フリーターの悩み

フリーター期間や空白期間の経歴詐称はばれるのか

フリーターや仕事をしていない無職期間、空白期間があると書類で大きく不利になりますよね。

どんなに面接でアピールしようと思っても履歴書の経歴が悪いと書類審査を通過出来ず、対策のしようがなくなってしまいます。

欧米及びアジア諸国等、ジョブ型の採用システムを取っている地域ではフリーター期間があれでも無職期間があれでも30歳を超えていようとも仕事が出来ればいくらでも就職チャンスはありますが、日本ではそうはいきません。

たとえ私がどんなにwebの知識があってもネットワーク構築の技術があってもフリーター歴、無職歴がある私を雇い入れる会社は少ないでしょう。

日本で日本の会社に就職しようとする限り、悪い職歴、経歴はおそらく一生足を引っ張るでしょう。

だからごまかしたい・・・

その気持ち分かります。

私もフリーター歴5年、ニート歴も半年くらいあるので面接の前にだいたい書類で落とされた経験があります。

だからごまかしたい、経歴詐称したいという気持ちもわかります。

だけど、ばれてまずいレベルで隠すのはリスクが高いです。

経歴詐称はバレるのか

バレるかバレないかはごまかすレベルによりますが、少なくとも前職で社会保険や雇用保険の手続きをしている場合、その前職をごまかすことはできません。

例えば前職3ヵ月くらいで辞めてしまったのでなかったことにしたいと思って詐称してしまった場合だとバレるリスクが非常に高いです。

というのも会社が社会保険や雇用保険の手続きを行う際に被保険者が直前に勤務していた事業所を知りえる機会が多いからです。

よくあるのは雇用保険被保険者証等の提出を求められるケースです。

雇用保険被保険者証には加入時の事業所が記載されているわけですから提出を求められた場合ごまかしようがありません。

もちろん必ずバレるというわけではありません。事務的な手続きを行う人と人事を管理する人が違うケースもあるわけなので経歴が違う書類が横に並んでも気づかない可能性もあるわけです。

ですがやはりリスクは高いので社会保険、雇用保険に加入していた前職をごまかそうとするのは控えましょう。

古ければ古いほどリスクは下がりそう

直前に辞めた会社の職歴を詐称するのはリスクが高すぎます。

ではそれ以前、二社前、三社前の場合はどうかというと、これもやはり社会保険に加入している場合はいつバレてもおかしくない程度にはリスクがあります。

が、年金手帳に書かれている会社を隠したりしない限り会社が調べるきっかけがなければバレることは少ないんじゃないかと思います。

なので職歴をごっそり丸々省いたりしない限り、例えば半年の職歴を一年にする程度であればバレる可能性は低いでしょう。あくまで「可能性は低い」程度のレベルです。過信しないようにお願いします。

数日で辞めたバイトの経歴は残る?

社会保険、雇用保険に加入している会社で働くと必ず加入した年月日、事業所の履歴が残ります。そのため経歴をごまかしても調べられればすぐにバレます。

ではそれら保険に加入していないかった場合、例えば数日で辞めたバイトはどうかというと、この場合書類や手続き等でバレるケースは少ないと思います。

私も実際3日くらいで辞めたバイトが2社くらいありますが社会保険どころか給与さえもらってないので就業した履歴そのものがどこにもないんじゃないかと思います。まあここまで短いと調べても分からないでしょうね。

残らないからといっても悪質な経歴詐称はNG

あくまで私の個人的な見解に過ぎませんが職歴は直前で働いていた会社以外、多少ごまかしてもバレるケースは少ないと思います。

特に空白期間を埋めたいから1ヵ月長くとか、3日くらいで辞めた仕事を書かないとか、それくらいならバレる可能性はほとんどないでしょう。

社会保険、雇用保険の加入歴がある職歴は調べられればすぐにわかってしまいますが疑いを掛けられなければ調べることもないでしょうし、日本人は真面目な人が多いのでかつて話題になったショーン・Kさんのように嘘八百の経歴を騙る人は少ないから調べることってほとんどないと思います。

調べる機会があるとすれば辞めて欲しい時くらいで、経歴詐称とか見つかれば問答無用で解雇出来るので・・・そんな感じで粗探ししたい時くらいでしょう。

とは言ってもやはり露骨に中長期的に勤めた会社を消し去ったりした場合、何かの拍子でバレると退職に追い込まれる可能性がなきにしもあらずなのでやはり詐称はしないに越したことはありません。

今はフリーターでも十分採用される見込みがありますし私のような職歴8年で5社並べても受かったりするでの案外包み隠さなくてもなんとかなるもんです。

また、多くのケースでそもそも応募する企業に関係ない短期アルバイトなどの経歴は書かなくても別に問題ないなので、その辺りは自己判断でお願いします。

問題があった時に解雇理由にされる可能性もある

正社員という雇用形態は雇用が保障されているため、経営上の問題や従業員による「重大な過失」等、正当な理由がなければ解雇されることはありません。

多少仕事が出来なくても、多少サボっていても、気に入らなくても会社は従業員を簡単にクビには出来ないのです。

しかし経歴詐称があった場合、「従業員の重大な過失」に当たるため、解雇する正当な理由とされてしまいます。

特に社会保険の加入がある経歴は形として残るのでごまかさないようにしましょう。

就職支援サービス、ジェイックは書類選考なし

人手不足が懸念されている現代、「若い人材が欲しい」という理由でフリーターや第二新卒者(一旦就職したもののすぐに辞めてしまった人)を求める企業が増えてきています。

フリーターや第二新卒者を専門とするジェイックは完全に書類選考不要で企業に応募できるようになっています。

というのもジェイックは正社員として就職できるためのスキルを磨く就職支援講座があり、そこで最低限働くためのルールを学ぶため、採用する側の企業が安心できるからです。

「就職してすぐに辞めてしまった」

「バイトをすぐに辞めてしまった」

など職歴、経歴に自信のない人は書類選考がない就職支援サービス、ジェイックの利用をおすすめします。

ちなみに就職支援講座から内定まですべて無料で利用できます。

加えてジェイックは全国民営職業紹介事業協会(厚労省が委託)が定める「職業紹介優良事業者」に認定されており、職業紹介優良事業者の認定条件には、

  • 法令を遵守するための体制が整備されている
  • 求職者の希望・能力・経歴等にマッチした求人開拓を行っている
  • 求人申込書の内容を点検し、差別的表現や法令違反などがあれば是正を求めている

などがあります。

職業紹介優良事業者認定基準より一部引用

認定されている事業者は2019年8月時点で42社。

そのため安心して利用することが出来ます。

⇛ジェイックの詳細を見てみる

ABOUT ME
umi
umi
フリーター、会社員を経て現在フリーランスに。自分でも信じられないよくわからない生活をしています。Twitterによく生息しています笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください