フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

転職に不利?仕事は辞めてから探すか辞める前に決めるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仕事を長く続けているとどんどんしんどくなったり、なんとなく飽きてきたりして、

「そろそろ転職したいな…」

と考える人は多いと思います。

私もだいたい2~3年くらいやってるともうだいたいそろそろ辞めたいなあとか思ってしまう傾向にあります。

しかしこれは私だけでなく、あなただけでなく実際会社で働く人の半分くらいの人は心の中で「何かいい仕事ないかなあ」と考えているのが現状

あなたの周りにもきっといますよね?それだけ会社ってしんどいところだということですかね。

そんな迷える転職希望者の悩みの一つに、

「転職したいけど仕事していたらなかなか転職活動が出来ないので辞めてから探したい。」

「けど無職期間は経歴に傷がつくかもしれないしそもそもすぐに見つかるかどうかもわからない・・・」

「働きながら探すか、思い切って辞めてから探すか、どうしようかなあ・・・」

というのはありますよね。

本ページでは辞めてから探すのと辞める前に決めるのではどちらが良いかまとめます。

フリーターがまとまった貯金をする方法は4つしかない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


給料の安いフリーターがまとまったお金を貯めるのは困難です。

株式会社インテリジェンスの独自調査によるとフリーターの平均貯金額は男子で47万円、女子で30万円程度となっており、貯金というにはあまりにも少ない金額となっています。

平均的なフリーターの年収はよくて200万~300万程度ですから仕方ありません。

また、ある程度貯金があるフリーターは実家暮らしで生活コストが掛からないという有利な立場であることも多いです。

一人暮らしなんかしてしまえばおそらく月に1万、2万残せても何かの出費でほとんどなくなるという人が大半でしょう。

私もその一人でした。

ではフリーターがまとまった貯金をするためにはどうすれば良いか?

方法はおそらくこの4つしかありません。

社会人、20代半ばから大学や専門学校に通うのはありか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私も一時期考えたことがありましたが学校卒業を卒業していったん就職した後、再びに大学や専門学校等に通うってどうなんでしょうか。

最終的に私は大学も専門学校も行かなかったので知人からの情報でしかないんですが、案外社会人だった人が大学や専門学校に入学することもあるらしいです。

ちなみに社会人の大学入学者数は少し古いですが文部科学省のデータによると下記の通り。

紹介予定派遣って何?意外と知らないメリットとデメリット等解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


紹介予定派遣ってなんだか日本語として違和感のある言葉ですが、人材紹介業、派遣業等では人材を企業に紹介することを「人材紹介」と言い、派遣することを「人材派遣」と呼びます。

人材を紹介するというのは取引先の求人を募集している企業に「御社にぴったりな良い人材がいるのでご紹介致します」というような感じで企業に人材を紹介することです。

人材紹介の場合は無事成約した際、人材を求めている企業と仕事を希望している求職者の雇用関係は直接の契約となります。

一方で人材派遣はご存じの通り、労働関係は派遣先の企業ではなく人材派遣会社との契約になります。就業規則等は派遣先企業に則った形になりますが給料の支払者は派遣企業で、派遣で就労している時は厳密には派遣会社で働いているようなイメージです。

経験なしだけど就職したいフリーターが取ると良い資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「資格は役に立たない」

と言われることが多いですが、それでも経験のない人にとってその分野に足を踏み入れるために『資格』を習得することには意味があります

もちろん資格さえ取れれば就職出来るわけではありません。

ただ以前こちらの記事にも書いた通り、資格勉強をすることでその仕事がどんな仕事なのかをイメージすることが出来ますし、その仕事を志願する「本気度」を客観的にアピールすることが出来ます。

「この仕事がしたいと思って勉強しました」

という感じ。

ただ一言に資格と言っても日本には国が認可する国家資格やマイクロソフトやオラクル等民間企業が主催するベンダー系資格等様々あり、何を取得すればいいか迷う人も多いんじゃないでしょうか。

本当は自分のやりたい仕事に関する資格を取得することが望ましいんですが、そんな明確にやりたいことがある人ばかりではないと思います。

なので本ページでは独学または職業訓練等でも取得することが出来る比較的就職に繋がりやすいと思われる資格を紹介します。

ずっとフリーターの人は将来どうなる?年代ごとに予想してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在日本には170万人以上のフリーターがいるというデータがありますが、彼らは将来どうなってしまうのでしょうか。

特に高齢化したフリーターは正規雇用で採用されることが難しいため一生定職に就けないのではないかと不安になる人も多いです。

フリーターでも若年層(20代まで)は比較的採用されやすいですが30歳を超えると中々定職に就けずフリーターを続けてしまうため、近年はフリーターの高齢化が問題視されています。

20代後半でフリーターをやっている人はそのまま30過ぎても大丈夫なのか?

30過ぎたフリーターは今後どうなるのか?

各年齢ごとに正社員として働いている人と比較しながら予想してみます。

フリーターが正社員で採用されるための条件と採用までの道のりについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログでも何度かお伝えしましたが日本は今、建築業界を始め若年層の人材不足の業種が増加傾向にあります。

日本の人事部の記事によると人材不足によって既に影響が出ていると感じている企業は実に6割以上に上り、半数以上が現段階で人手不足となっていることがうかがえます。

9割を超える企業が「人手不足」による影響を懸念

何故そのような事態になっているか、は元記事を読んでいたらいたら分かってくると思いますが注目すべきは、

「人手不足の解消策として、最も有効な策は何だとお考えですか?」

という質問に対して、1位の「社内統制の等見直し(27.6%)」に次いで2番目に多かった回答が「新卒・既卒採用の拡充(23.0%)」であること。そしてこの中に派遣、パート、バイトは含まれていないこと。

つまり約4社に1社が正社員を雇いたいと考えているということです。

にも関わらず・・・

就職出来ずに困っているフリーターや就活生もたくさんいます。

何故このようなことが起きてしまうのか。

要因はやはり一度雇ってしまうと簡単に解雇に出来ない日本の労働法に問題があると予想します。

一度採用してしまうと多少使えないからといってクビには出来ないから出来る限り優秀な人を選びたい。採用で失敗したくないから慎重になってしまうわけですね。

特にフリーターは社会的評価が低く印象が悪いため採用する側も慎重にならざるを得ないわけです。

だから私達仕事を探す側はたとえ人手不足の会社でも御眼鏡に適うように就職試験でアピールする必要があります。

ではその慎重になっている企業の御眼鏡に適うには、採用条件を満たすためにはどうすればいいでしょうか。

これで就職率が上がる!ハローワークのカラ求人を見抜き方と良い求人の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就職が成功するかどうかは応募する前に50%決まります。

その大きな要因の一つはどの企業に応募するかです。

これまで培った自分の経験やスキルに合ったものを応募すればそれだけ受かる確率も上がりますし逆に大きく足りていなければどんなに試験を頑張っても受かりません。

さらに言うと、起業が人材をそれほど欲していない場合、受かる可能性は極端に下がります。

ハローワークの求人は無料で記載出来るため、それほど採用する気がないのに長々と載せている場合があります。

それらはいくら応募したところで受かる可能性は極めて低いです。

就職試験の50%以上は応募する前から決まっています。

まずは自分が受かる可能性が高い求人かどうか見極める必要があります。

法人営業、ルート営業は楽なのか。経験者が本音を話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


飛び込み、新規開拓のイメージが強い一般向け顧客への営業はかなりキツイイメージですよね。

車とか住宅とか保険とか。

だけどルート営業、法人営業ってそれらと比較してまだましかなと思って検討している人は結構いるんじゃないかと思います。

私は現在一般的に法人営業の部類の仕事をしています。まあ小さい会社なので他にもいろいろやってますが肩書は営業係です。

業種は電気通信業。法人向けの電話設備やネットワーク等を主に行う仕事です。

で、実際どうなのかというと、

「正直め結構しんどいです…」

もうさっさと辞めたい。

と思ったのでいろいろ書こうかと思います。

ちなみにルート営業とは一般的に既存の法人顧客(お得意先)を定期的に回って営業活動を行う営業の仕方の総称です。

ルート営業は一般的に新規開拓が少なめなイメージがありますが、会社によってスタイルは変わってきます。ルート営業募集と書いてある会社に入社して新規ばかりやらされるということもあるようです。

ちなみに私は新規顧客へ営業することはほとんどありません。

フリーターは自己PRで何をアピールする?書き方について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接時はもちろん職務経歴書でも必要なこの自己PR。

自己PRってなんだか抽象的で難しいですよね。

なのでまずは自己PRの定義を明確にします。

ネットで検索しても「自分をアピールすることだ」みたいなことを書いているのをよく見ますが、自己PRのPRは厳密にはアピールを意味する言葉ではありません

自己PRのPRは英語の「Public Relations」で、翻訳すると「広報」となります。

なので本来自己PRは自分を他者に報告する、つまり自己紹介に近いニュアンスで捉えられるべきはずの言葉なんですが、どこから捻じ曲がった解釈がされるようになったのか「アピールする」、「主張する」、「訴える」という行為に近いような捉え方をされています。

フリーター専門転職支援

ジェイックは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、就職成功率は80%以上にも及びます。

無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

⇒詳細はこちら


最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ