フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » アーカイブ

20代でニートしている人は一刻も早くバイトや派遣から始めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ニートという言葉が使われるようになったのは2004年頃からで、もう10年以上になるんですね。

今の若い世代は語源を知らない人も多いと思いますが、ニートは元々NEETNot in Education, Employment or Training)という英語が基で、就学(勉学)、就労(労働)、職業訓練を行っていない若年層(国内では15歳~34歳)を指します。

要するに学生でもなく働いているわけでもなく職業訓練も受けていない若者を二―トと呼ぶわけです。

2014年のデータでは現在国内ニートの数はおよそ56万人と予想されています。

そのうち20代が占めるニートの割合は30万人で全体の53%、半分以上を占めます。30~34歳は全体の30%を超えています。

ニートに区分される対象者が34歳までそれ以上の数字が入っていなくて全体の30%以上が30歳代。ニートの高齢化が問題になるわけですね。

フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ