フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

正社員になったことがない人でも割と就職はできるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今まで正社員として勤めた経験がなくて就職活動して正規雇用に仕事で採用される気がしないと不安を抱えているフリーターは多いようです。

が、私の同級生を含め正社員経験のないフリーターが正社員として採用される人は割と普通にいます

私は中学校で普通に学校に行っていればどんなにテストの点数が低くても入学出来るような誰でも入れる高校を卒業したわけですが、学力のない普通科の学校なので大学や専門学校へ進学する人は全体の3分の2程度でした。

では残り3分の1はどうしたかというと私のように就職出来た人は少数派で、ほとんどの人がフリーター(当時はプータローとか呼ばれていた)になっていました。地方で仕事が少ない上に就職難でしたから決して珍しいことではなかったんですよね。当時高卒の有効求人倍率は50%切っていたくらいですから。

フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


書類選考を行っている中途採用試験で重要な要素となってくるのが職務経歴書。

最近では募集要項に履歴書だけでなく職務経歴書を求める企業が増え、転職経験のない人は結構悩まされますよね。

しかし職務経歴書はフォーマット(形式)が決まっていないので他の応募者と差別化を図ることが出来るのでポイントを押さえておけば有利になる場合もあります。

このページでは主にフリーター、第二新卒者向けの受かりやすい職務経歴書の書き方を説明します。

就活で失敗しても人生終わらないから安心しなさいという話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


実に信じ難いことに就活に失敗したことを苦に自殺してしまう人が年間数十人単位でいるそうですね。

これは本当にとんでもない話で私のような高卒でその日暮らしのような生活をしていた人種にとっては考えられない話です。

自殺とまでいかなくても根深い悩みを抱えたりうつ病等に発展してしまうケースは少なくないようです。

子供が就活に失敗しうつ病を発症してから2年 - yahoo知恵袋

大学生にとって就活はそれだけ人生を大きく左右する一大イベントだと捉えている人も多いということなんでしょうか。

しかし今年29歳になる高卒の私から言わせてもらうと、新卒の就職活動がその後の人生を大きく左右するイベントなんていうのは全くの勘違いだと言い切れます。

というか就活の失敗くらいで自殺したりうつ病になったりしてしまう人は遅かれ早かれそうなります。それくらい今後起こる出来事に比べたら大した問題じゃないですしもっと軽く捉えるべきであると言えます。

フリーターが未経験でSE、IT関係に就職するためにはどうするべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


経験がないと難しいと言われるIT職ですが、始めから経験がある人なんているわけないので経験のある人はどこかで経験を積んでいるわけですね。

はい、つまりIT職は未経験でも採用される可能性は十分あるということです。

いや、むしろIT関係は慢性的な人手不足の業界でもあるので専門職にしては未経験者でも雇う傾向が強いと言えます。

例えば大手求人サイト、DODAで公開されている求人にも未経験OK、学歴不問とするIT職がたくさんあります。

実際フリーターを専門とする就職支援会社の実績では営業職に次いでエンジニアが多くなっています。

正社員の経験がないフリーターが就職出来る会社にはどんなものがあるか?

IT職は常に人材不足のため労働時間の長いキツイ職場も多いですが、その分平均年収400万後半から500万以上と決して悪くはないです。

しかし何の関連性もない飲食業のバイトからいきなりシステムエンジニアやプログラマになるのは無理があります。面接でもほぼ不採用となるでしょう。

クライアント(お客さん)とベンダー(開発者)の仲介をするシステムエンジニアはコミュニケーション能力が求められるので接客や営業経験が買われることはありますが、やはり知識ゼロで採用されるのは中々厳しいところがあります。
では未経験のフリーターがIT職に就くにはどうすれば良いか?

準を追って説明します。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ