働きたくない

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの悩み » 働きたくない気持ちは分かるけど、死ぬわけにはいかないよね

働きたくない気持ちは分かるけど、死ぬわけにはいかないよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「働きたくない!」

って本気で思っている人、結構多いと思います。

特に若い世代はみんな働きたくないと思っています。

私も出来るならそうしたいです。

何十年も同じ会社で働き続ける私達のお父さん世代の人、本当にすごいですよね。

私が高校は頃から常に思ってました。

「ずっと会社で働き続けるなんて考えられない!」

そう思っていろいろ職を転々としてきたわけですが、この歳(現在29歳)になってもその考えはあんまり変わってないです。少しはましになりましたが。

でも働かないと生活出来ないんですよね。実家にいて親のすねかじってる場合は別ですが。

その場合でも親が働けなくなったら生活出来なくなるのでむしろ親のすねかじれる状況にならない方が将来的に幸せなのかもしれないなあと考える今日この頃です。

40代で引きこもりニートとか親がお金出すからそんなことになっちゃうわけですからね。

フリーターの末路か。40代中年引きこもりニートの生活が心苦しい。

働くしかないんだよ

もう本当に身も蓋もなくてすいませんが日本に生まれた以上普通の生活したかったら働くしかないんですよ。

もちろん働かなくても生きていくことは出来ますよ。

日本の現在の就労人口はおよそ6400万人なので全人口の約半分は働かずして生活しているわけなんですよね。もちろんそれには子どももお年寄りも含まれるわけですが。

労働力調査(基本集計) 平成28年(2016年)1月分 (2016年3月1日公表)

子どもや年金暮らしを除いても働かずして生活している人ってたくさんいるんですよ。

例えば上述した親のすねかじって生きているニートや引きこもり、社会生活を捨てたホームレス、遺産相続や不動産等で膨大な資産がある成金、犯罪まがいなことをしてお金を稼いでる危ない人達・・・

そういう人達以外にも最近はブロガーやyoutuber、同人作家等仕事と遊びが微妙なラインの生活をしている人も増えてきました。

この中で資産家になって不動産所得で生活するやブロガー、youtuber等になって遊び半分でお金を稼げるようになったら・・・

と思いますがどれも現実的には厳しいですよね。

(まあ資産家はべつとしてブロガー、youtuber、同人作家は結構な数がいるので頑張れば不可能じゃないとは思いますが)

 

でもどの道(ブロガー、youtuber、同人作家、、ホームレス、犯罪行為等も含めて)何をやるにしても結局お金を稼がないと生活出来ないわけで、資本主義に産まれた時点で「働かざるもの食うべからず」なんですよ。

いや、資本主義社会だけでなく遠い昔、原始時代から皆働かないと生活出来なかったはずなんです。

楽な仕事、しんどい仕事はある

働かざるもの食うべからず。

ここまで述べてきたように日本で生活するなら仕事は欠かせません。

仕事は欠かせませんが、その仕事にもいろいろあって、楽な仕事としんどい仕事があります。

そしてそれは楽さ、しんどさに対して報酬が上手く比例するとは限らず、楽だけど高収入の仕事、しんどいけど低賃金の仕事があるわけです。

しんどい仕事をあえて選ぶな

「働きたくない」

と切実に思っている人はキツイ仕事を選んでいることが多いと思うんですよ。

特に飲食店とかで働いている人はキツイと思うんです。後営業とか。

でも世の中毎日「仕事がしんどい」と思っている人ばかりじゃなくて、逆に結構楽しいと思って働いている人もたくさんいるんですよね。少なくとも私にはそういう時期がありましたし、今勤める会社の社内にもそういう人少なくないんですよ。

だから毎日「しんどい・・・」って思う人は少なくとも自分にとってはキツイ仕事を選んでいるからそう感じるだと思うんです。

でも別にあえてそういう仕事を選ぶ必要ってないと思いません?

多少収入が良かろうが、他にすぐに仕事が見つかるかわからないとかそんな理由があったとしても、

「しんどい・・・」

「辞めたい・・・」

とか思いながら毎日働くのってすごいキツイはずなんですよ。

そんな状態で働き続けたら最終的に鬱病になったりストレスで自律神経やられちゃったりするんですよね。知人、友人にも何人かいますよ。

じゃあ続けられている人はどうしているかって言うと、みんな我慢しているわけじゃなくてその仕事が自分に合ってるから続けられると思うんですよね。

我慢っていう言葉は仏教の言葉で「慢心」、「奢り」を意味する言葉らしいです。

そこから転じて「我を張る」、「強情」という意味で使われるようになったわけで、本来我慢は「やせ我慢」、「強がり」という意味を持っているわけなんですよね。

我慢するって忍耐力あって前向きな言葉と捉えられがちですが、「強情」、「やせ我慢」、「強がり」って良い結果を生むことないじゃないですか。

我慢する必要なんてないんです。

続けられる仕事を探そう

世の中には忍耐力があるのか、適応能力が優れているのか分かりませんがしんどい仕事でも続けられる人っているんですよね。

だけど私もそうなんですが、どうしてもそれが出来ない人っていると思うんですよ。私の友人にも5年で仕事5回くらい変えた人いますし。

そういう人ってどこか落ち着ける職場が見つかるまで職を転々とするしかないかなと思います。

もちろん転職する度に再就職は厳しくなるし、生涯収入も落ちる可能性が非常に高いですが、我慢出来ないものは出来ないと私は割り切るようにしています。

家族がいても同じです。

家族を路頭に迷わすわけにはいけませんが、それでもしんどくて辞めたい気持ちを我慢しながら高い収入を得るより安くても働きやすい仕事を選びます。

収入を維持するために毎日しんどい想いするって何のために働いているのかわからないじゃないですか。

探せばきっと自分に適した仕事、それほど苦にならずに続けられる仕事、きっと見つかると思いますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ