副業

フリーターが月20万以上稼ぐ8つの方法

フリーターの平均年収をご存知でしょうか?

こちらの記事でもまとめましたが、フリーターの平均的な年収は、60万円~150万円くらいです。

ちなみに会社員の平均年収は男性で約500万円、女性で280万円なので、いずれにしてもフリーターは平均的な会社員の半分以下の収入しかありません。

実際現在フリーターをしている人のうち平均的な会社員の収入以上稼いでいる人はほとんどいないと思います。

 

「ずっとフリーターでいると絶望しかないのか・・・」

いやいやそんなことはありません。

本ページでは現在フリーターをしている方向けに、少しでも収入を上げるための「フリーターの稼ぎ方」について解説します。

副業で稼ぐ(バイト以外)

何の専門知識も学歴も資格もないフリーターが平均的な会社員以上に稼ぐにはやはり「副業」が最も効果的だと考えます。

今回「月20万以上稼ぐ方法」としていますが、月20万稼ぐ方法は他にあってもそれ以上(人並み以上)に稼ぐ方法は副業で自分で事業を始める以外の選択肢がほとんどありません。

「副業で一般的な会社員の年収を超えるくらい稼ぐ」が理想的ですが、副業はそれ以外にも、

「その副業で得た知識や経験を活かして高収入の会社に就職する」

というキャリアパスも考えられます。

以下は初期費用なし(または少額)で気軽に始めやすいおすすめの副業です。

  • Webライティング
  • Webサイト制作
  • Webデザイン、イラスト
  • ブログ、アフィリエイト
  • SEO、マーケティング

最も気軽にはじめられるWebライティング

Webライティングは最も気軽に始められる副業として、学生から主婦まで幅広い層が取り組んでいます。

僕自身やったこともありますし、知人の主婦や学生がやっていたりもします。

Webライティングは初心者のうちは時給にして数百円程度からのスタートとなってしまいますが、慣れれば作業効率が上がり、時給数千円以上の人も多いです。

主婦業の片手間で毎月50万以上稼いでいる人もいます。

Webライティングは文字単価で計算されることが多く、初心者でも1文字1円程度から仕事を得ることが可能です。

1時間で1000文字書けば時給1,000円、1500文字書けば時給1,500円です。

専業のWebライターは文字単3円以上、1時間1500文字以上書くので時給に換算すれば4,500円以上となります。もちろんただ書く時間だけでなく調べたり取材に行ったりしなければならないこともあるので、単純に「時給4,500円で働いてる」というわけではありませんが、ある程度のレベルになれば平均的な会社員よりも収入を上げることは十分可能です。

主婦だけでなく専業でライターをしている男性も多く、50万前後稼いでいる人はたくさんいます。

ライター業務だけでなく付随する仕事をまるごと受注して月に100万以上稼ぐツワモノもいます。

仕事の受注の仕方についてここでは多くは解説しませんが、最初はクラウドソーシングと呼ばれる仕事のマッチングサービスを使うと簡単に受注が可能です。

Webサイト制作の受注額は1件10万以上も可能

2つ目はWebサイトの制作で、こちらはある程度学習しておく必要がありますが、受注できるようになれば1件受注するだけで10万以上稼ぐことが可能です。

受注できるレベルなれるまでの学習期間は1日の勉強量にもよりますが、2~3ヶ月程度あれば十分です。

2~3ヶ月程度「HTML」「CSS」に加えてWordPressの基本を学べばある程度仕事をこなすレベルになれるでしょう。

Webサイト制作はある程度専門知識が必要ですが受注金額が一件当たり5万円以上のものが多いので、スキルさえ磨けば専業としてやっていくことが可能です。

こちらもクラウドソーシングを使うと仕事がたくさん見つかります。

Webデザイン、イラストは本気で取り組むことが重要

Webデザインやイラストは人気の副業の1つですが、やりたい人が多い分、上述した2つに比べてやや難易度は高いです。

デザインやイラストは本気で稼ぎたくてやる人よりも趣味の延長でやろうとする人が多いため単価が下がりがちで、高いスキルを持っていないと「趣味でやってるから500円で良い」みたいな趣味勢と価格競争になりがちです。

ただ本気で取り組んでいる人ばかりではないため、頑張って収益化を目指せば比較的簡単に専業レベルまで収入を伸ばすことができるでしょう。

こちらはそういった趣味勢と競争しないようにイベントやセミナーなどに積極的に参加してリアルな場で営業をしたり、SNSを活用して取引先を見つけることが重要です。

ブログ、アフィリエイトは気軽に始められるが難易度高め

ブログによるアフィリエイトは初期費用が掛からない副業(サイドビジネス)として最もポピュラーです。

副業系の雑誌などを開けばせどり(転売)と並んで紹介されているページ数が多いですね。

ブログアフィリエイトは確かに初期投資数千円(サーバ、ドメイン代)から始めることが可能ですが、実際に収益が上がるまで時間が掛かるのが最大のネックです。

上述したWebライティングなら初月から、Webサイト制作であれば勉強する期間を含めて3~4カ月程度あればだいたい収益を上げることが可能ですが、ブログアフィリエイトに関しては1年間頑張って取り組んでもほぼ無収入の可能性は十分あり得ます。

実際僕自身も何年も前から取り組んでいますが、初めて収益が上がったのは約4カ月くらい、月1万円収入が入るようになったのは半年以上後だった記憶があります。

ブログアフィリエイトは上手くいけば月収100万円以上も可能ですし、実際に副業でそれくらい収入を得ている人もいます。

ただし取り掛かった人のうち大半の人がまともな収益を上げられず撤退しているのが現状で、簡単に収益が上げられるものではないということだけは頭に入れておく必要があります。

SEO、Webマーケティングのコンサル

上述したブログアフィリエイトに繋がる部分もありますが、副業でSEOやWebマーケティングを学んで仕事にすることができればコンサルなどで収入を得ることが可能です。

実際にある程度売上のある個人ブロガーが個人コンサルなどを行ってそれを収益化している人は多いです。

ブログアフィリエイトに取り組むとSEOやWebマーケティングの知識がつくため、そのスキルを活かしてコンサル業をすることも可能なんですよね。

取引先さえ見つかれば個人向けではなく法人向けの仕事も受けることが可能です。

余談ですが僕自身ある程度高いレベルの知識、経験があるので応募さえすれば時給3,500円からSEOやWebマーケの仕事をすることが可能です。

 

ここまでバイト以外の副業を紹介してきました。

これはいずれも雇用されず収入を得る方法のため、仕事の仕方やスキルは高いレベルで自分で学ぶ必要があります。

また、通常の雇用関係にある仕事とは違い「決められた時間に仕事をする」というのが全くないため、強制力がありません。

バイト以外の副業が難しいと言われるのはこの「強制力がない」という特徴が大きいと思います。

WebライティングでもWebサイト制作でも、ブログでもアフィリエイトでも実はそれぞれその業務を行っている会社があり、社内で分業こそ行ってはいますが実務をしている人は就業中にそれ相応のスキルを持つことになります。

つまりどんな副業でも普通の仕事と同レベルに働き、同意識で取り組めば仕事として成り立つレベルで収入を得るのが可能であるということです。

高時給のバイトを掛け持ちする

会社員男性の平均年収500万程度のレベルは難しいですが、月20~25万程度であればバイトの掛け持ちでも十分達成することが可能です。

バイトは時給換算なので計算が簡単ですね。

時給1,000円の仕事を月200時間やれば月収20万、250時間で月収25万円です。

月250時間は1日10時間、週6日勤務で達成できます。

僕自身バイトの掛け持ちしていた時はこれくらい働いていました。

もっとも、地方なのでここまで時給は高くありませんでしたが・・・

バイト掛け持ちで月収20万超えの実例

ここで僕自身がバイト掛け持ちで月収20万円以上得ていた頃の働き方を紹介します。

当時全国的にも最低賃金が低い地方に住んでいたのでいずれも時給は800~900円程度でした。

やっていたバイトは以下の3つ。

  • スーパーの品出し(朝7時~昼1時まで、週3~4)
  • ゲームセンター(昼3時~夜10時まで、週4くらい)
  • コンビニ(深夜0時~朝7時まで、週2から)

時給はそれぞれ800円~900円程度です。

まずスーパーの品出しが月80時間程度(6時間×週3~4)あるので約7万円程度収入がありました。

加えてゲームセンターのバイトが100時間程度(6時間×週4)で8万

コンビニは最低週2、多いときで週3は入っていたので5~6万程度の収入がありました。

全部で20~21万くらい。実際はもう少し働くことが多かったです。

コンビニのバイトが入っていないときはスーパーとゲームセンターの2箇所で働いていたため、朝の7時から夜の10時までほぼ働いていました。毎日これが続くと結構ハードですよね。

コンビニのバイトが入ってくると、夜の10時にゲームセンターのバイトが終わり、そのままコンビニのバイトが朝の7時まで続く。15時からまたゲームセンターのバイトがある…というかなりハードなスケジュールになっていました。

勤務場所を近くすれば時短が可能

掛け持ちは勤務場所と自宅が近ければ比較的楽に働くことが可能です。

近場で働けば朝の10時から17時まで働き、夕食を食べて18時から働くことも可能です。

自宅が近ければ休める時間も増えるので、月20万程度であればそれほど無理することなく稼ぐことは可能でしょう。

 

会社員男性の平均年収500万(月収40万)に届かすには、時給1,000円だと400時間にもなるので現実的ではありません。

時給1500円だと266時間程度なので、毎日12時間くらい働けば可能ですが、時給1500円の仕事を複数掛け持ちするのは最も時給の高い都内でも難易度は高いと思います。

一箇所で月20万稼げる仕事に就く

最も現実的で、最も楽にフリーターが月20万以上稼ぐ方法はやはり一箇所で月20万以上稼げる仕事に就くことです。

掛け持ちは移動や準備を伴うため、トータル10時間でも実質11時間以上仕事に費やしていることはよくあります。

効率よく働くのであればやはり一箇所で20万以上収入を得られる仕事を選ぶのが無難です。

就職して正社員として働く

月収20万という数値は正社員として就職すればほぼほぼ可能な金額です。

地方の場合20万を割る正社員の仕事がたくさんあるのは否定できませんが、それでもある程度選んでいけば20万以上の仕事に就くことは可能でしょう。

フリーターから就職を検討するする場合はフリーター専門の人材紹介会社などもあるので活用してみてください。

あわせて読みたい
採用率3倍アップも可能!20代のフリーター、第二新卒者は就職支援サービスを使おう世間一般では、 「一度フリーターになると再就職が非常に厳しい」 「フリーターから正社員になるのは難しい」 と言われるこ...

期間工という働き方

専門知識がなく、正社員経験もないフリーターが一箇所の仕事で確実に月20万円以上得る方法の1つとして「期間工」という働き方があります。

期間工とは3ヶ月や半年、1年など働く期間が定められている契約社員のことで、主に自動車や機械などを製造する工場で勤務する仕事です。

期間工は単純作業のため特別なスキルなどは必要ありませんが、慢性的に人材不足で各社常に人材を募集しています。

  • 専門スキルなし
  • 経験なし
  • 学歴なし
  • コネなし
  • 30歳以上

という人でも月収20万円以上得ることが可能です。

※ただし面接であまりにも印象が悪いと採用されないこともあります

まとめ

フリーターという働き方をしている人にとって、

「月収20万」

はやや高い壁のように感じます。

しかし世の中で働いている人の多くはこれ以上に収入を得ており、平均的な会社員にとっての壁は年収400万円(月収25~30万程度)です。

日本のサービスや商品全般は少なくともごく一般的な収入(年収400万以上)の人達が快適に過ごせるような価格設定されており、それ以下の収入の人達にとっては非常に暮らしにくいです。

いきなりフリーターのままだといきなり年収400万はハードルが高いので、まずは月収20万円を目指してみましょう。

ABOUT ME
umi
umi
フリーター、会社員を経て現在フリーランスに。自分でも信じられないよくわからない生活をしています。Twitterによく生息しています笑