フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの悩み » フリーターより正社員の方が偉いという勘違いについて

フリーターより正社員の方が偉いという勘違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世の中には上下関係というよくわからない制度が蔓延していて、私達は知らず知らずのうちにこのよく分からないシステムに翻弄されています。

「フリーターより正社員の方が偉い?」

「正社員よりフリーターの方が下?」

何を言ってるんですかね?

こういうの職業差別って言うんですよ。

フリーター、正社員の話以外でも警備員より医者が偉いとか、介護士より看護師が偉いとか、そういう職業による序列みたいなのって結構ありますよね。

でも職業の違いで上下が決まるっておかしいと思いませんか。

職業の違いは役割の違い

警備員と医者、介護士と看護師、正社員とフリーター、それぞれ役割が違うだけでどっちの方が上なんてものないはずなんですよね。

正社員とフリーターの違いは正規雇用で会社に属しているか非正規雇用で会社に属しているかだけ。

正規雇用、非正規雇用で立場が違うものの人間的にどちらが上なんてものはないわけ。

そして多くの会社で正規雇用が非正規雇用に指示を出す、という働き方になっているので指示する側の人の方がなんとなく立場が上にあるような感覚になっている。それだけなんですよ。

それが何故か正社員よりフリーターの方が下みたいになって、社会的立場でもダメなやつとか、クズとかそんな扱いを受けてますよね。

いや単純に役割が違うだけでしょ。

医者とフリーターはどっちが偉いか

医者とフリーターではどっちが立場が上ですか?

という質問をすれば多分大多数の人が「医者だ」と答えると思うんですよ。

そしてそれに対する異論を持つ人も少ないでしょう。

だけどこの考え方って完全に職業差別なんですよね。

確かに職場でそのフリーターがその医者の指示通りに働く立場にあるのなら指示通りに仕事をしなければならないので、上(医者)から下りてきた指示を下(フリーター)が従わなければなりません。

だけどそれ以外のケースで、何の接点もない医者とフリーターに主従関係はないですし、医者に靴を舐めろと言われてもフリーターは別に従う必要はなわけです。

職業や雇用形態によって人間の上下関係なんて決まらないんですよ。もっと言えば今の民主主義社会に人間関係の上下関係なんて不要なんです。

国の代表である首相や国の象徴である天皇に私達は従う必要もなければ敬意を示さなければならない義務もありません。

私達と首相では単純に立場が違うだけでどちらの方が上か下かなんてないんです。

職業によって人間の上下関係が決まるとか農家より武士が偉いみたいな江戸時代の話だけにしてもらいたいもんです。

 人を下に見る人は劣等感がある

フリーターはクズとか、社会のゴミとか言ってる人達、ネット上に結構いますが彼らは劣等感の塊なんですよね。

なんというか、正社員の一番下にいる(と思っている)から更に下にいる(と思っている)非正規雇用者を見下しちゃうわけで。

日本語だと会社の序列を上司、部下って書いちゃうせいからなのか上司が上で部下が下みたいな空気になっちゃってますけど、本来役割が違うだけで上も下もないはずなんですよ。英語だとboss(上司)、Subordinate(部下)だしね。

まあ実力社会のアメリカだと職業による個人の優劣が日本以上に厳しいみたいですが、上司から頼まれた仕事でも「none of my business(それは私の仕事じゃない)」と言って断っちゃうようです。役割が違うという考え方なんですよね。

日本の会社は家族みたいな形が形成されていて一番偉いお父さんの言うことは絶対で、弟は兄に従えみたいな風潮があります。

で、兄は父に逆らえないから一番下っ端の弟に八つ当たりする、というのが日本社会の構造です。

おかしいよね・・・

と思っても日本の会社で働く限りはこれに従うしかないんですよね。会社だけでなく近所付き合いでもこういう風潮あるからいろいろツライ・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ