フリーターのための就職

20代後半で就職した元フリーターのブログ

このままフリーター続ける?それとも正社員目指す?

ホーム » コラム » 実は就職した会社を退職してしまいました。

実は就職した会社を退職してしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


タイトルの通り実は会社を退職してしまいました。今年の3月で。

その理由はまあ会社に勤めるのがしんどくなってしまったからという理由も大きいのですが、そんなことよりこのブログを始め副業として始めた複数のサイトが予想以上に大きな収益をもたらすようになったため会社に勤める必要がなくなってしまったからです。

ちなみに現在の収入は多分同世代なら外資系の特別収入が高い会社で働かない限り一般的に得られるものではない水準となってしまいました。月の収入が7桁まで後一歩というくらい。

それほど悪い会社で働いていたわけではないんですが、やはり地方ということもあって収入が低く、そして何より年功序列が根強い日本の会社では若い世代が高い収入を得ることはほぼ不可能で…

という理由から独立して自分で仕事を見つけた方が早いと実は割と早い段階で考えるようになっていたんですよね。

その一環として会社員だった頃からこのブログと他に2つのブログ、サイトを作っていたわけです。ちなみにこのブログを開設したのは去年の5月です。

以前、いわゆる何も持たない普通の人が高収入を得ることは可能なのかという記事を書きましたが、きっと私のような学歴もない、高収入が得られやすい専門スキルもない人が「普通の会社に勤めても平均的な収入(400万円前半)を大きく超える収入を得ることはほぼ不可能である」と思っています。

これは別にフリーター経験があるとか関係なく、おそらく今の日本ではこれが現実でしょう。平均年収はピーク時から50万前後下がる一方、年収2000万以上の人は年々増加しています。

そんな生活が続くわけがないという意見

私の今の収入は多分同世代の3倍以上くらいはあります。

しかし多くの人は会社に属さない生活、フリーランスという働き方での生活が続くわけがないと思っています。

確かに自営業、フリーランスという働き方は収入が不安定です。私の収入も来年どうなっているかわかりません。

会社もいつ倒産するかわかりませんが、それでも自営業者よりもずっと確実性は高いでしょう。

だから私も会社を辞めるつもりはありませんでした。

ただ、私が作るサイトは非常に好調で多くの企業から広告の記載依頼、記事執筆の依頼があります。

自サイトを持つ企業からわざわざ「広告記事を書いてほしい」、「広告の記載をして欲しい」と依頼されるわけです。

これがどういうことか。

別に今の収入が途絶えてもウェブ関係であれば働き口はあるということなんですよね。

ウェブ制作会社や企業のウェブ担当として働き、一方で事業主として働く。

一人で複数の会社に勤めたりといった働き方をしている人は実はIT関係の会社にはたくさんいます。丁度複業(副業ではない)に関するセミナーにも参加してきたところでした。

勤めていた会社はウェブとは全然違う業務だったのでもう興味がなくなってしまって居座る意味がなくなってしまいました。

再就職は出来ると思う

もう就職する気は全くないんですが、多分ウェブ系であれば再就職することはそんなに難しくないと思っています。

ウェブ会社は新しい会社も多いですし、人脈さえ作っておけば仕事に困ることはないでしょう。

都市部はもちろん地方でも特にIT分野は至るところでビジネスマン向けのセミナーが開催されています。

セミナーは勉強目的というのもありますが、それ以上に仕事を求めて、人材を求めて人脈を拡げたいと考える人も多いです。

私が先日セミナーに行った目的は人材欲しさでした。でもやっぱり田舎だと良い人材は中々見つかりませんね…

今は私が人材を探す立場ですが、私のように人材を求めている人は世の中にたくさんいます。

手に職ではないけれど…

「手に職を付ける」という言い方をするととても古臭く感じますがやはり求められるスキルがあると仕事に困ることはありません。

私は今のところウェブサイト制作等になるわけですが、時間も金銭的にも余裕があるのでこれから更にスキルを磨くことは可能です。

学生やおっさんに交じって英会話スクールに通おうかとか本気で考えてます笑 オンライン英会話をやってみましたがマンツーマンはきつくて挫折しました笑

私の後輩にはカメラの販売業を開業していますが、やはりカメラ関係の知識は豊富でたとえ事業が上手くいかなくなってもカメラ関係の仕事なら就職できるでしょう。そういう彼も他に新規事業を始めたりもしてリスク分散を図っています。

正規、非正規関係なく会社に勤めていると会社に勤めることだけが働くことのすべてのように感じてしまいますが、どこの企業にも属さず働く人は決して少なくありません。

もちろんいきなり仕事辞めて「今日からフリーランス」みたいなことをしても収入が途絶えるだけですが、今の仕事を続けながら徐々に準備をしていくことが賢明であると考えます。

 

追伸:

何故この記事を書いたのかというと解放していた問い合わせから、

必死にブログやって副収入を狙ってるんでしょうけど、年収は300万で共稼ぎですか?
馬鹿が馬鹿の自覚もなく必死に金を求めてる姿って面白い。

 

というのが来てちょっとイラっとしたからなんですよね。

ちなみに奥さんは半専業主婦?みたいな感じで働いています。イラストが描けるので自分のサイトの分を作ってもらったり依頼されて描いています。基本的に自由にやってます。

こういうことをしちゃう人が実は結構います。

それくらいに今の日本って貧しいんですよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. 仕事で 精神的に やられていて
    お休みしてます。
    ブログ読んで 少し元気、勇気を頂いた気がします。
    それだけ いいたくて…
    ありがとうございました。

  2. 私もブログを運営しているので、心ないメッセージには憤りを感じます。
    でも、とらえかたをかえればそれだけ人気があるってことですよね。
    この記事を読んでとても共感しました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
フリーター専門転職支援


ハタラクティブは20代の既卒、フリーターに特化した就職支援サービスで、内定率は80%以上にも及びます。
関東の方のみに限られますが、無料で利用出来るので就職を考えている方は是非ご相談ください。

最近の投稿
オススメ記事
人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー
アーカイブ