フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの就職 » フリーターが仕事を探すならハローワーク?求人誌?それともネット?

フリーターが仕事を探すならハローワーク?求人誌?それともネット?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


正社員の求人を探す場合、ハローワークが一般的だと思いますが他にも新聞の広告、街のあちらこちらにある求人情報誌、最近はインターネットでもさまざまな経路で求人情報を閲覧することが出来ます。

これから就職、または転職を考えている人の中にはどれで探すべきか迷っちゃう人もいると思いますので、ここは一つそれぞれの特徴等を紹介しようと思います。

ハローワークの求人の特徴

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

ハローワークは公共機関のため唯一無料で求人が載せられる場所です。情報誌及びネットによる求人は料金はピンキリですが毎月お金が発生します。

それらと違いハローワークには無料掲載出来るため多くの企業がハローワークに載せています。

非正規雇用が多い

ハローワークの求人の特徴としてまずパート、アルバイト、契約社員等非正規雇用が多いところです。

特に公共機関のためか近年は市役所や教員等の臨時職員、短期~中期採用枠も多い印象です。

更に試用期間がはっきりと設けられていたり、3カ月で有無も言わさず企業側の一存で雇うことが出来るトライアル雇用という形式があったりするのが特徴です。

とにかく何でもあるというのがハローワークの一番の特徴かも。

ずっと載っている求人が多い

ハローワークは無料で求人が出せるため、ずっと載っている求人も結構あります。

こういう求人はたとえ多少魅力的でも受けない方がいいです。どうせ受からない。

詳しくはこちらに書いていますがずっと載っているということは雇う気があまりないか、すぐに人が辞めてしまうかのどちらかなのでどちらにしても触れて良いことはありません。

もしハローワークで求人情報を探す時は、応募する前に必ず職員にいつから応募していてこれまで何人受けているかを確認しましょう

これを聞く人は少ないみたいですがこれを聞くだけで採用率はグッと上がります。

職員というアドバイザーがいる

ハローワークを使う最大のメリットは職員がいることです。まあこれがないとはっきりいって存在意義がないですからね。

職員がいるので求人誌やネットの求人サイトと違ってどれくらいの人が応募しているかやその結果等も訊けば教えてくれます。訊くとが大事。訊かないと教えてくれません。

求人以外にも雇用保険関係や職業訓練等の相談も出来るため、失業したらまずハローワークに行くことが基本です。ちなみに私はハローワーク経由で現在勤める会社に就職しました。

求人情報誌の特徴

e058da0f7573e785dae656d125a79a4b_s

一言に求人情報誌と言っても無料のモノ、有料のモノがありますが求人を載せる企業側はどちらもお金を払っています。

基本的に月額○○円という感じで求人広告のサイズ等で料金が決まります。価格は求人誌によって様々。私が以前正社員で働いていた時にバイトの募集をした時は月額1万円程度でした。

ターゲットを絞ったモノが多い

田舎の方だとあんまり求人がないため当てはまらないかもしれませんが、仕事がそれなりにある地域だと求人情報誌にも種類がありそれぞれ読者層も違ってきます。

そのため、例えば若年層の女性向けであったり、派遣等も製造業を集めたモノであったりとある程度ターゲットが絞られていたりします。

自分に合った求人誌があればいいんですが最近はどんどんネットに置き換わりつつあるためジャンルによってはネットで探した方が早いかも

カラ求人は少ないが・・・

求人を載せるのにお金が掛かるため、本当に意味のないカラ求人を載せる企業はほとんどありません。

が、カラーで写真等も綺麗に載せられるため宣伝も兼ねて慢性的に載せている企業はやはり結構あります。まあだいたい目立つページにあるのですぐ分かるとは思いますが。

それらの求人はやはり避けておくのが無難でしょう。

求人情報誌には発行している会社があり、それなりに怪しい企業を載せないようにはしていますがそれでも会社によってはお金を払ってくれせすればいいというところもあります。

そういう意味では無料のハローワークよりも怪しげな求人が混ざっていることも…

仲介者がいない

ハローワークやインターネットの人材サービスと違い、求人情報誌は仲介する人がいません。

求人情報誌に載っている電話番号に電話して応募するのが基本です。

そのため、書類を送って何も連絡がなかったり、「連絡します」と言って連絡してこなかったりと稀にトラブルが発生することも多々あります。

特に名前も聞いたことないような小さい会社はまずネットでどんな会社か確認しましょう。ネットでウェブサイトさえない会社だとちょっとあれだよね・・・。

インターネットの求人

b5df6f5a58d95056b663d37f07f01de2_s

有名なところだとリクルートのリクナビなんか、結構利用したことある人が多いんじゃないでしょうか。

数年前までは都会の方しかほとんど求人情報がありませんでしたが、最近は地方でも結構活用出来るようになりましたね。

ネット求人にもさまざまある

一言にネット求人と言っても種類が様々です。

例えば看護職のみを扱ったサイトや営業、経理のみの求人だったりエンジニア、プログラマのための求人サイト等多岐にわたります。

現代では仕事を探すのに最もポピュラーな手段なので求人数も豊富

求人サイトによっては職種から年齢、性別等を選択し、マッチする仕事を選べるので探しやすいです。

例えば建設業専門の求人サイト等もあります。

東海版 建設・工事系のアルバイト・バイト求人情報【イーアイデム】

応募が殺到する場合も

ネット求人は全国の人が見ているため、場合によっては応募が殺到してすごい倍率になることもあるらしいです。

特に大手のリクナビなんかはその傾向が強いことが予想されます。

ネットの求人サイトを上手く使いたい人は、大手の総合求人サイトより比較的ターゲットを絞った求人サイトを登録しましょう。

私もいくつか応募して全然ダメだった記憶があります。

応募時のエントリーシート(みたいやつ)も結構真剣に書かないと足切りされるのでご注意ください。

人材紹介、転職エージェント

人材紹介会社、転職エージェントは基本的にスキルがある人がキャリアアップをするためのサービスなんですが、中にはフリーターや第二新卒者向けの人材紹介サービスもあります。

その一つがハタラクティブという人材紹介会社。

フリーター就職支援サイト ハタラクティブ

人材紹介会社はエージェントによるアドバイス、相談、非公開求人の応募、企業の採用情報収集等メリットが多いので週就職を考えている方には心強い味方となります。

ハタラクティブは関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)限定のサービスなので、関東に住んでいる方は利用して損はない、いや利用しないと損するくらいに思っています。

まだまだ少ないですが他にもフリーター、第二新卒者向けの人材紹介会社はあります。

いずれも無料で利用出来るので利用可能地域にお住まいの方は是非検討してみてください。

詳細は採用率3倍アップも可能?!20代のフリーター、第二新卒者は人材紹介会社を使おうへ。

まとめと一言

正直どれが一番良くてどれが受かりやすいとかはないと言えます。

求人情報誌は怪しげな求人が多そうというイメージがありますが、確かに比較的そういう企業が多いような気もしますが、ハローワークにもやっぱり怪しげな求人はあります。

ただ、私は特に目的、拘りがなければまずフリーターはハローワークで求人を探すといいと思います。

というのもハローワークの求人情報は比較的充実していますし、職員が無料でサポートしてくれるわけですからこれを使わない手はありません。

何かスキルを持っていてそれを活かした専門職に就きたい場合はネットで探すのが一番かと思います。何せ情報量が多いので同業種で待遇や給与等を比較しながら探すことが出来ます。

そういう感じでハローワーク、求人誌、ネットを使い分けするのがいいですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ