正社員として就職出来るフリーターの条件

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの就職 » フリーターが正社員で採用されるための受かる条件は何か

フリーターが正社員で採用されるための受かる条件は何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このブログでも何度かお伝えしましたが日本は今、建築業界を始め若年層の人材不足の業種が増加傾向にあります。

日本の人事部の記事によると人材不足によって既に影響が出ていると感じている企業は実に6割以上に上り、半数以上が現段階で人手不足となっていることがうかがえます。

9割を超える企業が「人手不足」による影響を懸念

何故そのような事態になっているか、は元記事を読んでいたらいたら分かってくると思いますが注目すべきは、

「人手不足の解消策として、最も有効な策は何だとお考えですか?」

という質問に対して、1位の「社内統制の等見直し(27.6%)」に次いで2番目に多かった回答が「新卒・既卒採用の拡充(23.0%)」であること。そしてこの中に派遣、パート、バイトは含まれていないこと。

つまり約4社に1社が正社員を雇いたいと考えているということです。

にも関わらず・・・

就職出来ずに困っているフリーターや就活生もたくさんいます。

何故このようなことが起きてしまうのか。

要因はやはり一度雇ってしまうと簡単に解雇に出来ない日本の労働法に問題があると予想します。

一度採用してしまうと多少使えないからといってクビには出来ないから出来る限り優秀な人を選びたい。採用で失敗したくないから慎重になってしまうわけですね。

特にフリーターは社会的評価が低く印象が悪いため採用する側も慎重にならざるを得ないわけです。

だから私達仕事を探す側はたとえ人手不足の会社でも御眼鏡に適うように就職試験でアピールする必要があります。

ではその慎重になっている企業の御眼鏡に適うには、採用条件を満たすためにはどうすればいいでしょうか。

フリーターの採用条件

「フリーターは論外」

と考える企業もありますが逆に「にフリーターでも良い」、「一から育てたいから歓迎する」という企業も少なくありません。

それはフリーター向けの人材紹介会社が多数あることを見ても明らかです。

しかしそれでも多くのフリーターが採用試験に通らず就職出来ないというのが現状で、それはやはり企業の採用基準をクリアしていないからだと思います。

では企業の採用基準、採用条件とは何でしょうか。

もちろん企業によって変わってくると思いますが、フリーターだから懸念されやすい条件はおおよそ下記の3つであると予想します。

すぐに辞めない人

-shared-img-thumb-PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

これはフリーターに限らず日本のどの企業も求める人材として重要な要素だと言えます。

フリーターの多くが一度就職して辞めてしまった結果フリーターとなっているわけですからまた辞められるのではないか?

と懸念されてしまうのは仕方のないことなのです、

一般的に非正規雇用よりも正社員として働くことの方がキツイことが多いです。

残業代は出ないことが多いし人手が足りない時は優先的に勤務しなければならない。責任も重いし時には自分以外の人の責任を被らなけらばならないこともある。

「だから(楽だから)フリーターをやってるんでしょ?」

「正社員で採用してもどうせ(キツいから)すぐ辞めるんでしょ?」

企業からはこう見られてしまいます。

フリーターが正社員として採用されるにはまずここをクリアしなければいけません。

辞めない人をアピールするには?

ではどうすれば採用側に「辞めない人」と思ってもらえるでしょうか。

それにはやはり正社員として長期的に働く動機があると伝えることが大切です。

長期的に働く理由があると思ってもらうことが出来れば「この人はすぐに辞めなさそう」と思ってもらえます。

私の場合結婚したことがそれに繋がりました。

正社員として働きたいという動機が「今まではフリーターでも良かったけど結婚したのでこれから養っていかなければならない」であれば辞めそうにない人材だと誰でも思うでしょう。

まあそうそう結婚なんてするもんじゃないから誰でも使えるネタではありませんが・・・

もし彼女が入れば「結婚を考えている」とか、30歳手前であれば雇用状況からして後がないとか、とにかく面接で辞めない理由、長期的に働く理由を伝えるようにしましょう。

最低限のマナー、常識がある人

良い人材であればフリーターでも積極的に採用したい企業がある半面、「フリーターは論外」と考える企業も少なくはありません。

何故かというとやはりフリーターは社会人としての最低限のマナー、常識を知らない人が多いからです。

新卒生なら致し方ないところがあるのであまり気にはならないですが、中途採用の場合あえてそのような人を選ぶ必要はありませんしマナーや常識のような仕事内容以前の教育をする時間はありません。

私も正社員として働く立場として最低限のマナー、常識から教えないといけない人が入ってくるとかなり迷惑です。

「常識くらい言われなくてもわかってるよ・・・」

って思う人も多いですが実際面接で会社を訪問する時に挨拶さえしない面接希望者は多いです。

会社に訪問するということは他人の家に上がり込むのと同じこと。不特定多数の人が出入りする店舗の場合は別として、会社に訪問する時は入る前に「こんにちは!」、「おはようございます!」、「失礼します!」と声を掛けるのがマナーです。

というところを面接時に見られているので注意しましょう。

細かな質問に対する応答よりも無意識にやってしまう失礼なしぐさや言動で不採用になってしまうことは多いです。

普通の人

-shared-img-thumb-GREEN_KO20140125_TP_V

常識のある人、というニュアンスに近いかもしれませんが新しく入ってくる人はどの企業も普通の人であってほしいと思っています。

普通の人というのは、

    • ちゃんと遅刻せずに毎日出社してくる人
    • 休まなければならない時は連絡を入れる人
    • 報告・連絡・相談が出来る人
    • 悪いことをした時に謝罪出来る人
    • 貯金をしている人
    • 犯罪行為をしない人、抵抗のある人

あたりでしょうか。

『まずはフツーを極めなさい』という本が数年前に話題になりましたが普通のことが出来ていない人って実は結構多いです。

特にフリーターはそういう普通のことが出来ない人と社会に思われているため採用を見送られやすいです。

面接では普通を試される?

面接の質問にはいくつかの意図がありますが重要なことは回答そのものよりも受け応えの仕方と嘘を言わないかの二つです。

特に「嘘を言わない」は非常に重要で思ってもないことを言う人、嘘を言う人は絶対に採用されません。

上述した(通称)普通の人リストの中で企業にとって最も重要なことは「犯罪行為をしない人、抵抗のある人」で、嘘を言う人は犯罪行為を行う可能性があると判断されやすいです。

「そんなわけ・・・」

って思うかもしれませんが正社員で働くと会社によってはその人の良心次第でばれずに横領が簡単に出来てしまうのでどの会社もそういう犯罪行為を絶対しない人というのを重要視しています。

元ライブドア社長のホリエモンは社長時代面接で最も重要視していたことは「悪いことをしない人」だったと話していました。

当時ライブドアは金融業で儲けていたので「犯罪行為をしない人」というのは最重要事項だったんでしょうねえ。

まとめ

以上纏めるとフリーターが採用されるための条件は、

    • すぐに辞めない人
    • 最低限のマナー、常識のある人
    • 普通の人、特に犯罪行為をしない人

となります。

これらを満たしていると判断されればフリーターを除外していなくて未経験者OKの求人なら十分採用されるでしょう。

フリーターはとにかくスタート地点が低いので普通の会社員として働けることを応募書類、面接でアピールしましょう。

見やすいフォーマット、正しい言葉遣いで職務経歴書を作るだけで印象はかなり違います。

フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

頑張ってください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ