フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

会社を辞めたいけど辞められないと思っている人に言いたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仕事を辞めたいと相談されたことが多々あります。

私は結構はっきり物を言うタイプなのでそういう相談をされることがよくあるのです。

「仕事がツライから辞めたい」

「人間関係がツライから辞めたい」

そう相談された時に私は決まってこう言うようにしています。

「辞めたかったらさっさと辞めたらいいでしょう」

と。

しかしそう回答するとほとんどの人がこう返します。

「辞めたいけど辞められないのだよ」

と。

言いたいこと分からなくもないです。

分からなくもないんですが、それでも私はいつも思います。

仕事を辞めたいけど辞められないなんていう状況は通常あり得ないだろうと。

「就活落ちた日本死ね」とかもう本当にバカなんじゃないかと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「保育園落ちた日本しね」

に次いで

「就活落ちた日本死ね」

というはてな匿名ダイアリーの記事が少し話題になりましたね。

しかし今の大学生は5月とかにもう10社も落ちちゃうような試験の仕方をしているんですね。いや、今に始まったことじゃないのかもしれないけど…

もうこういうの見ると本当に馬鹿なんじゃないかと思います。

なんというかいつまで過去の価値観引きずってんのかな~と。

いや別にこれを書いた人が、という意味ではなくて、

「会社員以外の働き方には特別な才能が必要だと思っている人」

「就職できないのは努力が足りないからとか思っている人」

そして、

「嘘つき合戦のような面接をいつまでもやっている企業さん達」

みんな過去の価値観に囚われ過ぎなんですよ。

面接の時点でブラック企業を感じたら入社してはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接に行くと嫌な感じがする会社って少なくないですよね。

なんというか働いている従業員に覇気がなかったり、担当の面接官は態度がデカかったり…

私もそういう会社で強烈な面接官に遭遇したことがあります。

悪いことは言いません。

直感的に、

「この会社ヤバイ」

と思ったらたとえ採用の通知があっても断った方が良いです。

私の経験上、ブラック企業体質の会社の面接が必ずブラックな感じの面接とは限りませんが、ブラック企業を臭わす面接をする会社は十中八九ブラックです。

仕事のやりがい、働き方に悩んでいる人は世の中たくさんいるよ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


一度就職したものの仕事を辞めてしまってフリーターをやっている人や今まさに仕事を辞めようと考えていてフリーターになりそうな人の中には自分の仕事に疑問を感じ、働き方に悩んでいる人が多いと思います。

この「働き方に悩む人」は少なくなく、このブログにもそういった人意見が届けられることもありますし私の知人、友人にもそういう人はいます。

書店にも「働き方」に関する書籍が並べられており、それだけ現代人は今の自分の働き方に対する悩みを持っているということがうかがえます。

アマゾン検索:「働き方」
何故現代人が「働き方」に悩みを抱いてしまうのかというと、やはりそれだけ日本が豊かであることが原因だと思われます。

フリーターは自己PRで何をアピールするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接時はもちろん職務経歴書でも必要なこの自己PR。

自己PRってなんだか抽象的で難しいですよね。

なのでまずは自己PRの定義を明確にします。

ネットで検索しても「自分をアピールすることだ」みたいなことを書いているのをよく見ますが、自己PRのPRは厳密にはアピールを意味する言葉ではありません

自己PRのPRは英語の「Public Relations」で、翻訳すると「広報」となります。

なので本来自己PRは自分を他者に報告する、つまり自己紹介に近いニュアンスで捉えられるべきはずの言葉なんですが、どこから捻じ曲がった解釈がされるようになったのか「アピールする」、「主張する」、「訴える」という行為に近いような捉え方をされています。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ