フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

就職しても仕事が長続きしない人はどうするべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仕事続かないって人、いますよねー。

20代後半くらいになっても新卒で入社した会社にまだいるって人、ホント尊敬します。

かくいう私も仕事が全然続かないタイプの人間で、もう30歳を過ぎますが、一つの会社で3年以上働いたことがほとんどありません。

あるとすれば高校の時のバイトくらいです。

仕事を続けるのは仕事が長続きしないタイプの人にとって結構問題です。

何故なら日本の大多数の会社は一つの仕事、会社で働くことを美徳とし、転職しまくる人材を嫌うからです。

仕事をすぐに辞めると再就職が厳しくなるんですよね…

ちなみにお隣韓国だとむしろ一つの会社で数十年働いている人は逆に評価されません。

卒業して新卒で入社した会社は2~3年で転職するのが当たり前で、一つの会社でずっと働くというのはむしろ一つのことしか出来ないダメな人材という扱いを受けるそうです。

そもそもずっと同じ会社で居続けることが評価されるのは日本くらいです。

とは言っても…

日本に住み続ける限りは「仕事が長続きしない」はデメリットでしかありません。

というわけで本ページでは仕事が続かない人をタイプ別に対処方法等について触れていきたいと思います。

何歳まで派遣社員でいても大丈夫か?結構シビアな問題だよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


派遣っていいですよね。

バイトより給料良いし、だいたいのところで社会保険は付けてくれるし、責任もそれほど重くないし、サービス残業もほぼほぼすることもない。

派遣会社の仲介マージンが高すぎると評判は良くないところもありますが、ある意味フリーターにとって派遣社員という働き方は最強なのではないでしょうか。

私も派遣社員として家電量販店やスーパー等、約2~3年くらい派遣社員として勤めたことがあります。

派遣っていいですよねー。

ただやっぱり雇用期間が決められているためいつ仕事がなくなるか分からない不安はありますよね・・・

私もスーパーで派遣社員として勤めていた頃はとても快適でしばらく働いていたいと思っていたんですが、約1年半経つ頃に元々1~2カ月程度の中期的な契約ということもあって、最終的には更新がなくなりました。

やりたい仕事があるならフリーターなんかやってませんよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


特にやりたい仕事がなくてフリーターをやっている人は結構多いと思います。

学生時代にやりたい仕事を見つけることが出来なくてそのまま卒業してフリーターになってしまったり…

やりたい仕事なんて中々見つかりませんよね。

だからみんなとりあえず就職するんだけどやっぱりやりたいこととはほど遠くて全然面白くなくてすぐやめちゃったりって人も多いと思います。

私もその一人でした。

高校を卒業して特にやりたいことがないまま親戚に勧められて入社した会社を2年足らずで辞めました。

当時全く興味のなかった製造業の仕事だったんですが、やっぱり長続きしませんでした。やってみれば割と面白いと感じる部分もあったんですけどね。

正社員になったことがない人でも割と就職はできるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今まで正社員として勤めた経験がなくて就職活動して正規雇用に仕事で採用される気がしないと不安を抱えているフリーターは多いようです。

が、私の同級生を含め正社員経験のないフリーターが正社員として採用される人は割と普通にいます

私は中学校で普通に学校に行っていればどんなにテストの点数が低くても入学出来るような誰でも入れる高校を卒業したわけですが、学力のない普通科の学校なので大学や専門学校へ進学する人は全体の3分の2程度でした。

では残り3分の1はどうしたかというと私のように就職出来た人は少数派で、ほとんどの人がフリーター(当時はプータローとか呼ばれていた)になっていました。地方で仕事が少ない上に就職難でしたから決して珍しいことではなかったんですよね。当時高卒の有効求人倍率は50%切っていたくらいですから。

親と喧嘩して長い間連絡を取っていない人に伝えたい話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーターは定職に就いていないということもあって両親との関係があまり良くないことも多いですよね。

学校を卒業と同時にそのまま家を飛び出してもう何年も会っていないという人も多いんじゃないでしょうか。

女性なら男性のところに転がりこんで・・・ということも珍しくありませんよね。

私もあまり仲良くはありませんが・・・

しかし老婆心から言わせて頂くと、

「出来る限り親とは仲良くしておいた方が良いです。」

出来る限りですよ・・・

大卒でフリーターになってしまうのは半分くらいは社会が悪いと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の知人にも何人かいるんですが高いお金払って大学出てるのにフリーターやっている人って結構少なくないですよね。

私は高卒なので大卒の知り合いがそれほど多いわけではないんですがみなさんの周りにもそういう人、何人かいるんじゃないかなと思います。

もったいないですよねえ・・・

大学って国立ならまだましですがだいたいフリーターとかになってしまっている人って偏差値の低い私立大学出身じゃないですか。いや必ずしもそうとは言えませんが。

私立大学だと授業料だけでもみんな500万前後払っているわけでしょ?

これ、結構キツイ金額ですよ。私、社会人になって10年以上経つわけですが500万なんて貯金あるわけないですよ笑

そんな高いお金払ってまで(まあ親が払っている場合も多いと思うけど)大学出たのにフリーターって本当に何しに進学したのか・・・

って思います。

フリーターでも別にいいと思うけど、世間からは負け組とか思われちゃうよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私は結婚を機に就職してしまったんですが、やっぱり今でも別にフリーターでも良いんじゃないの?

って思っているんですよ。

そりゃあまあ確かに一生フリーターでいると将来ヤバイと言われるのは何故かでも書いた通り、一生非正規雇用で働き続けるのは将来本当にヤバイなあと思いますし、年金とか払ってない人はもうどうしようもないと思います。

だけど人手不足の今の日本なら別に30歳くらいまでフリーターしていても就職は出来ると思いますからそれまで適当にフラフラしててもいいと思うんですよね。やっぱり正社員で働くのはしんどいところも多いですから。

ただ、世間の目は冷たいですよね、フリーターって・・・。

フリーターが正社員で採用されるための受かる条件は何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログでも何度かお伝えしましたが日本は今、建築業界を始め若年層の人材不足の業種が増加傾向にあります。

日本の人事部の記事によると人材不足によって既に影響が出ていると感じている企業は実に6割以上に上り、半数以上が現段階で人手不足となっていることがうかがえます。

9割を超える企業が「人手不足」による影響を懸念

何故そのような事態になっているか、は元記事を読んでいたらいたら分かってくると思いますが注目すべきは、

「人手不足の解消策として、最も有効な策は何だとお考えですか?」

という質問に対して、1位の「社内統制の等見直し(27.6%)」に次いで2番目に多かった回答が「新卒・既卒採用の拡充(23.0%)」であること。そしてこの中に派遣、パート、バイトは含まれていないこと。

つまり約4社に1社が正社員を雇いたいと考えているということです。

にも関わらず・・・

就職出来ずに困っているフリーターや就活生もたくさんいます。

何故このようなことが起きてしまうのか。

要因はやはり一度雇ってしまうと簡単に解雇に出来ない日本の労働法に問題があると予想します。

一度採用してしまうと多少使えないからといってクビには出来ないから出来る限り優秀な人を選びたい。採用で失敗したくないから慎重になってしまうわけですね。

特にフリーターは社会的評価が低く印象が悪いため採用する側も慎重にならざるを得ないわけです。

だから私達仕事を探す側はたとえ人手不足の会社でも御眼鏡に適うように就職試験でアピールする必要があります。

ではその慎重になっている企業の御眼鏡に適うには、採用条件を満たすためにはどうすればいいでしょうか。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ