フリーターの経歴詐称

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの悩み » フリーター期間や空白期間の経歴詐称はばれるのか

フリーター期間や空白期間の経歴詐称はばれるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーターや仕事をしていない無職期間、空白期間があると書類で大きく不利になりますよね。

どんなに面接でアピールしようと思っても履歴書の経歴が悪いと書類審査を通過出来ず、対策のしようがなくなってしまいます。

欧米及びアジア諸国等、ジョブ型の採用システムを取っている地域ではフリーター期間があれでも無職期間があれでも30歳を超えていようとも仕事が出来ればいくらでも就職チャンスはありますが、日本ではそうはいきません。

たとえ私がどんなにwebの知識があってもネットワーク構築の技術があってもフリーター歴、無職歴がある私を雇い入れる会社は少ないでしょう。

日本で日本の会社に就職しようとする限り、悪い職歴、経歴はおそらく一生足を引っ張るでしょう。

だからごまかしたい・・・

その気持ち分かります。

私もフリーター歴5年、ニート歴も半年くらいあるので面接の前にだいたい書類で落とされます。

だからごまかしたい、経歴詐称したいという気持ちもわかります。

だけど、ばれてまずいレベルで隠すのはリスクが高いと思うんですよね。

経歴詐称はバレるのか

バレるかバレないかはごまかすレベルによりますが、少なくとも前職で社会保険や雇用保険の手続きをしている場合、その前職をごまかすことはできません。

例えば前職3ヵ月くらいで辞めてしまったのでなかったことにしたいと思って詐称してしまった場合だとバレるリスクが非常に高いです。

というのも会社が社会保険や雇用保険の手続きを行う際に被保険者が直前に勤務していた事業所を知りえる機会が多いからです。

よくあるのは雇用保険被保険者証等の提出を求められるケースです。

雇用保険被保険者証には加入時の事業所が記載されているわけですから提出を求められた場合ごまかしようがありません。

もちろん必ずバレるというわけではありません。事務的な手続きを行う人と人事を管理する人が違うケースもあるわけなので経歴が違う書類が横に並んでも気づかない可能性もあるわけです。

ですがやはりリスクは高いので社会保険、雇用保険に加入していた前職をごまかそうとするのは控えましょう。

古ければ古いほどリスクは下がりそう

直前に辞めた会社の職歴を詐称するのはリスクが高すぎます。

ではそれ以前、二社前、三社前の場合はどうかというと、これもやはり社会保険に加入している場合はいつバレてもおかしくない程度にはリスクがあります。

が、年金手帳に書かれている会社を隠したりしない限り会社が調べるきっかけがなければバレることは少ないんじゃないかと思います。

なので職歴をごっそり丸々省いたりしない限り、例えば半年の職歴を一年にする程度であればバレる可能性は低いでしょう。あくまで「可能性は低い」程度のレベルです。過信しないようにお願いします。

社会保険、雇用保険に加入していない職歴

社会保険、雇用保険に加入している会社で働くと必ず加入した年月日、事業所の履歴が残ります。そのため経歴をごまかしても調べられればすぐにバレます。

ではそれら保険に加入していないかった場合はどうかというと、この場合書類や手続き等でバレるケースは少ないと思います。

私も実際3日くらいで辞めたバイトが2社くらいありますが社会保険どころか給与さえもらってないので就業した履歴そのものがどこにもないんじゃないかと思います。まあここまで短いと調べても分からないでしょうね。

とは言っても詐称はダメです

あくまで私の個人的な見解に過ぎませんが職歴は直前で働いていた会社以外、多少ごまかしてもバレるケースは少ないと思います。

特に空白期間を埋めたいから1ヵ月長くとか、3日くらいで辞めた仕事を書かないとか、それくらいならバレる可能性はほとんどないでしょう。

社会保険、雇用保険の加入歴がある職歴は調べられればすぐにわかってしまいますが疑いを掛けられなければ調べることもないでしょうし、日本人は真面目な人が多いので先日話題になったショーン・Kさんのように嘘八百の経歴を騙る人は少ないから調べることってほとんどないと思うんですよ。

調べる機会があるとすれば辞めて欲しい時くらいで、経歴詐称とか見つかれば問答無用で解雇出来るので・・・そんな感じで粗探ししたい時くらいでしょう。

とは言ってもやはり露骨に中長期的に勤めた会社を消し去ったりした場合、何かの拍子でバレると退職に追い込まれる可能性がなきにしもあらずなのでやはり詐称はしないに越したことはありません。当たり前ですが・・・汗

今はフリーターでも十分採用される見込みがありますし私のような職歴8年で5社並べても受かったりするでの案外包み隠さなくてもなんとかなるもんですよ。

フリーター向け転職サービスで相談しよう(参考)

人手不足が懸念されている現代、「若い人材が欲しい」という理由でフリーターや第二新卒者(一旦就職したもののすぐに辞めてしまった人)を求める企業が増えてきています。

例えばフリーターや第二新卒者を専門とする、第二新卒AGENTneoのホームページでは2年間フリーターだった人や3カ月で退職してしまった人等が「内定をもらった」という体験談が紹介されています。

もし、現在フリーターをしていて、正社員としての就職を希望するのであれば、フリーターを専門とする転職サービスの利用をお勧めします。

紹介される求人はフリーターでも採用される見込みがある求人しかないわけですから、比較的効率よく就職活動が可能です。

ただ、フリーター向けの転職サービスは20代までが利用制限となっているため、30歳を過ぎると利用できません。

そうなる前に早いところ正社員として就職したいところです。

ちなみに第二新卒AGENTneoは無料で利用できます。

⇒第二新卒AGENTneoの詳細はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ