フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの悩み » 仕事に慣れなくて辛いと感じる若手社員に実践してほしい3つのこと

仕事に慣れなくて辛いと感じる若手社員に実践してほしい3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就職や転職で一番しんどい時期はやっぱり働き始めの時ですよね。

仕事内容はもちろん職場の空気も読めずなかなか上手くいきません。

私も派遣社員や正社員として様々な職場を渡り歩いてきましたどんなに転職を繰り返してもやっぱり仕事は慣れるまでが大変です。

特に社会に出て初めて働く新卒者は職務はおろか一般的な社会常識から覚える必要があり慣れてそつなくこなせるまでに時間が掛かります。

半年、1年勤めても中々慣れず、

「もう辞めたい」

とか思ってしまう人も多いんじゃないかなと思います。

今日はそんなあなたのために辞める前に是非実践して頂きたいことがあります。

・・・まあ辞めたかったらすぐに辞めるというのも一つの手ですがね。

スポンサーリンク

本気で取り組んでみる

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green26_teiden220141123163347-thumb-1000xauto-17859

トリック(ドラマ作品)に出てくる天才理工学部教授、上田次郎の名言に「何故ベストを尽くさないのか」という言葉があります。

私はこのドラマをほとんど観たことがないのでどういう意図で、どういうシーンでこの言葉が発せられるのかさえも知りませんがこの言葉がとても好きなんですよね。

「何故ベストを尽くさないのか」

人って日常生活で限界まで頑張ることってほとんどありません。特に普通にサラリーマンをやっている大人の中に限界まで頭使ったり身体使って働く人はほとんどいません。

世の中で働く多くの人が適度に働いてなんとなく仕事をこなしているわけです。

学生時代は部活動や球技大会、進級が掛かっているテスト等全力を出す機会が多々あります。

しかし大人になるとそういう場面がほとんどなくなってきます。

何がなんだかわからない働き始めの数日間は頭を常にフル回転させて上司や先輩に付いていこうと頑張ると思います。しかしそれも数日したら適度に働く上司や先輩に合わせて適度に働くことしかしなくります。

そうするとミスも多くなり上司やお客さんに注意されたり怒られてしまうことが増えて働くのが苦痛になってしまいます。そのままずるずる働いているといつまで経ってもしんどいままです。

「苦しい時こそ初心に返る」というアドバイスは少しベタかもしれませんが、私は苦しい、しんどいと感じた時こそ初心を思い出してベストを尽くすように努力するようにしています。

多くのサラリーマンはベストを尽くさずにダラダラと働いています。そんな中でベストを尽くしてやると目立つほどの成果が出ることは多々あります。若いうちから出世する人はそのことを知っています。

それでも「やっぱり自分には向いていないなあ」と感じるなら転職を考えた方がいいかもしれません。

【転職】仕事は辞めてから探すか辞める前に決めるか

サボれるだけサボってみる

今度は逆に頑張らないでやってみましょうというお話です。

仕事に慣れない、しんどいと感じている人の中には頑張りすぎて空回りしてしまう人も多いです。特に学生時代成績優秀の優等生タイプに多い気がします。私の職場にもそういうタイプの人がいて「しんどい」とよく愚痴をこぼしていました。もう辞めてしまいましたが。

先ほども書いた通り多くのサラリーマンは適度に手を抜いて働いています。私もその一人です笑

仕事ってしんどいもんです。特に今の時代はグローバル化、IT化によって競争が激しいですし良い製品を作ってもすぐに真似されてしまいます。

そんなしんどい世の中でも適度にサボるから続けられるわけです。

平日目立たない場所に建っているコンビニに行くとサラリーマンでいっぱいです。みんなサボっているんですよ。

サボれる環境があるなら出来るだけサボってみてください。

それで怒られたも、

「あ~あ、怒られた。次から気をつけよう」

くらいに考えていればいいんですよ。

仕事だと思って割り切ってやる

e0d30ecf06351367bcb55e946d9b001e_s

3つ目は最もオススメ出来ない方法です。

正直上2つ実践しても「しんどい」、「辛い」と感じるなら私は転職を勧めます。

しかしそれでも「入社したばかりだからもう少し続けたい」、「両親、家族の問題もあるし・・・」というような辞めるという選択肢がまだない場合もあると思います。

そういう場合は、

「どうせ死ぬわけじゃないんだから」

と思って割り切って働いてください。

たとえ上司に怒られても、お客さんに怒られても、

「どうせ死ぬわけじゃないから」

「別に自分が困るわけじゃないし」

「まあ仕事だから耐えとくか」

といった感じで軽く流しましょう。

そのうち慣れます。仕事が出来なくていつも怒られてばかりなのに長く会社にいる人はだいたいこういう人です。

でもこの「慣れ」は良いことだとは思いません。

人生一度きりですから可能な限り楽しく生きましょう。

仕事だと思って割り切って働く場合はいつまで働くかを決めておいた方がいいと思います。

どのくらいで見切りをつけるか

「仕事に慣れなくてしんどい」

と家族や友人等に相談すると、

「まだ入ったばっかりだから慣れなくて当然だよ」

と言われたりすることは多いんじゃないかと思います。

実際就労期間が1ヵ月足らずだとどんな仕事でも慣れなくて当然と言えますが1年、2年くらいだと業種によりけりだと思います。

私の場合1年くらい働くとだいたいの仕事には慣れてそつなくこなせるようになりましたが業種、職種によっては3年掛かることもあると思います。

慣れの問題なのか、はたまた向いていないのか自分でも判断は難しいですよね。

私なら1年もやって慣れなかったら自分に向いていないんじゃないかと疑ってしまいます。

どのタイミングで見切りをつけるかなんですが、これはもうどうしても続けることが出来ないと感じた時点がそのタイミングだと思うといいです。

少しでも可能性を感じていて踏み留まることが出来れば慣れてくるまで頑張って続けることが出来ると思いますがそうでない場合はいつまで経ってもしんどいままです。なので必然と「辞めよう」という方向に向かうと思います。向かわない人は精神的に病んでしまったりします。

まとめ

半年~1年くらい働いてみて「仕事に慣れないなあ」と感じたらまず一生懸命頑張って仕事に取り組んでみてください。

もうすでに頑張っていてキツイと感じる場合は逆にサボってみる。

それでもしんどいなら転職をした方がいいと私は思います。難しい場合は先述した通り仕事だと思って割り切ってやりましょう。

人には向き不向きというものが必ずあります。

仕事は生活の大部分を占めるので「しんどい」と感じたら無理せず行動を起こしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ