フリーターが正社員になって思ったこと

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » フリーターの就職 » フリーター歴5年だった私が感じた正社員のメリットとデメリット

フリーター歴5年だった私が感じた正社員のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


21歳くらいの頃から約5年間フリーターだった私は結婚を機に今の会社に就職しました。26歳の誕生日を過ぎて3カ月くらいの頃です。

フリーターをやっている時はそれほど正社員願望はなかったんですが、20代も後半に差し掛かり半ば勢いで結婚したりもしたので定職に就くことを決めて今の会社に就職しました。

入社した会社は本当に絵に描いたような何処にでもありそうな中小企業で、ごくごく平均的な日本のサラリーマンをやっています。まあ地方なので電車通勤ではありませんが。

今日は入社して2年半くらいになるのでなんとなく振り返りながら正社員として働くメリット、デメリットを共有できたらと思ったので書き出します。

※一口に正社員と言っても様々なので簡単な職種、待遇等を書いておきます。

給料 - 入社時は未経験なので新卒者と同等、中小企業の平均値くらい。

ボーナス - 年2回、足して3カ月分くらい。

休日 - 基本的に土日祝、お盆、年末年始は休み。土曜日出勤が月1.5回ほどある。

職種 - 法人向け営業。といっても飛び込み営業等はなく営業オンリーではないので総合職に近い感じ。

残業 - あり。残業代は出ない。

昇給 - あり。年一回。2年で平均1万くらい上がっている

残業代が出ないのは営業職だとメーカー等割と優良企業でもよくあるらしいです。なのであんまり気にしていません。

スポンサーリンク

正社員として働くメリット

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

大企業や優良企業ならともかく中小企業や賃金の安い小売り、フードサービス業の会社に就職するよりはフリーターの方がメリットが多いと感じる人は多いと思います。

私もフリーターの方がいいと思って5年間も定職に就いていなかったわけですから。

しかし実際正社員として働いてみるとフリーター時代には知る由(よし)もなかったメリットを感じたりもしています。

ここでは昇給やボーナス等を除いたメリットを上げてみます。

長期休暇がある

飲食や小売、サービス業等一般顧客向けの仕事だと逆に繁忙期で忙しいですがそれ以外のB2B(企業間取引)の会社や公務員、病院関係(病院も無休で稼働するが交代で代休が取れる)等、多くの企業、法人はお盆シーズンや年末年始に長期休みが取れます。

それらの時期に成田空港やディズニーランドが賑わうのはみんな休みだからなんですよね。フリーター時代には気づきにくいですがお盆、年末年始、GWは普通休みなんですよ。

フリーターでもその気になれば長期休みを取ることが出来ますが、あんまり一般的ではないですよね。フリーター時代に5連休とかしている人をあんまり見たことがなかったです。特別なイベントでもない限りみんな働いている時に1人だけ有給使って長期休暇を取るのは躊躇われます。

しかし今の会社は会社自体が長期休みなので気兼ねなくゆっくり休めます。

前回の年末年始は9連休だったんですが、フリーター時代にそんなに休んだことはありませんでした。

社会的信用がある

社会的信用は正社員の一番のメリットかもしれません。

フリーターと正社員の決定的な違いは紛れもなく社会的信用です。

たとえ手取りが同じくらいでも、フリーターより待遇が悪くても、ほぼ無条件で社会的信用があるためローンやクレジットカードの審査等に圧倒的に通りやすいです。

金融面だけでなく家族や親族、地域の方からの信用も全く違います。所詮人は肩書きで人を判断します。

私が結婚を機に就職したのは実はこれが原因だったりします。フリーターだとやっぱり相手の両親も心配しますからね。

人脈が出来る

これは実際働いてみて思ったことなんですが、営業職ということもあってすさまじい勢いで人脈が形成されました。

私が勤務する部署は一般企業はあまり多くないんですが、病院や介護施設、電力関係会社や官公庁等たくさんの人とお話する機会があります。

先日病院の副理事長から冗談交じりで「うちで働かないか?」と言われたりもしました。営業さんが取引先の会社に引き抜かれることはよくあることらしいです。

正社員が必ず安泰というわけではありませんが、たくさんの人から信頼されれば職に困ることはないんじゃないかと思っています。人脈は財産です。

社会性が構築される

バイトや派遣だと普通長くても2~3年、最近は5年、10年フリーターでいる人も珍しくないですが月単位で入れ替わり立ち替わりするのも珍しくないですよね。

しかし正社員の場合は逆に10年、20年単位が基本で私が勤める会社の業界もキャリアが長い人がほとんどです。

メーカーが主催する飲み会等でメーカーの担当者さんや他社さんとお話することもよくあるんですが、キャリアの長い人は私がまだ生まれていなかった時代から働いている人もいるわけなので今では考えられない業界の話等も聞けたりします。そして私からみれば大先輩の上司が入社したばかりの頃をを知っている人がいたり・・・。

私はそういう人付き合いとかそういうのはあまり好きな方ではないんですが彼らの話を聞くと、この業界に長くいる気持ちがわからなくもないなあと思うことがよくあります。

正社員として働くデメリット

逆に正社員ならではのデメリットもあります。

もちろん業種、職種によって大きく変わってくると思いますが私が感じたデメリットを上げます。

毎日が規則正しくて面白くない

仕事内容が単調でつまらないという意味ではなく、生活リズム的な問題です。

毎日同じ時間に起きて同じ時間に食事をして同じ時間に寝る。

人によってはメリットのように感じるかもしれませんが私はこれが本当に苦手なんですよね。入社して2年半くらいこの生活を続けているわけですが未だに休み前は寝るのがかなり遅いですし大型連休になると昼夜が逆転してしまいます。

平日の深夜にラーメン食べに行ったりするのが好きな私にとってこれは結構苦痛です笑

会社に貢献しなければならない

当たり前ですが正社員として働く以上、一層会社のために働かなければなりません。

アルバイトの場合、給料は時給で貰うのが基本で働いた時間に対しての対価が給料となります。一生懸命働いても働かずとも時給800円なら3時間で2400円が支給されます。

しかし正社員は働いた時間ではなく会社に貢献した分の対価として給料が支払われるわけです。

特に営業職では会社の売り上げアップのためにどうすればいいかを常に考える必要があり、会社への忠誠心が薄い私にとってこれが結構苦痛です笑

自己成長をしなければならない

前項目と少し被りますが、会社は社員に貢献してもらいたいので従業員に対して自己のキャリアアップを求めてきます。

「資格を取れ」、「講習を受けろ」、「勉強しろ」といった感じですね。

会社から見るとアルバイトに支払う給料は必要経費ですが正社員に払う給料は投資です。

投資した分、もしくはそれ以上のリターンを会社は求めてくるわけです。

もちろんそれを上手く活用し資格を取ったり経験を積んだりしてキャリアアップする人もいます。それはそれで大変素晴らしいことですしそういう向上心の強い人にとっては自己成長を促進そうとす会社は逆にメリットともとれます。

しかし私はあまり向上心が強くなく、給料もそれほど激しく上げたいとも思っていないため「資格を取れ」と言われるのがツライです。

まとめ

980adaa7340ca295f267e6ef20277430_s

ここに書いたことは私が勤めた会社で感じたことなので業種や職種、環境によって全然違ったりするとは思います。

特にアルバイトが多い小売りや飲食業だとやはり正社員として働いても長期連休は取れませんし他社との交流も少ないので正社員で働くメリットはそれほどないのかもしれません。

アルバイト生活の時はそれらしか見ていなかったのであまり正社員になるメリットを感じることはなかったんですが、スーツを着て取引先を回る仕事、俗に言うホワイトカラー職に就くと正社員で働くのも悪くないかなと思いました。

現在フリーターをしていてそろそろ定職に・・・と考えている人は是非ホワイトカラー職を目指しましょう。

少しでも良い会社に就職するために

お盆、GW、年末年始にやすみが取れてボーナスもある会社にフリーターが就職するのは少しハードルが高いかもしれません。

しかし焦って労働環境の悪い業種に従事してもしんどいだけです。

これから数十年働く気で定職に就こうと思っている人は既卒・フリーター専門の人材紹介会社を利用してみましょう。人材紹介会社(転職エージェントとも呼ばれる)は従業員を募集している企業と仕事を探している人を仲介してマッチングさせるための会社です。

求人を応募している企業情報の入手や非公開求人等利用するメリットは多いので是非ご活用ください。

hasi

利用料はもちろん掛かりません。交通費くらいです。

オススメの4社を紹介しておきます。

どの会社も基本的に10代~20代既卒者向けのサービスです。

ハタラクティブ

利用者の9割が20代、半数近くの人が正社員経験なしという正真正銘のフリーター、第二新卒専門の人材紹介会社です。

転職、就職をアドバイスするスタッフも20代が多く、同年代ならではの悩み、心配事を気軽に相談できます。

未経験OK求人が1000件以上もありこれからスキルを身につけたいという方に最適です。

ただし原則拠点(東京都)に訪問出来る方が対象なので関東地方の方のみが対象者となります。関東にお住まいの20代の方は是非ご検討ください。

対象者主な求人実績
東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの30歳までの方営業、販売、企画、総合職、事務、SE、クリエイター他書類通過率96%、内定率78.7%、カウンセリング実績4万人以上
bton

ジェイック

20代の既卒、フリーター、第二新卒者専門のジェイックはこれまでに12,000人以上の利用者を正社員へ導いた実績を持っている優良人材紹介会社です。

そして何よりフリーター、第二新卒専門に扱う人材紹介会社としては数少ない関東以外の地方(大阪、愛知、宮城)の方も利用出来るサービスとなっています。

就職成功率80.3%を誇り、フジテレビやテレ東等メディアにも取り上げられた実績もあります。

ジェイックは関東以外にも大阪、名古屋、仙台に支店があるのでそれぞれ開催される説明会にご参加可能な方は是非ご検討ください。もちろん無料で受けられます。

対象者主な求人実績
説明会(東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡、愛知、大阪、福岡で開催)に参加出来る18~29歳までの既卒の方広告・メディア、メーカー、商社、IT通信系、営業、経理、事務等就職率80%以上、1万2千人以上正社員就職支援

bton

「いい就職.com」

いい就職.comは既卒者・第二新卒者を専門とする就職支援サイトです。

離職率の高い企業や保険が完備されていない企業等ブラック企業をお断りしているとのことで安心して就職活動が出来ます。

また、東京以外にも大阪、名古屋、沖縄に拠点がありそれ以外の地方の方でも電話やメール等でサポートを行っているため若年層の既卒者なら誰でも利用出来ます。希望する企業が東京の場合は東京に出向く必要があります。

いい就職.comの代表、秋庭氏は株式会社リクルート出身で、現在若年求職者を対象としたセミナーを各地で行っています。

また、『それでも就職したいあなたに  既卒、フリーター第二新卒の大逆転内定獲得術』(あさ出版)他多数出版もされていえるまさに若年層就職支援の専門家です。

いい就職.comは業界セミナー、企業セミナー他模擬面接等も実施していますので本気で就職したい、定職に就きたい方にとてもおすすめです。
就職支援サイトなので求人情報も多数公開されています。是非ご覧ください。
対象者主な求人実績
第二新卒・新卒・既卒未就職者営業、IT、SE、事務、経理、企画、販売、クリエイター職他既卒・第二新卒からの就職者5,000人以上
bton

第二新卒AGENTneo

15,000名以上の就職成功者を誇る20代の若年層向け人材紹介会社。サービス名に第二新卒とありますがもちろんフリーターも大歓迎です。

第二新卒エージェントNEOの利用者の多くは文字通り第二新卒者で、卒業後3年以内、早い人は入社して2カ月で退職してしまった利用者を再就職させる程の実力を持っています。

書類や面接対策だけでなく基礎的なマナー研修等も充実しているため、採用率を飛躍的に向上させることができます。

第二新卒エージェントNEOは厳選された求人のみを紹介し、私達の大敵であるブラック企業を回避することが出来ます。こちらも20代の関東の方のみが対象となりますので対象者は是非試しに登録しみてみてください。

対象者主な求人実績
第二新卒エージェントne(東京都新宿)に来社可能な20代の方営業、事務、広告・メディア、IT、SE等就職成功者15,000人以上

bton

 

 

 

人材紹介会社、転職エージェントに関して興味のある方は下記もご覧ください。

就職市場化社会で人材紹介会社を使わないのは逆にあり得ない 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ