フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

正社員になりたくないと思っているフリーターに言いたい話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今の時代正社員だからといって将来安泰とは限らないし精神的にも肉体的にも正社員はキツイ。おまけに派遣やバイトならほぼ必ず支給される残業代も正社員だと出ないところが多い。

はっきり言って正社員で働くよりフリーターでいる方が楽なんじゃないの?

そう思っていた私は約5年間フリーター生活を続けていました。

26歳の頃に正社員として就職した今でもフリーターで居続ける人を否定しようとは思いませんし「フリーターの方が楽である」ことには間違いないと思います。

しかし実際正社員として働いてみて改めて知った良い面もたくさんあったので少しお伝えしたくなりました。

是非お付き合いください。

仕事がない、見つからないなんて大半が嘘です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の中ではまだまだ記憶に新しいんですが、2008年の9月にリーマンショックという金融業界を大きく揺るがす世界的な金融危機がありました。

その影響で日本も不況に陥り自動車や家電を始めとする製造業が煽りを受け、大規模な派遣労働者、期間労働者の契約が打ち切られる派遣切りと呼ばれる事象が相次いでおきました。

派遣切りに遭い職を失った人達、入寮したいた人達は同時に住む家も失い半ばホームレス状態。そんな彼らを救済すべくNPO団体が中心になって救済する年越し派遣村なんてのも誕生しました。

懐かしいですね。

当時の年末年始は連日この話題で持ちきりでした。

職を失った彼らは口を揃えて言います。

「仕事がない」

って。

その姿は本当に気の毒のようにも見えましたが一方で、

「選ばなければ仕事はあるだろう」

という声も多数ありました。

その通りなんですよ。

仕事辞めるしかない?メンタルの弱い人は仕事とどう向き合うか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


うつ病患者が年々増加し、メディアでも新型うつ病がどうとかパワハラがどうとか騒がれていて、それを見た中高年がよく、

「最近の若者は打たれ弱いなあ」

とか言ってたりするのを耳にします。

でもそれ本当にどうかと思いますよ。

私は仕事嫌いで転職繰り返しまくって結婚して就職してやっと落ち着いたと思ったけど、もうすでに辞める気満々の社会不適合者ですが、幸いにもメンタルは割と強い方かなと思います。それにどちらかというとそれなりに仕事が出来てしまうタイプなので評価もされて割と会社員に向いているような気もします。

が、それでもやっぱりしんどい時はありますし、二度と会社に行きたくないって心底思うこともよくあります。私のようなタイプの人間でもしんどい世の中ですから落ち込みやすい人、あまり器用じゃない人がよく怒られているのをみたりするといたたまれない気持ちになるわけです。

その前まず言いたいこと。うつ病は決して若い人に多いわけではありません。

下のグラフはうつ病、躁うつ病(そううつ病)患者の推移です。

図録▽うつ病・躁うつ病の総患者数さまより

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ