面接で聞かれる退職理由

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » 就職試験 » 面接で退職理由を聞かれた時の上手い答え方

面接で退職理由を聞かれた時の上手い答え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「以前勤めていた会社はどうして辞めたんですか?」

面接で志望動機と並んで高確率で訊かれる定番の質問ですね。

私は基本的に面接は質問を予測して準備する必要はないと思っているんですがほぼ確実に聞かれるであろうこの質問に限ってはある程度回答を用意しておいた方がいいと思います。

というわけで今日は「退職理由を訊かれた時の答え方」について書きます。


スポンサーリンク

何故退職理由を聞くのか?

dfb70674e2d714435294a4a442ad70f6_s

就職の面接試験は対話です。面接官はあなたに様々な質問を投げかけてきます。そんな言いにくいこと訊くなよって思いますが、それらは基本的に意味があってのことです。

面接で退職理由を聞く理由の多くはすぐに辞めるような人ではないかの確認です。

もちろんそれに対する回答によっては人間性やコミュニケーション能力についても確認することが出来るかもしれませんが、最終的には同じ原因で辞める可能性がないかどうかを判断したいわけです。

採用側にとって一番避けたいのはすぐに辞めてしまうような人を採ってしまうことです。全然使えない人を採用してしまうというのもありますが試用期間やトライアル雇用を設けている場合は前者の一点に絞られます。

一度人を採用すると事務的な手間も掛かるし教育するのにも負担が掛かります。そんな中すぐに辞められたら会社側としてはかなり迷惑ですよね。

それを避けたいために同じ理由で辞めるのではないかと面接官が探りたいわけです。

退職理由は他の質問に比べても重要視する企業は多いので下手な回答してしまわないように事前に考えておきましょう。

上辺だけの模範解答を構えたりしていると思わぬ突っ込みに対して答えられなくなります。万全を喫しましょう。

上手い答え方の原則

退職理由をググったら回答例等たくさん出てきますが、やっぱり人によってケースバイケースなので上手く合致するモノがないかもしれません。それにあまり模範的すぎる答えは返ってウソ臭くなります。

なのでここは一つ、不採用にならない退職理由の原則を教えます。

それは、

「新しく入社した会社の退職理由に絶対に結び付かない退職理由であること」

です。

これさえ守ることが出来たらだいたいクリアです。

まずはダメな退職理由から見ていきましょう。

ダメな退職理由

勘のいい方ならもうお分かりだと思いますが、上述したモノと逆の退職理由。

「新しく入社した会社の退職理由になりうる退職理由」

は完全にアウトです。

これに当てはまる理由を話してしまうと企業は同じような理由で辞めてしまうのではないかと考えるので、必ず下記のような切り返しが来る。

「弊社でそのようなことがあった場合も退職を考えるんでしょうか?」

もうこう質問されたら負けです。何を話しても言い訳にしか聞こえず余程の上手い切り返しがない場合空気が重くなります。

そのため次に上げるような理由を感じさせる退職理由を話すことは避けた方がいいです。

    • パワハラ、セクハラ等人間関係による退職
    • 残業、休日出勤による退職
    • 仕事内容による退職
    • 昇給、給与の事情による退職

これらによる退職であった場合、その通りに話すと間違いなく重い空気に包まれます。もちろんその可能性が絶対ないなら問題ないですし切り返された時に「こっちから願い下げよ!」って言えるなら問題ありません。

これらが理由で退職してしまった場合の多くは全く別の理由を考えなければなりません。

といってもウソをつけというわけではなく、それ以外の退職理由を話すだけです。

良い退職理由

ネガティブなトークになりがちな退職理由ですが、逆にここで「この人は辞めないだろうな」と思わすことで採用の可能性を高めることも出来ます。

例えば結婚を理由とした場合、

「いつまでも安定しない仕事に就くわけにはいかない」

「(将来生まれてくる)子どものためにも・・・」

等とする回答はまさに退職した理由がすなわち次の会社の辞めない理由にもなるため印象はとてもいいです。私が面接する立場でもこれらの理由があれば辞めそうにない人という条件はクリアです。

特にフリーターからの面接の場合、「何かのきっかけ(兄弟の結婚他家庭の事情等)から定職に就きたいと思ったから辞めた」とかで十分好印象です。

まあそういうタイミング的なモノがなくても、

「事務所作業があまりにも合わなかった」

「転勤により通勤が困難になった」

「趣味で始めた○○に関する仕事がどうしてもやりたいと思った」

等、とにかく辞めた理由が新しい会社を辞める理由に結び付かなければ悪い印象を与えずに済みます。

退職理由事例

ここからは少し事例を書きます。

といってもとてもシンプルに書きますので上手くアレンジして使ってみてください。

というかシンプルな方がいいですね退職理由は。

心境の変化が理由

・結婚を機に定職に就かなければと思った。

・好きな女性(男性)との結婚を真剣に考えている。

・長年趣味にしている○○に関する仕事をどうしてもやりたいと思った。

・○○の影響でどうしてもその仕事(現在受けている会社の仕事)が捨てきれなかった。

退職せざるを得ない理由

・転勤要請があったが介護、保護が必要なため退職を選んだ。

・事業縮小の一途を辿り、年齢的にも早めに手を打った。

・子どものことを考えたら日曜日の休みはどうしても譲れなかった。

・病気療養で休みを頂いていたが、会社にも迷惑がかかるため・・・

一言添えるだけで好印象に

56c868f8af6f2da9088047209a04ccba_s

上述したモノはあくまで一例です。更に上手くアレンジして前向きな退職理由を考えてみてください。

ただ、退職理由はどうしてもネガティブな印象を持たれやすく、特に転職回数が多かったりすると何を言ってもダメなことがたまにあります。

そういう時に最後によく私が使っていた退職理由に添えるとっておきの一言を。

それは、

「前職を辞めるのは非常に惜しかった」

です。

是非活用してみてください。
スポンサーリンク

人材紹介会社を活用しよう(参考)

採用試験の面接には正解がありません。

会社や業種、職種によってそれぞれ求める人物像が違うからです。

そのためどんなに模範的な面接をしても一向に採用されないということはよくあります。

しかし企業が求める人材、人物像がある程度分かればそれに対して対策することができます。

人材を求める企業と仕事を探している求職者の橋渡しを行う人材紹介会社(転職エージェントとも呼ばれる)を利用すれば、応募する企業がどのような人材を求めているのかある程度把握できるため、対策もしやすいです。

私たち求職者側は完全無料で利用できるので効率よく就職活動を行いたいと思う人は活用してみてください。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ