フリーターのための職務経歴書の書き方

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » 就職試験 » フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

フリーターでも採用される人の職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


書類選考を行っている中途採用試験で重要な要素となってくるのが職務経歴書。

最近では募集要項に履歴書だけでなく職務経歴書を求める企業が増え、転職経験のない人は結構悩まされますよね。

しかし職務経歴書はフォーマット(形式)が決まっていないので他の応募者と差別化を図ることが出来るのでポイントを押さえておけば有利になる場合もあります。

このページでは主にフリーター、第二新卒者向けの受かりやすい職務経歴書の書き方を説明します。

受かる職務経歴書のポイント

職務経歴書はフリーフォーマット(形式自由)ですが以下のポイントを押さえて作成しましょう。

そのポイントとは、

    • 表等を使って見やすく丁寧に作成する
    • 自分の強みを強調するように作成する
    • 不要なことは書かず、簡潔にまとめる

の3つです。

見やすい書類を作ろう

特に事務職や営業職等デスクワークをする可能性のある職種に応募する場合は職務経歴書の作り方が書類選考の合否に大きく左右する可能性があります。

中途採用の求人募集はたとえ未経験OKであっても一から教育する新卒者とは違い、出来る限り速い段階で戦力として活躍してくれる人材を期待しているのでwordやExcelを使った書類作成能力が求められることはよくあります。

大まかな項目を決めよう

見やすく伝わりやすい職務経歴書を作るためにまず大まかな内容を決めましょう。

職務経歴書の一番の目的は職務の経歴を記すことですが、それ以外にも履歴書に収まらない資格やスキルの詳細、活かせる趣味、嗜好について、志望動機、自己PR等を記載してアピールすることも出きます。

フリーフォーマットなので職務経歴さえ書いておけばそれ以外は別に何でも構いません。

項目の数量としては読みやすさと内容の充実さを考慮して3~4項目程度が良いでしょう。

フリーターや第二新卒で正社員経験が少ない場合どうしても職務経歴欄が薄くなってしまうので自己PR等他の項目でカバーしましょう。

    • 職務経歴
    • 志望動機(その仕事を希望する理由等)
    • 自己PR(活かせるスキル、資格、経験等)

というような項目で作成するとやりやすいです。

職務経歴は表を使おう

職務経歴は箇条書きになってしまうので表を使って見やすく書きましょう。

画像はリクルートエージェントから無料でダウンロード出来るテンプレートを少し改良したものです。

職務経歴

職務経歴書はフリーフォーマットなので関連する職歴、活かせる職歴については広い枠で詳しい内容を作成し、そうでない職種は手短に書く等工夫して作ると良いです。

強みを活かして作成しよう

職務経歴書は履歴書と違って自由に書けるので自分の強みを強調して書くようにしましょう。

ただ、この場合の強みというのはただ単に自分の得意分野のことではなく応募する仕事に対して活かせる能力であるかどうかが大切です。

例えば電気工事や建設業等を応募する際にExcelのマクロが得意等コンピュータ系の強みをアピールしてもほとんど意味がありません。

「以前勤めていた接客の仕事ではお客様の要望をヒアリングし、それに合った商品の提案を行いお客様の期待を超えることを心がけていました。その経験を営業職でも活かせると思い・・・」

というように他業種でも活かせるスキルを探しだし結び付けることで即戦力になることをアピールすることが出来ます。

不要なことは書かないこと

職務経歴書でやってしまいがちなことは不必要なことを書いてメリハリのない書類になってしまうことです。

例えば応募する職種、業種と関連性のない職歴をダラダラ書いてしまったり、強みにならない的外れなスキル、経験をアピールしてしてもプラスにはなりません。

それどころか、アピールポイントがずれていると求めている人材と違うと思われてしまったりそもそも相手に「何故応募したのか?」が伝わりにくくなってしまうので不採用になってしまう可能性が高いです。

職務経歴書は応募する職務に対しての自分の強みを強調して、関連性の薄い職歴やスキルは手短に書きましょう。

分量は基本的にA41枚に収まる程度がベストです。

まとめと項目別補足

以下、まとめとフリーター、第二新卒者が使いやすい職務経歴書の項目の補足です。

1.職務経歴

上述した通り、表を使って見やすく書きましょう。応募する職務に関する内容を濃く、関連性の薄いものは手短に書きましょう。

2.資格

職務に関連のある資格を書きましょう。その際単純に資格名や取得日だけでなく活かせると思われる内容も添えると効果的です。

特にない場合は項目そのものが不要です。自動車免許のような履歴書で済むものを改めて書く必要はありません。

3.志望動機

その会社を志願した理由、その業種、職種を選ぶ理由を書きましょう。

志望動機は標準的な履歴書にも書くスペースがあるのでここではそれに収まらないくらいのボリュームで書きましょう。

履歴書にはその会社を選んだ理由、職務経歴書にはその職種、業種を選んだ理由というように分けて書くのも良いと思います。

4.自己PR

学生時代や過去の職務で応募する会社で活かせると思うアピールポイントを書きましょう。

例えば学生時代のリーダー経験、営業職希望なら接客業や販売経験、事務職ならwordやExcelのスキル等。

志望動機、自己PRが思いつかない場合

555f19e0f39ae0c562d1f92edcf4213d_s

職務経歴書の中身が思いつかず、全然書けない場合は一旦その会社を応募するべきか改めて考え直した方が良いです。

志望動機が思いつかないということはその会社に本当に入社したいと思っていないということですし、自己PRが思いつかないということはその会社に役立つ経験、スキルがないということなので受かる見込みがあまりありません。

書類で思いつかないことは面接で絶対答えることが出来ないのでネットで調べた言葉を無理矢理使って繋げてもきっと受からないと思います。

フリーターでもある程度濃い内容を書くことが出来れば書類選考を十分通過出来ますし一つ作っておくと使いまわしが利くので手を抜かずしっかり作成しましょう。

ちなみに私は丸二日くらい掛けて作りました。

転職繰り返していたのでそれくらいしないと厳しかったです。汗

就職支援会社を活用しよう

履歴書、職務経歴書の書き方が分からない、やりたい仕事がない、自分の能力が生かせる仕事が分からないという人はフリーターを専門とする就職支援会社、人材紹介会社を利用してみるのも良いと思います。

人材紹介会社はリクルートエージェントやDODA等が有名ですがフリーターを専門とするタイプの人材紹介会社も数社あります。

下記ページで紹介しています。

採用率3倍アップも可能?!20代のフリーター、第二新卒者は人材紹介会社を使おう

人材紹介会社は求職者側は完全に無料で利用出来るので試しに利用してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事
カテゴリー
アーカイブ