フリーターは結婚出来ない?

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの悩み » 結婚したいけどフリーターだから出来ないと迷っている人に伝えたい話

結婚したいけどフリーターだから出来ないと迷っている人に伝えたい話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私は所得の低さが少子化に繋がるとは一概には言えないと思っていますが、それでも所得が低いこと、定職についていないがために結婚を躊躇っている人は結構多いんじゃないかなと思います。

で、そういう人達に26歳(無職)の時に籍を入れた私が言いたいこと。

「迷っている暇があればさっさと籍入れちゃいましょう」

理由は大きく二つあります。

一つは結婚した方が定職に付ける可能性がずっと高いということ。

もう一つは落ち着いたら、余裕が出来たらとか考えていたら一生結婚なんて出来ないということです。

既婚者の方が採用される?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HOTEL86_koibitorouka20150220232157-thumb-1000xauto-14680

フリーターが就職試験を受ける場合、明確なデータがあるわけではありませんが独身より既婚者の方が採用されやすいと強く思っています。

もちろん会社にもよると思います。

社員に急な休日出勤や深夜残業をしてもらいたいと考えるブラック色の強い企業なら独身の方が良いと考えるでしょう。既婚者だと断られそうじゃないですか。休日や勤務時間がまちまちな交代制の仕事も独身の方が有利かもしれません。

でもそうでない普通の会社、多少残業があっても基本的に9時-17時の会社は独身者の方が良いなんて思うことはほとんどないと思います。

理由は次の通り。

既婚者は離職率が低い

これも明確なデータがあるわけではありませんが、おそらくたとえ子どもがいなくても家族を持っている人の方が独身者と比べて仕事を辞める可能性は低いはずです。たとえ事実はどうであっても雇う側から見ればそう感じています。

企業側が雇って一番困ることはすぐに辞められることです。面接で仕事に対する意気込みや前職を辞めた理由を聞いてくるのはすぐに辞めるような人じゃないかどうかを判断するためです。

7回くらい転職を繰り返してきた私が今の会社に受かったのは受ける少し前に結婚をしていたからというのが大きいと思っています。

「たくさん転職しているけど年齢的にも落ち着く頃だし結婚までしたならすぐに辞めないだろう」

と判断されたんじゃないかなと思います。独身のままならきっと受かっていなかったと思います。

結婚するだけで「辞める可能性が低い人」という企業が求める人材となるわけです。

甲斐性がある人という印象

結婚しているということは一緒になりたいと思った女性がいるということ。それはすなわち人として甲斐性があるということです。

結婚しない人、出来ない人が大勢いて、いたるところに婚活パーティや結婚相談所がある現代の日本では多少なりとも人間的に魅力がないとパートナーは見つかりません。縁故で結婚するのが当たり前だった昔と比べて今はお互いが選びたい放題なんですから。

私が面接する側の人間だとしても結婚している人は独身者と比べてなんとなく安心出来ます。人間として魅力があるから結婚出来たわけですから。学歴よりも安心感がありますよね。

特に世帯を持っている中高年層にとってはより強く思うところでしょう。面接では結婚談義で盛り上がることもよくあります。

定職についていないから結婚しないのではなく、定職に就くために結婚するという選択はありです。それだけがネックで結婚に踏み切れないのなら是非今すぐ籍を入れてください。

籍を入れたからって必ずしも就職出来るとは限りませんが別に何かが変わるわけでもありませんし問題ないでしょ。

結婚なんて事故ですよ?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HOTEL88_karaokeyoyaku15132300-thumb-1000xauto-14700

お金がないから結婚出来ないと思っている人は多いです。

だけど結婚してもお金は掛かりません。もちろん結婚式、新婚旅行等行けばお金は掛かりますよ?だけど籍を入れるのはタダですし別に指輪買ったり旅行したりしなければならないルールなんてありません。

逆にいくらあればお金があれば結婚出来るようになるのかが知りたいですね。

ちなみにうちは本当に何もしていません。後でいいかなと思って3年くらい経ちます笑

親ですか?

籍入れた時は本当に無職だったので、当然奥さんの両親には適当に働いていることにしておきました。

ウソは良くないかもしれませんが、本当のことを言っても誰も喜ばないし幸せにもなりませんからね。翌月就職していればウソじゃなくなります笑

世の中の結婚したくても出来ないと言っている人の多くは結婚を理屈で考えているからだと思うんですよね。

結婚した方が将来的に良いとか悪いとか・・・

正直将来のことなんて分かるわけないじゃんって思いますし理屈なんかで考えていたら結婚なんて出来ませんし子どもも作れません。

結婚や子どもを損得勘定で考える人が多いから結婚する人が減ったのかもしれませんね。

それでもやっぱり世間体が・・・

まあ気になりますよね。特に相手の親に正直に言えないのは辛いとこだと思います。

ならばその時(親に報告する時)だけでも正社員として働く気で就活してみてはどうでしょうか。

フリーターだけど結婚を真剣に考えている人は採用する側としても「すぐに辞めるのではないか」という心配は薄くなりますし、面接でそういう話は盛り上がりやすいです。

最近はフリーターを専門に扱う人材紹介会社等もあり、フリーターでも十分採用される時代ですから諦めず就活してみてはどうでしょう。

採用率3倍アップも可能?!20代のフリーター、第二新卒者は人材紹介会社を使おう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ