フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » 就職試験 » 

就職試験の記事一覧

フリーターは自己PRで何をアピールするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接時はもちろん職務経歴書でも必要なこの自己PR。

自己PRってなんだか抽象的で難しいですよね。

なのでまずは自己PRの定義を明確にします。

ネットで検索しても「自分をアピールすることだ」みたいなことを書いているのをよく見ますが、自己PRのPRは厳密にはアピールを意味する言葉ではありません

自己PRのPRは英語の「Public Relations」で、翻訳すると「広報」となります。

なので本来自己PRは自分を他者に報告する、つまり自己紹介に近いニュアンスで捉えられるべきはずの言葉なんですが、どこから捻じ曲がった解釈がされるようになったのか「アピールする」、「主張する」、「訴える」という行為に近いような捉え方をされています。

フリーターが就職するための書類選考攻略法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アルバイトやパートと違い正社員求人の多くには書類選考(主に履歴書と職務経歴書による選考)があります。

もちろん職種や業種、会社によっては書類選考を行っていない場合もありますが、書類選考を行っている会社に応募する際は人材支援サービス等を利用しない限り書類選考を避けて通れません。

そしてだいたい応募が集まるような会社、人が「入りたい」と思うような会社は書類選考を実施しています

なのでフリーターでもそれなりに良い会社に入社したいと思っている人はまず書類選考を攻略する必要があります。

本ページではフリーターでもパス出来る書類の書き方をまとめようと思います。

フリーターが就職の面接で絶対抑えるべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログでも何度か書きましたがフリーターでも20代までなら就職することはそれほど難しくありません。

たとえ正社員経験がなくても、職歴に空白期間があってもしっかり戦略を立てて就活に望めば割と受かります。

しかし就職試験の面接で全然受からない人のための面接の基本(超重要)でも書いた通り面接がダメだと受かる人でも受からなくなります。

中途採用の試験で履歴書を送って書類選考を通過した企業は面接次第で採用される可能性があった証拠です。

フリーターで書類選考が通らないものはどうしようもありませんが面接の対策をすることは可能です。

本ページではフリーター歴5年で就職した私の経験を交えながら面接に受かるポイントを書きたいと思います。

就職試験の面接で受からない人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


新卒の就活の現場では内定を貰える人と何社受けても全然受からない人の二手に大きく分かれます。

前者は10社~20社受ければ少なくとも2~3社内定を貰えるのに対し後者は50社、100社受けても1社も受からないなんてことがあったりします。

新卒に限らず中途採用でもやはり受かる人と全然受からない人の二手に分かれてしまいます。

二人の違いはどこにあるのでしょうか。

新卒者の場合学歴が物を言うことが多いので一概に面接がダメだとは言えませんが、後者は書類が通過して面接までいけたとしてもやはり全然受からないという状況に陥ってしまいます。

その場合大抵は面接の仕方が悪く面接で落とされていることが多いです。

本ページでは面接で受からない人、落とされやすいやすい人の特徴を上げてみます。

フリーターのための履歴書の書き方、バイトでも職歴欄は書くべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーターというのはある意味社会のはみ出しものというか、転職、就職者のほとんどが学生もしくは社会人(会社員)に属されるので履歴書の書き方について書いてある本なんかもあまり参考にならなかったりしますよね。

「バイトしか職歴ない場合どういしよう・・・」

とかそんな悩みが付き物です。

というわけで本ページでは私が実際に採用された時の履歴書を基にフリーターでも受かりやすい履歴書の書き方について書きます。

あ、先に言っておきますが履歴書は手書きで書くことをお勧めします。

理由はこちら→フリーターだったら履歴書は絶対手書きで書くべき

フリーターは志望動機を聞かれたらどう答えるべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接で必ず訊かれる志望動機。

本当にその仕事がやりたくて、本当にその会社の労働条件面以外の理由で入社したくて志願したのなら簡単に答えることが出来ますがだいたいはそうじゃないことが多いですよね。

特にフリーターから正社員の求人を志願する場合基本的に未経験からになるので「前職の経験を活かして・・・」のような答え方もしづらいので悩むところだと思います。

給料面や休日、福利厚生等の待遇を志望動機にするのはNGと言われていますし、かといって必要以上にその会社を持ち上げるのもどうなのか・・・

志望動機ってかなり悩ましいですね。

しかし面接で志望動機を聞かれる可能性はかなり高いので事前に準備をしていった方が良いに決まってます。

というわけで今日はフリーターが正社員求人の面接で訊かれる志望動機についてどう回答するべきかを書きます。

中途採用だからこそ見られる面接時の最低限のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


面接にマニュアルはありません。

学校のペーパーテストとは違い面接官の質問に対する正しい回答、模範解答はありません。

客観的に相応しくないと思われる回答でも面接官にとって印象が良ければ良い回答なわけです。面接に正解はありません。

正解はありませんが、ほぼ確実に間違いであると言い切れる面接時の言動があります。

それはマナー違反です。

特に中途採用では社会人として知っておかなければならないマナーを知らない人はほぼ採用されません。

企業側にとってはまだ会社員経験のない新卒者ならこれから教育すると割りきれますが、中途採用でそれを身につけていない人を採用するのはかなり躊躇われます。

面接時の言動で社会人としての常識、マナー、ルールを分かっていない人と思われた瞬間不採用になってしまう可能性が非常に高いです。

本ページではそうならないように気を付けるべき面接時のマナーについて解説します。

既卒でも新卒でもこういう人は絶対採用されない ~面接編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


何社も受けてるのに全然通過しない・・・

手応えは悪くないのにいつもお祈りメール・・・

何がダメなんだろう・・・

そんな風に悩む人は後を絶ちません。

もしかしたら、今これを読んでいる画面の前のあなたも、同じように悩んでいる1人かもしれません。
ですが、ここで出会ったのも何かの縁。どうぞ、このまま読み進めてください。

会社で人事を担当する人は、年間で非常に多くの応募者を面接することになります。
大企業なら数百人・数千人単位ですね。
彼らはやはりプロですから、「こういう人材はいいな」という評価に加えて、「こういう人材はダメだ」という足切りラインを設けていることも多いんだとか。

どれだけ見た目が爽やかでも、どれだけ履歴書に素敵な言葉を並べていても、
面接での受け答え1つであっさり不採用というのはたくさんあります。

 

そこで今回は、「絶対にこういう人は採用されない!」というNGポイントを紹介していきたいと思います。

就活で必ず勝てる方法というのはありませんが、できるだけ負けないように対策を取ることはできます。
あなたも当てはまっていないかどうか、ぜひ一緒にチェックしていきましょう。

フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


書類選考を行っている中途採用試験で重要な要素となってくるのが職務経歴書。

最近では募集要項に履歴書だけでなく職務経歴書を求める企業が増え、転職経験のない人は結構悩まされますよね。

しかし職務経歴書はフォーマット(形式)が決まっていないので他の応募者と差別化を図ることが出来るのでポイントを押さえておけば有利になる場合もあります。

このページでは主にフリーター、第二新卒者向けの受かりやすい職務経歴書の書き方を説明します。

既卒でも新卒でも絶対採用されない人の履歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


実際に自分も就活を体験する中で、いろんな情報を見聞きしてきました。

転職するにあたって、転職アドバイザーの方に多くのアドバイスをいただいてきました。

就活の不安やプレッシャーで気分が落ち込みがちの時に、「何社も受けてるけど全然面接通過しません・・・どうしたら面接で受かるんでしょうか・・・?」と聞いたことがあります。

その時に言われたのは、

「こうすれば100%受かるという必勝法はないけれど、こういうことは絶対やってはいけないというNG項目ならある」

ということです。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ