ハローワークのカラ求人

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » 就職試験 » ハローワークのカラ求人を見抜き方と受かりやすい求人の選び方

ハローワークのカラ求人を見抜き方と受かりやすい求人の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就職が成功するかどうかは応募する前に50%決まります。

その大きな要因の一つはどの企業に応募するかです。

これまで培った自分の経験やスキルに合ったものを応募すればそれだけ受かる確率も上がりますし逆に大きく足りていなければどんなに試験を頑張っても受かりません。

さらに言うと、起業が人材をそれほど欲していない場合、受かる可能性は極端に下がります。

ハローワークの求人は無料で記載出来るため、それほど採用する気がないのに長々と載せている場合があります。

それらはいくら応募したところで受かる可能性は極めて低いです。

就職試験の50%以上は応募する前から決まっています。

まずは自分が受かる可能性が高い求人かどうか見極める必要があります。

スポンサーリンク

カラ求人は本当にあるのか?

カラ求人とは採用する気もないのに宣伝目的等で載せている求人です

ネット上で何度か話題にもなりましたね。

これは私の個人的な意見ですが、本当に宣伝目的のためだけにハローワークに求人を載せている企業って多分ないと思います。

何故なら普通に考えて何のメリットもないからです。ずっとハローワークに求人載せるって完全にブラック企業のイメージしかないじゃないですか。宣伝どころかむしろデメリットしかありません。

半カラ求人の存在

100%採用する気のない求人はおそらくほぼないと言えます。

しかし1%くらいなら採用する気がある会社は結構あるのではないかと予想します。

例えば別にそれほど困っていないけど、かなり優秀な人が応募してきたら採用しようかなというくらいの求人とか。

こういう会社って結構あると思うんですよね。何せ求人情報誌やネット広告と違ってタダで載せられるわけですから。

カラ求人の見極め方

で、私達はこういう半カラ求人の会社を受けないように見極める必要があります。

その方法はとても簡単。

ハローワークの職員に聞けばいいんです。

いつから記載されていて、今まで何人受けて何人採用したか。

これを聞かない人結構いますがあり得ないです。

例えば3カ月前に求人出していて、今まで100人受けて一人も採用していない求人。

こんな求人受かる気がしませんよね。本当に採用する気があるかどうかは分かりませんが、少なくとも自分が採用される可能性は極めて低いと言えます。

ハローワーク経由で応募している人の人数は当然ハローワークに登録されていますので聞けばすぐに教えてくれます。

カラ求人の見極めに限らず自分が受ける求人の情報は必ず職員に聞きましょう。それだけで難易度も分かってきますし対策も取りやすいです。

フリーターでもう受かりやすい求人の特徴

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

このブログは基本的にフリーターのための就職について書いているのでここからはフリーターでも受かりやすい求人の特徴等を書いていきます。

創業が割と新しい

割と新しい企業は社長を含め新しい考えや思想を持っている人が多いため、比較的フリーターでも採用されやすいです。

特に新しいことにどんどん挑戦したいというベンチャー意識の強い企業は経験や忍耐力よりも若さ、無謀さを求めていることが多いのでむしろ出来あがったベテラン経験者よりフリーターの方が採用されやすいケースもよくあります。

創業が新しいということは創業者(社長)も若い場合が多いので当然自分より経験が浅く、若い人材を求める傾向にあります。

応募数が少ない求人

5年以上フリーターをやっていた私が今の会社に入社出来たのは本当にタイミングが良かっただけだと思っています。

というのも後から知ったんですが、一番忙しい時期に急に人が辞めて求人を出したけど応募が全然なかったので相当困っていたらしいです。

そういうタイミングなら余程高齢だったり明らかに出来なさそうと思われない限り受かる可能性は高いです。

ハローワークの職員に応募数等を必ず聞きましょう。無名の企業で人気のない業種だと2週間経っても応募数0だったりすることがざらで結構狙い目です。

若い人が多い

これはブラック企業の可能性も否めないので注意が必要ですが、基本的に社員の平均年齢が若い会社に応募すると若いというだけで採用される可能性が高まります。

たとえ経験がなくてもこれから付ければいい、一生懸命働いてくれればそれでいい。そんな社風の会社はフリーターでも受かりやすいです。

ただ、若い会社は本当にブラック企業の可能性も高いです。まあブラック企業なんてあくまで主観でしかありませんのでホームページや会社の評判等を見て、それでもいいって人は受けてみたらいいんじゃないかなと思います。

まとめ

何度も言いますが就職試験に受かるかどうかは応募する前に50%決まります。

そのためにまず求人情報をしっかりリサーチすることが大事です。

    • 本当に採用する気があるのか?
    • どんな人材を求めているのか?
    • 緊急さはどのくらいか?

それらを知るためにまずハローワークの職員に聞き出せるとこは聞き出してください。そしてホームページ等を覗いてその会社の雰囲気を感じとってください。

それだけで就職試験に受かる可能性はグッと上がります。

20代で既卒なら人材紹介会社を利用してみよう

人材紹介会社(転職エージェント、人材バンクとも呼ばれる)を利用すればカラ求人を100%避けることが出来ます。当然ですがカラ求人なんてあり得ません。

人材紹介会社は正社員のキャリアアップのためのサービスのイメージが強いですが、若年層のフリーター向けのサービスもあります。



この他にも20代のフリーター、第二新卒者向けの人材紹介会社を下記ページにて紹介していますので是非ご覧ください。

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ