯電話販売会社に勤めています。

就職試験でほとんど落ちたことなかった私は「え?なんで受からないの?」って当時かなり疑問でしたが、実際50社、100社受けて一社も受からないって人は結構いるらしいです。

私はそういう人はまず数をこなすのをやめて自分を改善するべきだと思います。ダメなもんはダメ。受かるように自分を改善していきましょうというのが今日のお話です。

もちろん面接態度が良い人でも企業側と上手くマッチングしない場合は不採用になることもありますし他の要因(筆記試験等)で落とされるケースもあるかと思います。なので目安として30社面接受けて一社も受からなかった場合改善しましょう。

結婚したいけどフリーターだから出来ないと迷っている人に伝えたい話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私は所得の低さが少子化に繋がるとは一概には言えないと思っていますが、それでも所得が低いこと、定職についていないがために結婚を躊躇っている人は結構多いんじゃないかなと思います。

で、そういう人達に26歳(無職)の時に籍を入れた私が言いたいこと。

「迷っている暇があればさっさと籍入れちゃいましょう」

理由は大きく二つあります。

一つは結婚した方が定職に付ける可能性がずっと高いということ。

もう一つは落ち着いたら、余裕が出来たらとか考えていたら一生結婚なんて出来ないということです。

フリーター専門転職支援

ジェイックは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、就職成功率は80%以上にも及びます。

無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

⇒詳細はこちら


最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ