フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

一生フリーターでいると将来ヤバイと言われるのは何故?老後を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーターでいると家族や友達等周囲の人達に、

「就職して定職に就いた方が良いよ~」

みたいなことを直接的でなくても言われることが多いですよね。

フリーターってまあ何をしているかにもよりますが掛け持ちとかすれば収入面でもそれほど悪くないですし、将来的にそんなにまずいことなのか疑問に思っちゃう人が多いと思います。

私にもそういう時期がありました。

だけどここ最近身近にいる人の影響もあって、

「一生フリーターは相当ヤバイよね」

「もっと言うと正社員でもフリーター並みの低賃金の人はヤバイよなあ」

と思うようになりました。

その身近にいる人っていうのは私の奥さんの両親なんですよね。最もご両親貧しい家庭ではないんですが。

就職しても仕事が長続きしない人はどうするべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仕事続かないって人、いますよね。

20代後半くらいになっても新卒で入社した会社にまだいるって人、ホント尊敬します。

かくいう私も仕事が全然続かないタイプの人間で、もう30歳を過ぎますが、一つの会社で3年以上働いたことがほとんどありません。

あるとすれば高校の時のバイトくらいです。

仕事を続けるのは仕事が長続きしないタイプの人にとって結構問題です。

何故なら日本の大多数の会社は一つの仕事、会社で働くことを美徳とし、転職しまくる人材を嫌うからです。

仕事をすぐに辞めると再就職が厳しくなるんですよね…

ちなみにお隣韓国だとむしろ一つの会社で数十年働いている人は逆に評価されません。

卒業して新卒で入社した会社は2~3年で転職するのが当たり前で、一つの会社でずっと働くというのはむしろ一つのことしか出来ないダメな人材という扱いを受けるそうです。

そもそもずっと同じ会社で居続けることが評価されるのは日本くらいです。

とは言っても…

日本に住み続ける限りは「仕事が長続きしない」はデメリットでしかありません。

というわけで本ページでは仕事が続かない人をタイプ別に対処方法等について触れていきたいと思います。

何歳まで派遣社員でいても大丈夫か?結構シビアな問題だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


派遣っていいですよね。

バイトより給料良いし、だいたいのところで社会保険は付けてくれるし、責任もそれほど重くないし、サービス残業もほぼほぼすることもない。

派遣会社の仲介マージンが高すぎると評判は良くないところもありますが、ある意味フリーターにとって派遣社員という働き方は最強なのではないでしょうか。

私も派遣社員として家電量販店やスーパー等、約2~3年くらい派遣社員として勤めたことがあります。

派遣っていいですよねー。

ただやっぱり雇用期間が決められているためいつ仕事がなくなるか分からない不安はありますよね・・・

私もスーパーで派遣社員として勤めていた頃はとても快適でしばらく働いていたいと思っていたんですが、約1年半経つ頃に元々1~2カ月程度の中期的な契約ということもあって、最終的には更新がなくなりました。

仕事がない、見つからないなんて大半が嘘です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の中ではまだまだ記憶に新しいんですが、2008年の9月にリーマンショックという金融業界を大きく揺るがす世界的な金融危機がありました。

その影響で日本も不況に陥り自動車や家電を始めとする製造業が煽りを受け、大規模な派遣労働者、期間労働者の契約が打ち切られる派遣切りと呼ばれる事象が相次いでおきました。

派遣切りに遭い職を失った人達、入寮したいた人達は同時に住む家も失い半ばホームレス状態。そんな彼らを救済すべくNPO団体が中心になって救済する年越し派遣村なんてのも誕生しました。

懐かしいですね。

当時の年末年始は連日この話題で持ちきりでした。

職を失った彼らは口を揃えて言います。

「仕事がない」

って。

その姿は本当に気の毒のようにも見えましたが一方で、

「選ばなければ仕事はあるだろう」

という声も多数ありました。

その通りなんですよ。

就職するのは地方と都会ではどっちが有利か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ネット社会の現代では市外、県外の仕事を探すことが容易なので、縁故入社が基本だった昔と違って今は別に近所で探す必要はなくなりました。

ネットの情報を見て、

「都会の方が仕事があるから県外に出よう」

「地方の方が競争率が低いから地方に出よう」

のように考える人も多いと思います。

確かに都会の方が求人数が多いのでその分仕事はたくさんあります。逆に地方は求人数が少なく自分がやりたいと思った仕事の採用枠が少なかったり、そもそも求人自体がほとんどなかったりします。

一方で都会は求人の数が多い分仕事を探している人も多いので競争もあり、逆に地方では若年層の人口が減っているので競争がほとんどなかったりもします。

都会と地方ではどちらの方が就職しやすいんでしょうか。

20代前半でフリーターしている人は好きなことをどんどんやろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


高校、大学を卒業して一旦就職したもののすぐに辞めてしまってフリーターをやっている人、もしくは就職せずにそのままフリーターになってしまった人、第二新卒という言葉があるくらいですからそういう人は結構多いんじゃないかと思います。

私も高校を卒業して最初に就職した会社を2年足らずで辞めてしまって、次に就職した会社もやっぱり2年足らずで退職しそこから5年くらいフリーターをやっていました。

フリーターは安定しないし収入も低いですが、若くて結婚もしていなくて養わなければいけない家族がいなければ別に問題はないです。実家暮らしでも一人暮らしでもフルタイムで働けば生活に困ることもないのですが、フリーターってやっぱりなんか不安ですよね。

だけどフリーターだと責任の重い仕事を任されることも少ないので仕事に対するストレス、プレッシャーが少なくて本当に気楽に生活できるので、「将来の不安よりも快適な今」を優先してしまって中々行動に移せない、就職活動が出来ずそのままダラダラフリーター生活を続けているという人は多いんじゃないかなあと思います。

準社員や契約社員は定職に就いていると言えるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


一般的にフリーターは正社員以外の非正規雇用者(アルバイト、パート)を指します。

では社員と名の付く準社員や契約社員、派遣社員はフリーターなのか?

なんとなくフリーター以上、正社員未満的なイメージがありますよね。

準社員、契約社員は基本的に正社員と同じ勤務時間、同じレベルの業務をしていることも多いけどボーナスがない等正社員に劣る部分が多いという微妙な立ち位置であることが多いです。

バイトや派遣だと明らかに不安定で不安になる人が多いですが契約社員や準社員だと安心する人は多いです。

しかし特に契約社員という雇用形態は雇用期間が決まっているのでその期間満了後に職を失ってしまう可能性があり、その点においては派遣となんら変わりがないような気もします。

契約社員と準社員、果たして安定していると言えるのか?

それぞれ雇用形態の特徴を深く掘り下げてみます。

フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


書類選考を行っている中途採用試験で重要な要素となってくるのが職務経歴書。

最近では募集要項に履歴書だけでなく職務経歴書を求める企業が増え、転職経験のない人は結構悩まされますよね。

しかし職務経歴書はフォーマット(形式)が決まっていないので他の応募者と差別化を図ることが出来るのでポイントを押さえておけば有利になる場合もあります。

職務経歴書の完成度によって書類選考で合否が決まることも少なくありません。

このページでは主にフリーター、第二新卒者向けの受かりやすい職務経歴書の書き方を説明します。

5年間フリーター(高卒)だった私がおすすめする比較的楽なバイト5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


20歳くらいから25歳くらいまで定職に就かずバイトや派遣を転々していた私ですが、その頃に様々なアルバイトを経験しました。

スーパーや飲食の他に工場や引っ越しまで…

フリーターの良いところっていろんな仕事の経験が出来ることですよね。

引っ越しのバイトは知人に勧められて単発でやったんですが、自分の意志じゃ絶対やらないだろうと思っていた引っ越しの仕事もやってみると案外楽しかったり…といういろんな経験が出来て良かったです。

というわけで本ページでは様々なバイトを転々としてきた私が「楽だな~」と思ったバイトを5つランキング形式で紹介します。

ちなみに治験やコンサートスタッフ等通常あまり経験することが出来ないようなものではなく、(よほど田舎でなければ)全国どこにでもあるバイトのみ紹介しています。

後、一般的に楽だと言われるバイトでも職場によってはキツイ場合もあるのでその辺ご留意ください。

フリーターでも車は持てる?購入費用や維持費について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


電車がそこら中に張り巡らされている東京周辺や名古屋、大阪あたりならともかく、それ以外の地方に住んでいると車は必需品だと思います。

私も日常生活で電車やバスにほぼ乗ることのないような地方に住んでいるので、たとえ収入が少なくとも車は日常生活に欠かせません。

しかし車というのは購入費用はもちろん、所有しているだけで掛かる維持費も高くてフリーターの収入ではかなりキツイです。

本ページでは車の購入費用や維持費等について解説し、

「フリーターでも車を持つことは出来るのか?」

をまとめたいと思います。

フリーター専門転職支援

ジェイックは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、就職成功率は80%以上にも及びます。

無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

⇒詳細はこちら


最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ