フリーターの就職

ハタラクティブはどんな会社か?実際に訪問して聞いてみた

ハタラクティブはフリーターや第二新卒者向けの人材サービスとして最も知名度の高い会社の1つです。

実際私自身、ハタラクティブのことはこのブログを立ち上げたばかりの頃、2015年頃から知っていました。

しかし何年も前から知っておきながらどんな会社かは全く知らず・・・

「ハタラクティブはフリーター向けだよ」

「フリーターにおすすめだよ」

「フリーターでも使えるよ」

くらいの説明しかできませんでした・・・

というわけで今回、ハタラクティブに実際に行って取材してきたのでその内容をまとめていきます。

ハタラクティブのビルハタラクティブが入居している渋谷のビルのエントランス

ハタラクティブのサービス内容、強みを聞いてみた

まずはハタラクティブが具体的にどういうサービスを行っているのか、また他社とは違うハタラクティブならではの強みについて聞いてみました。

申込から内定までの大まかな流れ

ハタラクティブの相談ブースハタラクティブの相談ブース

 

まず申込から内定、就業までハタラクティブの利用者はどういった流れになるのか?

こちらですが大まかな流れとしては、

  1. 初回面談(就活の説明や経歴の洗い出し、求人の紹介まで)
  2. 合いそうな求人に応募(企業側担当と情報共有、同時に書類や面接対策など)
  3. ハタラクティブ側で作成した書類で書類選考
  4. 面接、内定
  5. 約1ヶ月後に就業開始

という流れです。

初回面談から就業開始までマンツーマンでサポート

他の人材サービスと違う大きな点は、LINEのグループチャットを利用したサポートです。

ここでハタラクティブの利用者の方はキャリアコンサルタントに相談し放題です。

相談内容は面接や書類対策はもちろん、その前の「応募する求人選び」や「仕事に対するちょっとした悩み」などにも対応してくれます。

大手の総合人材サービスだとこういった細かいケアなどは中々行き届いていない部分があるので、ハタラクティブのサポートはかなり手厚いです。

ちなみにハタラクティブのキャリアコンサルタントは女性が多いようです。

応募する求人を絞ってミスマッチを減らす

ハタラクティブの特徴的なところは、面接の前に「自社(ハタラクティブ側)で作成した書類で書類選考をする」というところです。

なぜこういうシステムになっているのかというと、求人を出している企業と仕事を求める求職者(利用者)のミスマッチを減らして双方の負担を軽減するためです。

そもそも求人を出す企業や仕事を探している求職者がこういった人材サービスを利用するのは、どちらも効率よく人を(企業を)探したいからです。

そのためハタラクティブではキャリアコンサルタントが企業側の担当者と情報交換をし、マッチしているか確認しながら進めるようです。

応募する側の要望と、企業側の要望がマッチしていたらハタラクティブが書類を作成し、書類選考を行います。

すでにマッチするであろう企業に書類を送るので、ここの通過率は非常に高いそうです。

ハタラクティブが求める人物像。どういう人に仕事が紹介できる?

ハタラクティブの個室プライバシー保護のため相談は個室で行われる

 

次にハタラクティブが求職者に求める人物像について質問してみました。

「どういった人に利用してほしいですか?」

という質問に対して以下のような回答をいただきました。

既卒のフリーター、第二新卒者、無職者であれば特に条件はない

ハタラクティブを利用している方の中には他の人材サービスで断られた人もいるようで、特に「こういう人がほしい」というのはないようです。

ハタラクティブを利用している人の多くは20代のフリーターとなっていますが、中には10代、30代の方もいるようです。※紹介できる仕事は20代が圧倒的に多いようです

また利用している人の中には、

「就職するべきか迷っている」

「誰に相談して良いかわからない」

「大学を中退してしまって就職活動の仕方がわからない」

「在学中に学校をやめて就職すべきか迷っている」

のような「相談したい」という理由で利用している人も増えているよう。

在学中の人が利用しているのには驚きました・・・

また、対象地域についても質問してみましたが、

「一度は拠点に来れる場所であった方が良いが、電話にてできる限りサポートを行う」

とのことで、通えるほどの距離にいない方でも問題なく利用できそうです。

ちなみにハタラクティブの拠点は関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)に8箇所、名古屋、福岡に各一箇所あります。

参照:https://hataractive.jp/info/access/

30歳以上の人も利用している

先にも少し触れましたが、ハタラクティブは現在30歳以上の方も少なからず利用しているようです。

公式ページによると30歳以上の就職実績は全体の2%程度。

30歳以上になると紹介できる仕事がグッと少なくなってしまうようで・・・

現在ぎりぎり20代という人は早めに利用することをおすすめします・・・

正社員経験なしの人が多い

合わせて利用者の方の正社員経験について聞いてみましたが、ハタラクティブを利用している方は約4割の方が正社員経験が全くないようです。

これに関しては他社とは大きな違いであると言えます。

正社員経験がない人でも就職成功率約80%を維持しているのはすごいですね・・・

就職成功しない人はどんな人?

ハタラクティブは、

「他社人材サービスで拒否された人でも受け入れる」

「利用者の多くは正社員経験一度もなし」

にも関わらず就職成功率80%以上という実績があるわけですが、それでも約20%の人が失敗に終わっています。

就職できずに終わってしまう人はどういった人なのか質問してみました。

ずばり覚悟が決まっていない人

就職に結びつかない人について質問すると率直に、

「覚悟が決まっていない人」

という回答をいただきました。

これはシンプルに、利用者の中には「就職する」という覚悟が決まっておらず、面接に至るまでに活動をやめてしまうそうことがあるそうです。

初回面談で「フリーターと正社員の違い」もしっかり説明するので、

「バイトのままで良いや・・・」

「まだ正社員にならなくて良いかな・・・」

と思う人が少なからずいるようです。

でもこれってなんとなくわかります。

就職活動はその活動自体が結構大変なので忘れてしまいがちですが、本当に忙しくなるのはやっぱり就職してからなんですよね。

長い間一日3時間くらいしか働いていない人がいきなり就職して8時間くらい働くって考えると、「やっぱりやめとこっかな・・・」ってなる気持ちわからないでもない。

ですが正社員で働くって結局はそういうことで・・・

逆に「彼女ができたから!」「彼氏ができたから!」などが理由で覚悟が決まっている人はだいたい就職成功するようです。

このあたりやはり経歴よりも「気の持ちよう」の方が大事ですね。

証明写真も撮れる?取材を終えて感じたこと

ハタラクティブの証明写真履歴書の写真撮り放題ブース

 

ハタラクティブはサポートが手厚く、総合的に良質な人材サービスだと感じました。

また、今回訪問した拠点(渋谷)には証明写真用のブースが設置されており、こちらで写真の取り直しがし放題、印刷も出来るという感じになっていました。※実際に印刷しまくることがないようにしたいですね・・・

対応頂いたキャリアコンサルタントの方も非常に丁寧で、安心して利用できそうな印象でした。
就職を検討される方はぜひ利用をご検討ください。

ハタラクティブの公式ページはこちら
ABOUT ME
umi
umi
フリーター、会社員を経て現在フリーランスに。自分でも信じられないよくわからない生活をしています。Twitterによく生息しています笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください