ブラック企業の見分け方

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » 転職 » 求人情報とホームページから読み解くブラック企業の見分け方

求人情報とホームページから読み解くブラック企業の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラック企業なんてあくまで主観的で人によって定義は違ってくると思います。

なのでこのページ及びこのブログでは以下の項目のいずれかに当てはまる会社を絶対働きたくないブラック企業と定義します。

・給料が最低賃金以下である(時給加算で600円以下等)

・残業、休日出勤がとても多い(時間外労働100時間以上等)

・部署内全員から嫌われているパワハラ上司が居座っている

・非人道的、倫理的に問題がある事業を行っている

2項目に関しては残業代がたっぷり出ればブラック企業とは言えないかもしれませんが、月の時間外労働が150時間を超える程になるとどんなに給料が良くても生活がしんどいため完全にブラックです。

会社は一度入社してしまうとすぐに辞めることも難しいし何より経歴に傷が付きます。

出来る限り入社する前に避けるようにしたいですよね。

というわけで今日はハローワーク等の求人情報や企業のウェブサイトからブラック企業を読み解くポイントを紹介します。

ヤバイ会社は求人情報でわかる


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA93_minogasanai15133536-thumb-1000xauto-14184

入社する前に会社の情報を得る方法は大きくわけて二つ。一つはハローワークや求人サイト等に出ている求人情報、もう一つは後述するその会社のホームページです。

まず求人情報からブラック企業を見極めるポイントを紹介します。

若い会社、若さを売りにしている会社は気をつけろ

これはネットでブラック企業という言葉が流行り出した頃から言われていることですが、平均年齢が若い会社は要注意です。

ハローワークに、

「若い世代が活躍しています!」

と書いているのを見ると私達若者からすれば同世代が多くいて働きやすそうな印象を受けますが、こういう会社はブラック企業である可能性が高いです。

何故ならまず若い世代が多い、平均年齢が若いということはつまり長期的に働くキャリアがある人が少ないということでもあります。

創業数年の新興企業、ベンチャー企業に多いんですがそういった会社は売り上げも安定せず、事業が軌道に乗っていたらめちゃめちゃ忙しいためどちらにしても死ぬほど働かなければなりません。志が高ければ何の問題もありませんが。

創業から10年以上経つ企業にも平均年齢がやたら若い会社は多いです。そういう会社の求人票に「若い世代が多く活躍しています」のような記載があった場合は注意しましょう。

働きやすい、良い雰囲気、明るい職場

「働きやすい職場です」

「アットホームな職場です」

「明るい社内です」

会社の特徴欄等にこのような文言がある場合は疑いましょう。

働きやすい職場、明るい職場とわざわざ書くというのは人間関係による離職が多いことの裏返しであるとも言えます。

もしくは他に売りがない。どちらにしても避けるべき会社ですね。

ずっと募集している会社、頻繁に募集している会社

説明せずともな求人ですが、求人情報にずっと載っている、もしくは頻繁に見かける会社はブラック企業率がかなり高いです。

といってもいつも求人情報を見ている人には分かるかもしれませんがそうでない人はずっと募集している求人かどうかわからないと思います。

という場合、ハローワークの求人なら職員に聞いちゃいましょう。

いつから募集していて何人応募しているのかまで教えてくれます。ハローワークの求人情報はかなり過去まで残っているので訊けばおそらく過去の募集情報まである程度教えてくれると思います。「よく見る気がするんだけど?」という感じで試しに訊いてみましょう。

ホームページから怪しい読み解く

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green6_huropc20141123161454-thumb-1000xauto-17840

企業のホームページは応募する会社の情報を仕入れられる数少ない手段です。

求人情報と違ってホームページはそれぞれ企業の(ホームページに対する)考え方が違うので一概に「ここはダメだ」とは言えませんが、怪しげな会社を見極める方法を簡単に紹介します。

何の会社か分からない、分かりにくいHP

私が勤める会社もそうでした。

ハローワークを見ても事業内容がわからなかったのでホームページを見たんですがやっぱり分からない。うちの会社の場合、電気通信からいろいろ手を出していて何をメインにやっている会社かわからないホームページでした。

分かりにくいホームページは社内にまともなウェブ担当者もおらず、まとめる人さえもいない「今時ネット集客も考えてない危うい会社」であると言えます。

もちろん業種にもよりますが、よほどネットで閲覧する可能性が薄いニッチ産業である分野以外、ウェブによる集客は現代では基本です。それをおろそかにしている会社は将来的にも危ういです。

若い人の写真ばかりの会社

これも新興企業、ベンチャー企業に多いんです。

若い男女がさわやかな笑顔で働く姿の写真が多いホームページ。

ホームページに明るい印象、楽しい雰囲気を全面的に出している企業は職場が明るくない可能性が高いです。理由は求人票の「働きやすい職場です」と言ってるのと同じ。本当に明るい職場なら無駄に明るく働く人の写真ばかり載せません。

採用情報に、

「私達と一緒に楽しく働きませんか?」

のような文言があると、本当に怖いです・・・。

そもそもHPがない、または全然更新していない

この場合、必ずしも危ういとは言えません。

というのも先述したように企業によってホームページに対する考え方、意識は違うからです。

確かに今時ウェブで集客しないのはどうかと思いますが、そもそも地域密着型ビジネスであったり、固定顧客で安定収入がある会社の場合、必要以上に集客しなくても良いとする会社あります。

そういった企業は凝ったホームページを構える必要がないので地方だとそこそこ安定している会社でも検索してもホームページがない企業はたくさんあります。

もちろん業種にもよりますが、そもそもホームページがないと情報も得ることが出来ないので私は避けるようにしています。

その他の見分け方と面接時の話

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CSSS85_zangyoumonita20131019-thumb-1000xauto-16564

その他、下記の方法でブラック企業でないかどうか見極めることが出来ます。

・近くまで見に行って夜間の消灯時間を確認

・小売、サービス業なら実際に利用してみる

・説明会、見学会等があれば参加する

・面接での様子で見極める

等があります。これらは自分で動いて目で確認する必要がありますがその分信ぴょう性が高いです。勤務時間が17時までなのに夜間22時過ぎても事務所の電気がついていればアウトです。間違いなく誰かが残業しています。

後、実際に話す面接相手で入社するべきかどうかを決めることは正しいと思います。

面接相手はおそらく入社すると上司になります。

普通聞かないような込み入った家庭の事情等を聞く人、こちらの回答に対して否定ばかりする人、圧迫面接てきなやり方の人等々・・・

将来この人と仕事するの嫌だなあと思う会社は絶対避けましょう。

採用が決まっても辞退するべきです。じゃないと後悔することになりますよ・・・?

可能なら人材紹介会社を利用すべき

人材紹介会社(転職エージェントとも呼ばれる)を利用すると明らかに違法なブラック企業を回避することが出来ます。

人材紹介会社とは求人を募集する企業と仕事を探す求職者の橋渡しを行いマッチングさせる会社です。

hasi

人材紹介会社に登録されている求人は担当者が直接企業に訪問し精査をして登録しています。そのため労働環境が劣悪だったり違法な働かせ方をしている企業はほとんどありません。

転職エージェントと聞くとなんとなく敷居が高そうなイメージがありますが、20代ならフリーターでも利用出来る会社がいくつかあります。

下記に20代の既卒・フリーターを専門に扱う人材紹介会社をまとめました。ハローワークのように無料で利用出来ますので試しにご利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブ

利用者の9割が20代、半数近くの人が正社員経験なしという正真正銘のフリーター、第二新卒専門の人材紹介会社です。

転職、就職をアドバイスするスタッフも20代が多く、同年代ならではの悩み、心配事を気軽に相談できます。

未経験OK求人が1000件以上もありこれからスキルを身につけたいという方に最適です。ハタラクティブはこれまで正社員経験のない人でも就職しやすい求人が多い印象です。

フリーター向けの就職支援サービスとしては最も知名度が高く利用者も多いです。

ただし原則拠点(東京都)に訪問出来る方が対象なので関東地方の方のみが対象者となります。関東にお住まいの20代の方は是非ご検討ください。

対象者主な求人実績
東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの30歳までの方営業、販売、企画、総合職、事務、SE、クリエイター他書類通過率96%、内定率78.7%、カウンセリング実績4万人以上

公式サイトでは実際に就職を実現した人のコメント等が確認できます。

bton

ジェイック

20代の既卒、フリーター、第二新卒者専門のジェイックはこれまでに12,000人以上の利用者を正社員へ導いた実績を持っている優良人材紹介会社です。

そして何よりフリーター、第二新卒専門に扱う人材紹介会社としては数少ない関東以外の地方(大阪、愛知、宮城)の方も利用出来るサービスとなっています。

就職成功率80.3%を誇り、フジテレビやテレ東等メディアにも取り上げられた実績もあります。

ジェイックは関東以外にも大阪、名古屋、仙台に支店があるのでそれぞれ開催される説明会にご参加可能な方は是非ご検討ください。もちろん無料で受けられます。

対象者主な求人実績
説明会(東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡、愛知、大阪、福岡で開催)に参加出来る18~29歳までの既卒の方広告・メディア、メーカー、商社、IT通信系、営業、経理、事務等就職率80%以上、1万2千人以上正社員就職支援

bton

「いい就職.com」

いい就職.comは既卒者・第二新卒者を専門とする就職支援サイトです。

離職率の高い企業や保険が完備されていない企業等ブラック企業をお断りしているとのことで安心して就職活動が出来ます。

また、東京以外にも大阪、名古屋、沖縄に拠点がありそれ以外の地方の方でも電話やメール等でサポートを行っているため若年層の既卒者なら誰でも利用出来ます。希望する企業が東京の場合は東京に出向く必要があります。

いい就職.comの代表、秋庭氏は株式会社リクルート出身で、現在若年求職者を対象としたセミナーを各地で行っています。

また、『それでも就職したいあなたに  既卒、フリーター第二新卒の大逆転内定獲得術』(あさ出版)他多数出版もされていえるまさに若年層就職支援の専門家です。

いい就職.comは業界セミナー、企業セミナー他模擬面接等も実施していますので本気で就職したい、定職に就きたい方にとてもおすすめです。
就職支援サイトなので求人情報も多数公開されています。是非ご覧ください。
対象者主な求人実績
第二新卒・新卒・既卒未就職者営業、IT、SE、事務、経理、企画、販売、クリエイター職他既卒・第二新卒からの就職者5,000人以上
bton

第二新卒AGENTneo

15,000名以上の就職成功者を誇る20代の若年層向け人材紹介会社。サービス名に第二新卒とありますがもちろんフリーターも大歓迎です。

第二新卒エージェントNEOの利用者の多くは文字通り第二新卒者で、卒業後3年以内、早い人は入社して2カ月で退職してしまった利用者を再就職させる程の実力を持っています。

書類や面接対策だけでなく基礎的なマナー研修等も充実しているため、採用率を飛躍的に向上させることができます。

第二新卒エージェントNEOは厳選された求人のみを紹介し、私達の大敵であるブラック企業を回避することが出来ます。こちらも20代の関東の方のみが対象となりますので対象者は是非試しに登録しみてみてください。

対象者主な求人実績
第二新卒エージェントne(東京都新宿)に来社可能な20代の方営業、事務、広告・メディア、IT、SE等就職成功者15,000人以上

bton

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ