フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの就職先 » 

フリーターの就職先の記事一覧

正社員の経験がないフリーターが就職出来る会社にはどんなものがあるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログではたとえ正社員経歴のないフリーターでも20代であれば就職して定職に就くことが可能であると説明してきました。

しかし正社員経歴のないフリーターが大学の新卒者しか採用しない会社に就職するのはほぼ不可能ですし、専門的な経験を要する仕事に就くのも難しいと思います。

では実際どのような会社であれば就職することが出来るのか?

本ページでは正社員枠でフリーターでもOKとしている求人にはどんなものがあるか?

をフリーターを専門とする人材紹介会社、就職支援会社等の求人を見ながら確認してみたいと思います。

フリーターの就職先の記事一覧

20代のフリーターが就職しやすい職種を全力で考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


一昔前、私が20代前半の頃(今から5年前)は一度フリーターになると再就職は難しいと言われていました。

しかし就労人口の多かった団塊世代の引退でここ最近は人材不足に悩まされている業種が増加しつつあり、フリーターから正社員として就職するのもそれほど難しい時代ではなくなりました。

参考記事:正社員になったことがない人でも割と就職はできるらしい

最近ではフリーターを専門とする民間の就職支援会社も増え、それらを活用して努力すれば正社員経験がないフリーターから正社員として就職するのも可能な時代となっています。

とは言ってもやはりフリーターであるというだけでかなり不利な立場であるため、やみくもに応募しても全然受からないという事態になりかねません。

というわけで本ページではフリーター専門サイトや就職支援サービスでも求人数の多く、比較的就職しやすいと思われる業種、職種を選出します。

フリーターの就職先の記事一覧

フリーターの就職先に営業職という選択肢はありか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


専門的な技術、経験がないフリーターにとって、それらを要しない営業職は最も正社員として就職しやすい職種の一つであると言えます。

更に営業職は一般的にキツイ、しんどいというイメージが強く避けられやすく、求人数も多いので入り口は広いので、長期的にフリーターをやっている人でも比較的採用されやすいんですよね。

その証拠に20代のフリーター、第二新卒者は人材紹介会社を使おうで紹介しているフリーター・第二新卒専門の人材紹介会社でも営業職に就いた人の割合は比較的多い傾向にあります。

ちなみに最も知名度の高いハタラクティブで就職が決定した職種1位は営業職の20%、次いでエンジニア18%、施工管理16%、デザイナー、事務がともに15%、サービス・販売9%となっています。

かくいう私も約5年間のフリーター生活を経て就職したのは営業職で、やはり営業職なら長期的にフリーターをしている人でも就職がしやすいということを実感しています。

しかし問題が一つ。

「営業職ってキツそう…」

ですよね。

躊躇われますよね。

実際どうなんでしょう…

ということを今まさに経験している最中の私が書こうと思います。

フリーターの就職先の記事一覧

フリーターだと正社員はブラック企業しか受からないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


少子高齢化、アベノミクス、そして東京オリンピックの後押しもあってか最近は仕事がなくて困っているという若い人の意見をあまり見なくなったように思います。就職氷河期と言われた十年前とは雇用状況が変わってきているようです。

しかし一方で、

「正社員の求人はブラックしかない」

とか、

「ブラック企業しか受からない」

のような意見を目にするようになりました。

特にフリーターは新卒者よりもやはり不利な立場にあり条件の良い企業で採用されることが難しく、必然的に誰でも採用するようなブラック系の会社に入社してしまうことが多いです。

だからと言って世の中の出回る求人がすべてブラック企業というわけではありませんし、フリーターでもブラック企業を避けて就職することは可能です。

フリーターの就職先の記事一覧

フリーターが未経験でSE、IT関係に就職するためにはどうするべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


経験がないと難しいと言われるIT職ですが、始めから経験がある人なんているわけないので経験のある人はどこかで経験を積んでいるわけですね。

はい、つまりIT職は未経験でも採用される可能性は十分あるということです。

いや、むしろIT関係は慢性的な人手不足の業界でもあるので専門職にしては未経験者でも雇う傾向が強いと言えます。

例えばフリーター、第二新卒者向けの転職サイト、“いい就職.com”では未経験者OKのIT職の求人が数多く募集されています。

実際フリーターを専門とする就職支援会社の実績では営業職に次いでエンジニアが多くなっています。

正社員の経験がないフリーターが就職出来る会社にはどんなものがあるか?

IT職は常に人材不足のため労働時間の長いキツイ職場も多いですが、その分平均年収400万後半から500万以上と決して悪くはないです。

しかし何の関連性もない飲食業のバイトからいきなりシステムエンジニアやプログラマになるのは無理があります。面接でもほぼ不採用となるでしょう。

クライアント(お客さん)とベンダー(開発者)の仲介をするシステムエンジニアはコミュニケーション能力が求められるので接客や営業経験が買われることはありますが、やはり知識ゼロで採用されるのは中々厳しいところがあります。
では未経験のフリーターがIT職に就くにはどうすれば良いか?

準を追って説明します。

フリーターの就職先の記事一覧

20代前半でフリーターしている人は好きなことをどんどんやろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


高校、大学を卒業して一旦就職したもののすぐに辞めてしまってフリーターをやっている人、もしくは就職せずにそのままフリーターになってしまった人、第二新卒という言葉があるくらいですからそういう人は結構多いんじゃないかと思います。

私も高校を卒業して最初に就職した会社を2年足らずで辞めてしまって、次に就職した会社もやっぱり2年足らずで退職しそこから5年くらいフリーターをやっていました。

フリーターって安定しないし収入も低いけど、若くて結婚もしていなくて家族がいなければ別に問題はないです。実家暮らしでも一人暮らしでもフルタイムで働けば生活に困ることもないのですが、フリーターってやっぱりなんか不安ですよね。

だけどフリーターだと責任の重い仕事を任されることも少ないので仕事に対するストレス、プレッシャーが少なくて本当に気楽に生活できるので、「将来の不安よりも快適な今」を優先してしまって中々行動に移せない、就職活動が出来ずそのままダラダラフリーター生活を続けているという人は多いんじゃないかなあと思います。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ