フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » コラム » 

コラムの記事一覧

ネットで副業で稼げるは本当か?お勧めできるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


約4カ月ぶりの更新となりました。

ブログを立ち上げて丸3年が経とうとしています。

このブログを立ち上げた頃、私は5年間のフリーター歴からホワイトカラー(いわゆるスーツを着て働く営業マン)の会社に就職して2年目くらいの頃でした。

3年もの月日が経てば時代も移り変わり、当時から「将来人手不足の時代が来る」と言っていた通り人手不足状態になりつつあり、現在はフリーターでも就職することが容易となっています。

そのため、このブログのメインテーマの一つである、

「どうすればフリーターから正社員として就職出来るか」

ということに対して、

「選り好みしなければ割と就職できるよ」

程度のことしか言えなくなり、加えて私自身独立して現在会社に勤めていないことから、これ以上就職に関する情報をあまり提供できないと感じています。

ということもあって、今日から副業に関するテーマもどんどん取り入れていこうと思います。

その第一弾として、

「ネットで副業は本当に可能かどうか?」

というものです。

以前このブログでも書いた通り、私は現在副業で始めたネットビジネス(この言葉を使うと非常に怪しい感じがするため以降はネット副業と呼称します)の収益が会社員時代の収入ウを大きく上回ってたため、独立しました。

実は就職した会社を退職して独立してしまいましたを書いた当時(2016年7月)では会社員時代の収入の3倍くらいとありますが、現在はそれをはるかに超え、収入ベースで言えば10倍以上となっています。

ちなみに2017年1年間の所得(収入から必要経費を引いたもの)は2000万円を軽く上回り、普通の会社のサラリーマンでは到底得ることの出来ない収入を得られています。

これがいつまで続くかはさておき、ネット副業は労力は必要ですが会社に勤めながら誰でも簡単に始めることができます。

そのため独立するかどうかはともかく、上手くいけば現在会社からもらえる給料に加えて収入を得ることが可能です。

「ネット副業で稼げるは本当か?」

これに関しては私は自信を持って、

「本当です」

と答えることができます。

本当に稼げるネット副業はある

ネット副業から独立した私の周りには本業、副業問わずネットで収益を上げている人がたくさんいます。

私は現在フリーランス(自営業者)なので、会社員の人にお会いするとほぼ必ず、

「それでやっていけるってすごい」

のようなことを言われますが、今の私の周りにはそういう人しかほぼいないので、それが当たり前、普通のことだと思っています。

ネット副業で稼ぐことはできます。

また、その気になれば本業にすることもできます。

詐欺情報、嘘情報が多いのも事実

ネット副業で稼ぐことはできると断言できますが、ネットで出回っている副業情報の大半が詐欺まがいな情報です。

実はネット副業で稼いでいると言っている人の多くは稼いでいない、もしくは稼ぎ方の情報を販売して稼いでいる人です。

ネット上には「稼ぎ方のノウハウ」がたくさん売っていますが、その多くは「その情報商材の売り方」が示されています。

しかし中には本当に稼げる情報もあります。

本当に稼げるネット副業は、

  • クラウドソーシングを使ったライティングやウェブ制作等
  • 物販(転売)
  • アフィリエイト

 

です。

1つ目に関しては私の周りに大きな収益を上げている人がたくさんいますが、普通に働いて稼ぐ以上の何物でもないので本ページでは解説しません。

2つ目に関しては私は取り組んでませんし、親しい関係の知り合いもいないので除外します。

3つ目のアフィリエイトは私が会社員時代から取り組んで丸4年くらいやっていて、また詐欺情報も非常に多いので今日はこれをメインに解説します。

アフィリエイトは稼げる

アフィリエイトは詐欺まがいの情報が非常に多く、「怪しい」と思うのがむしろ普通の感覚だと思いますが、実は稼げます。

「今からやっても遅い」とか「労力に対して収入が見込めない」と思っている人も多いですが、これもそんなことはありません。

ちなみに私がアフィリエイトに触れた4年前くらいにはもちろん(今からやっても遅いと)言われていましたが、私を含め多くの人が月数十万~数百万稼いでいるのが事実です。

本当に稼げる情報を見極めるのは難しい

アフィリエイトの稼ぎ方の情報発信をしている人はたくさんいますが、前述した通りそのほとんどが嘘の情報です。

「アフィリエイトで稼ぐ」

という情報発信をしている人の中には(というかそのほぼすべてが)自分が稼ぐために情報発信をしており、中には本当に有益な情報もありますが、初心者がそれを見極めるのは非常に難しいです。

例えばここにで私が本当に稼げる情報を提供することはできますが、私自身それを全くの報酬なしでするほど暇ではありません。

なので情報商材のようなものを有料で提供するか、もしくは別の形で(情報提供をして)報酬を得るようにしますが、いずれにしてもその(アフィリエイトの)情報の正しさ、正確さは関係なく報酬を得ることができます(購入した人に情報の良し悪しはわからないため)。

なので私は嘘の情報を配信して収入を得ることもできますし、本当の情報を流して収入を得ることもできます。

情報そのものを得て正しいかどうかわからない以上、その情報が正しいかどうかは人(配信者)を見て判断するほかなく、その人を本当に信用できるかどうかなんて、ネット上の文章を見たくらいでは判断のしようがありません。

ということもあって稼げる情報を見極めるのは非常に難しいです。

アフィリエイトの稼ぎ方

アフィリエイトで稼ぐ方法は基本的に、

「ウェブサイトに集客してバナーを貼る等して広告収入を得る」

です。

このビジネスモデルは価格ドットコムやMERY等大規模のメディアでも採用されています。

また、アフィリエイトの広告を出稿しているのは中小企業からNTTやKDDI等の大企業までさまざまで、アフィリエイト広告はウェブ業界では一つの広告、宣伝手法として確立されています。

よって例えば私が光回線の情報サイトを作成し、フレッツ光やauひかりの広告をサイト内に貼り、そこから購入につながれば私は収入を得ることができます。

アフィリエイトで稼ぐにはとにかく自分のサイト、ブログに来てもらうこと、そしてそこに貼った広告を踏み、購入に繋げることです。※広告を踏むだけで収益が上がるタイプのアフィリエイトもあります。

アフィリエイトで稼ぐ方法の事例

実際にどのようにサイト、ブログに集客して稼ぐのか。

実際に収益化に成功しているこのブログを例に上げると、こちらのページには第二新卒エージェントNEOという転職サイトの広告を掲載しています。バナーではなくテキスト広告にしているのでわかりにくいかも。転職サイトに飛ぶリンクが2か所ほどあります。

ここから月に数件成約していて、一件あたり数千円(詳細を公表することはできません)の収入を得ることができています。

このページは直近1カ月で約1600人が訪問していて、その中の数人が第二新卒エージェントNEOの申込をしています。

何故毎月1000人以上集客できるのか。

それは検索で上位表示されているからです。

毎月2000回以上検索されている「正社員 なりたくない」というキーワードで1位表示されているため、安定的に集客できています。※検索結果は変動することがあります。

ではどのようにして検索で上位表示していくか?

これに関してはネット上に様々な情報が飛び交っていてこれこそ何が正解なのか、専門家さえも分かりません。

ただ一つ言えることは、現状では読者に有益な情報を提供しているサイトが上位表示される傾向にあるので、「読者のために」を心掛けて記事を書いていくことが正攻法であると言えます。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐのは簡単ではありません。

簡単ではありませんが、実際に収益を得ることは可能です。

場合によっては個人、一人の労力で月間数百万~一千万以上の収益を上げる人もいます。

片手間で簡単に稼げるものではありませんが、副業で稼ぐ会社員や主婦も多数いるのが事実です。

今日からある程度このブログでもアフィリエイトについて解説していこうと思っていますので、ぜひお付き合いください。

フリーターでも車は持てる?購入費用や維持費について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


電車がそこら中に張り巡らされている東京周辺や名古屋、大阪あたりならともかく、それ以外の地方に住んでいると車は必需品だと思います。

私も日常生活で電車やバスにほぼ乗ることのないような地方に住んでいるので、たとえ収入が少なくとも車は日常生活に欠かせません。

しかし車というのは購入費用はもちろん、所有しているだけで掛かる維持費も高くてフリーターの収入ではかなりキツイです。

本ページでは車の購入費用や維持費等について解説し、

「フリーターでも車を持つことは出来るのか?」

をまとめたいと思います。

いわゆる何も持たない普通の人が高収入を得ることは可能なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


少し身も蓋もない話になってしまいますが…

私はたとえフリーターでも特に20代であればそれなりの企業に就職して平均的な収入を得ることはそれほど難しくないと思っています。

平均的な収入というのは平均収入のことではなく、中央値にあたる収入です。

平均というのは何度か説明したこともありますが現代は平均値の10倍以上の収入のある人が少なくないため、そういった人達が平均値を押し上げてしまっていて実態とはややかけ離れたものとなっています。

5年間フリーター(高卒)だった私がおすすめする比較的楽なバイト5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


20歳くらいから25歳くらいまで定職に就かずバイトや派遣を転々していた私ですが、その頃に様々なアルバイトを経験しました。

スーパーや飲食の他に工場や引っ越しまで…

フリーターの良いところっていろんな仕事の経験が出来ることですよね。

引っ越しのバイトは知人に勧められて単発でやったんですが、自分の意志じゃ絶対やらないだろうと思っていた引っ越しの仕事もやってみると案外楽しかったり…といういろんな経験が出来て良かったです。

というわけで本ページでは様々なバイトを転々としてきた私が「楽だな~」と思ったバイトを5つランキング形式で紹介します。

ちなみに治験やコンサートスタッフ等通常あまり経験することが出来ないようなものではなく、(よほど田舎でなければ)全国どこにでもあるバイトのみ紹介しています。

後、一般的に楽だと言われるバイトでも職場によってはキツイ場合もあるのでその辺ご留意ください。

実は就職した会社を退職して独立してしまいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


タイトルの通り実は会社を退職してしまいました。今年の3月で。

その理由はまあ会社に勤めるのがしんどくなってしまったからという理由も大きいのですが、そんなことよりこのブログを始め副業として始めた複数のサイトが予想以上に大きな収益をもたらすようになったため会社に勤める必要がなくなってしまったからです。

ちなみに現在の収入は多分同世代なら外資系の特別収入が高い会社で働かない限り一般的に得られるものではない水準となってしまいました。月の収入が7桁まで後一歩というくらい。

会社を辞めたいけど辞められないと思っている人に言いたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仕事を辞めたいと相談されたことが多々あります。

私は結構はっきり物を言うタイプなのでそういう相談をされることがよくあるのです。

「仕事がツライから辞めたい」

「人間関係がツライから辞めたい」

そう相談された時に私は決まってこう言うようにしています。

「辞めたかったらさっさと辞めたらいいでしょう」

と。

しかしそう回答するとほとんどの人がこう返します。

「辞めたいけど辞められないのだよ」

と。

言いたいこと分からなくもないです。

分からなくもないんですが、それでも私はいつも思います。

仕事を辞めたいけど辞められないなんていう状況は通常あり得ないだろうと。

「就活落ちた日本死ね」とかもう本当にバカなんじゃないかと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「保育園落ちた日本しね」

に次いで

「就活落ちた日本死ね」

というはてな匿名ダイアリーの記事が少し話題になりましたね。

しかし今の大学生は5月とかにもう10社も落ちちゃうような試験の仕方をしているんですね。いや、今に始まったことじゃないのかもしれないけど…

もうこういうの見ると本当に馬鹿なんじゃないかと思います。

なんというかいつまで過去の価値観引きずってんのかな~と。

いや別にこれを書いた人が、という意味ではなくて、

「会社員以外の働き方には特別な才能が必要だと思っている人」

「就職できないのは努力が足りないからとか思っている人」

そして、

「嘘つき合戦のような面接をいつまでもやっている企業さん達」

みんな過去の価値観に囚われ過ぎなんですよ。

就職しても仕事をすぐ辞めたいと思うのは別におかしいことじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いつの間にか4月に入ってテレビで入学式の様子が報道されていますね。

去年卒業式で話題になった近畿大学は今年もなんかすごい感じです。

というかこの学校って何年か前からこんな感じなんだね。

学生が入学式でこれから花を咲かせようと期待を膨らませている中、同時期に会社に入社した新卒生の多くは大学という天国から一気に地獄に叩き落された気分になっている人も少なくないのではないでしょうか。

特にキツイバイト経験がない人や学生時代に遊び呆けてブラック企業っぽい会社に入社してしまった人はもうすでに、

「辞めたい・・・」

と思っている人も少なくないと思います。

でもそう思うのって普通、というか当たり前なんですよ。

大卒でフリーターになってしまうのは半分くらいは社会が悪いと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私の知人にも何人かいるんですが高いお金払って大学出てるのにフリーターやっている人って結構少なくないですよね。

私は高卒なので大卒の知り合いがそれほど多いわけではないんですがみなさんの周りにもそういう人、何人かいるんじゃないかなと思います。

もったいないですよねえ・・・

大学って国立ならまだましですがだいたいフリーターとかになってしまっている人って偏差値の低い私立大学出身じゃないですか。いや必ずしもそうとは言えませんが。

私立大学だと授業料だけでもみんな500万前後払っているわけでしょ?

これ、結構キツイ金額ですよ。私、社会人になって10年以上経つわけですが500万なんて貯金あるわけないですよ笑

そんな高いお金払ってまで(まあ親が払っている場合も多いと思うけど)大学出たのにフリーターって本当に何しに進学したのか・・・

って思います。

準社員や契約社員は定職に就いていると言えるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


一般的にフリーターは正社員以外の非正規雇用者(アルバイト、パート、派遣等)を指します。

では社員と名の付く準社員や契約社員はフリーターなのか?

なんとなくフリーター以上、正社員未満的なイメージがありますよね。

準社員、契約社員は基本的に正社員と同じ勤務時間、同じレベルの業務をしていることも多いけどボーナスがない等正社員に劣る部分が多いという微妙な立ち位置であることが多いです。

バイトや派遣だと明らかに不安定で不安になる人が多いですが契約社員や準社員だと安心する人は多いです。

しかし特に契約社員という雇用形態は雇用期間が決まっているのでその期間満了後に職を失ってしまう可能性があり、その点においては派遣となんら変わりがないような気もします。

契約社員と準社員、果たして安定していると言えるのか?

それぞれ雇用形態の特徴を深く掘り下げてみます。

フリーター専門転職支援

ジェイックは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、就職成功率は80%以上にも及びます。

無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

⇒詳細はこちら


最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ