フリーターの悩み

既卒の高卒フリーターはどう就職活動すべきか?経験者が解説する

「既卒」

「高卒」

「フリーター」

は結構な三重苦ですよね。

就職が難しいとされる代表選手のようなもので、いくら人手不足といってもまともな会社に就職するにはしっかりとした対策が必要です。

本ページではこういった既卒の高卒フリーターのための就活方法について解説します。

それこそ私も26歳の時に就職するまでは「既卒の高卒フリーター」でした。しかもフリーターを5年くらいやっていました。

プロフィールはこちら

高卒は高卒市場で戦うしかない

まず第一にお伝えしたいことは、高卒者はコネや引き抜き以外で大卒しか採用しない求人枠で採用されることはないということです。

就職というマーケットの中には新卒者のマーケットがあったり、中途採用のマーケットがあったり、引き抜き(ヘッドハンティング)のマーケットがあったりします。

新卒者のマーケットの場合当然高学歴が有利です。しかし中途採用の場合は即戦力になる人材が有利です。

つまり高卒者は高卒の人を採用する求人に応募しなければいけません。

フリーター向け紹介会社を利用する

一番手っ取り早い方法はフリーター向けの人材紹介会社を利用することです。

こういった紹介会社を利用すれば、大卒しか採用しない会社を応募してしまうようなことはありませんし、紹介実例のある企業であれば対策も立てやすいです。

中でも無料就活講座があるジェイックは書類選考なしで面接に挑むため、大卒者と同じ土俵で就活に挑むことが出来ます。

条件は変わってくるかもしれませんが、大卒者と同じ会社を応募することができるのです。

こういった「高卒フリーターの味方になってくれる紹介会社」を利用するのが一番手っ取り早いです。

⇛ジェイックの詳細を見てみる

地方の場合はハローワークを利用する

上述したジェイックを始めとする人材紹介会社はある程度都市部でしか対応していないことが多いです。

ジェイックは大阪や名古屋を始めある程度都市部であれば拠点がありますが、それでも北海道や四国くらいになると拠点がありません。

その場合は近くにあるハローワークから応募するしかありません。

ハローワークはあまり良質なサービスとは言い難いですが、使い方次第では十分仕事が見つかります。

実際私自身も近くに民間の紹介会社がなかったため、ハローワークを利用して就職しました。

ハローワークを使いこなすコツを下記ページでまとめているので、紹介会社がない地方の方は合わせてご一読ください。

これで就職率が上がる!ハローワークを最大限活用する方法。カラ求人に注意!就職が成功するかどうかは応募する前に50%決まります。 その大きな要因の一つはどの企業に応募するかです。 これまで培った自分...

いったん就職してキャリアアップを図る

高卒よりも大卒の方が初任給が平均的に高いことは周知の事実で、それは多くの就職支援会社や雇用に関する企業、機関等のデータによって明らかです。

では何故高卒より大卒の方が初任給が高くなるかというと大企業、人気企業が初任給の相場を押し上げているからだと考えられます。

大企業、人気企業は数ある学生の中でも特に優秀な学生を欲しています。

そのため優秀な学生に入社してもらうために大卒生という就職市場の中で高い給料を提示するわけです。

例えば人気企業、A社が25万という初任給を提示しているとすると、同じく優秀な学生が欲しい企業もそれに合わせて初任給を上げてきます。

大企業、人気企業でない企業も優秀な学生が欲しければその初任給に出来る限り合わせなければいけません。

そのようにして大卒生の就職市場で初任給の相場が決まってくるわけです。

高卒だと1つめの会社の給料は耐えるしかない

一方で高卒の就職市場では大企業、人気企業が初任給の相場を押し上げるようなことが起きにくいです。というのも高い給料を払ってでも優秀な学生が欲しいと思う企業は高卒ではなく大卒で選ぶからです。

大卒者の中には東大や京大のような高学歴で優秀な人がいますが、高卒者は高学歴である場合その多くが大学へ進学するため高卒の就職市場には勉強が出来る頭の良い学生が少ない、と企業は考えるんです。

つまり大卒の就職市場では優秀な学生に入社してもらいたいがために高い初任給を提示する会社が多く、高卒の就職現場では出来るだけ安い給料で雇いたいと考える会社が多いため初任給も安くなるというわけです。

つまり高卒で初任給が高い会社に入社することは通常困難で、そこから大幅な昇給も期待出来ず、一社目は耐えるしかありません・・・

正社員経験があれば経験、実績が評価される

学生が一度就職すると就職市場では新卒者ではなく、既卒者となります。

新卒者の場合、その学生を評価するポイントは「どの学校を卒業したか(在学中か)」一点に絞られます。いわゆる学歴フィルターというやつです。これは本来非常に差別的で問題のある行為なのでおおっぴらに「○○大学以上」とはしていませんがフィルターは確実に存在します。

だから新卒者にとって「どの学校を卒業したか」や「新卒であること」は非常に重要になってきます。

しかしいざ学校を卒業して就職してしまうと「どこで働いたか」、「何をしてきたか」が重要になり、学歴の意味がどんどん薄れてきます。

例えば東大を卒業して5年間コンビニでアルバイト生活をしてきた20代後半男性と、高卒で5年間工業関係の会社に勤めた人では後者の方が圧倒的に就職(転職)しやすく、また賃金も高い場合が多いです。

また、業種や職種にもよりますが社会に出て正社員としてしっかり働けば、引き抜きの話があったりすることもあります。

実際私も高卒で営業をしていた時に病院の副院長から仕事の誘いがありました。

特に法人相手の営業職に就くと会社の社長や役員クラスの人とコネができるので、転職しやすい環境を作ることが出来ます。

一社目は学歴でしかほとんど評価されませんが、2社目、3社目であれば仕事での評価もされます。

そうやって年収を大幅に上げている高卒者も少なくないようです。

まとめ

上記をまとめると、

  • 一社目はフリーター向け紹介会社やハローワークを使っていったん就職
  • 一社目で培った経験、スキルを活かして転職して年収を上げる
  • 二社目以降は引き抜き、またはスキルが活かせて年収を上げられる

という流れを考慮して就職活動を行うと大卒なみの生涯賃金を得られるでしょう。

高卒者はスタートこそ大卒に比べて不利ですが、大卒者の大半が会社に入ってしまえば大した努力をしないので、逆転することは可能です。

そのためにはまずしっかり経験を積めるように一度正社員として就職しましょう。

ジェイックの詳細を見てみる

ABOUT ME
umi
umi
フリーター、会社員を経て現在フリーランスに。自分でも信じられないよくわからない生活をしています。Twitterによく生息しています笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください