転職

30代で転職に成功する人と失敗する人の違い

年齢的に転職しやすいのは20代までと言われていて、30代での転職は可能ですが、後があまりないため失敗ができません。

家庭があったり、年齢のリミットがあったり厳しい状況での転職になります。

30代で転職を考えている人は「失敗したくない」と思っていることでしょう。

本ページでは、30代で転職に成功する人と失敗する人の違いについて説明します。

30代の転職で成功する人と失敗する人の違いとは?

30代での転職において失敗することは大きなリスクが伴います。

30代だと、すでに結婚していて自分以外に養う家族がいる場合や、年齢的に失敗してもまだまだ大丈夫といった余裕はなくなっている場合が多いのではないでしょうか?

しかしながら30代の転職で失敗はできない!と思いながらも失敗をしてしまう人も、少なからずいるのが現実です。

そこで30代の転職で成功する人と失敗する人の違いについて説明していきましょう。

スキルや実績があるかどうか

30代であればある程度の社会人経験があり、相応の職歴もあると判断されている場合が多いでしょう。

これまでに培ったスキルや実績が備わっている人材、すなわち「即戦力」であることが当たり前のように求められることになります。

20代や30代における転職するまでの期間に社会人経験年数にふさわしい能力を着実に身につけられている人は、転職で成功しやすいといえるでしょう。

一方で仕事全般においてまだまだ半人前、20代前半のような未熟な部分が垣間見えるようであれば、30代とはいえ「即戦力」としてスムーズに仕事に就いてくれるとは想像しがたいです。

スキルや実績がないに等しい人は、転職することはかなり難しくなるのではないでしょうか?

転職市場価値をわかっているかどうか

転職を考えているならば、自分自身の市場価値を理解しておくことは必須となるでしょう。

市場価値がわかっていなければ、自分自身の能力やスキルを最大限に活かすことができる企業がどこなのか、どうやって自分をプレゼンしたらいいのかもわかりません。

自分自身が個人的に入社したいと思っている企業ももちろんあるでしょう。しかしながら、相手が求めているニーズをキャッチして提供できなければそもそも入社することはできません。

自分の市場価値を理解することは応募する求人とのギャップをなくすことにつながりますし、それは自分のためでもあり、相手先企業のためでもあります。

転職の軸があるか

あなたはどうして転職したいと思っているのでしょう?転職先に何を求めているのでしょうか?転職する際に重要なのは、「何を基準にするか」ということです。

あれはいや、これもいや。すべて今よりも良くしたいと思っていると本当に望んでいたことが何なのかわからなくなってしまい、本来の自分軸がなくなってしまうでしょう。

どんなものでもそうですが、軸がないとブレが発生します。気持ちも移り気になってしまい、うわべだけ、見た目だけが良い企業に心動かされて転職に失敗しやすくなってしまいます。

30代の転職で成功する方法とは?

転職をするのなら、ぜひとも成功したいと思うのは誰しも同じでしょう。

では、どうすれば30代の転職において成功することができるのでしょうか?

即戦力になれる仕事を選ぶ

30代の転職においては、ほぼ間違いなく即戦力を求められていると考えておきましょう。

転職市場における30代とは、「即戦力」であることが最大のニーズです。

そのため、転職後になるべくスムーズに仕事に適応してスキルや能力を発揮することが重要になってきます。転職を成功へと導く方法は、まず自分自身の市場価値を理解し、自分自身が最も活躍できる場所・仕事内容を選ぶことが肝心です。

もしも職種に関してどうしても変えたいという気持ちがないのであれば(転職の軸が職種を変えることではない場合)、転職前と同じ職種の方がいいでしょう。

未経験の仕事に挑戦するなら「営業」

30代で未経験の仕事への転職は比較的難しいといえます。

未経験でも応募可能な職種もありますが、その場合はそれまでの社会人経験を活かせるような職場・なるべく早く自分が企業において貢献できるような職場を選ぶことも重要になってきます。

どうしても未経験の職種にチャレンジしたいという人は、営業を狙うことがおすすめでしょう。

なぜなら営業は特別なスキルや能力が必要ないためです。IT系や事務系では専門的な資格が必要な職種も多く、そういった場合はチャレンジしたくても応募資格に当てはまらない可能性が多いです。

営業的な能力は実際に仕事をしていると身についてくるものであり、これまでの社会人経験で培ってきたコミュニケーション能力などヒューマンスキルを活かすことができる職種でもあります。

他に未経験でも応募可能な場合が多い職種として、サービスや小売なども狙い目でしょう。

30代のためのおすすめ転職方法

30代の転職は20代頃の転職とは、求められるものが異なります。

なので、何が求められているのか、どうすれば転職できるのかを知っておくべきでしょう。

「30代で転職したいけど、オススメの方法を知りたい」という人もいると思います。

そこで本ページでは、30代のためのおすすめ転職方法を紹介します。

スキルや能力を発揮できる仕事を選ぶ

転職市場において30代が20代と大きく異なるのは、それまで培ってきたスキルや能力を評価ポイントとされていることです。すなわち、これまでの経験を活かす、即戦力であることがおのずと求められていることになります。

転職において自分優位に進めて成功させたい!その近道となるのは、今のスキルや能力が発揮できる仕事を選ぶことだといえるでしょう。違う内容の仕事を選ぶことは決して間違いではありません。

しかしながら現在の仕事内容とのギャップに苦しむ可能性があります。

「違う内容の仕事をしたい」という物差しではなく「転職したい」という物差しを選ぶのであれば、今のスキルを活かす方が得策です。

人脈やコネを使う

人脈やコネはあなたの立派な武器となります。人とのつながりはどんな場合においても大変重要でしょう。

企業側からみても、全く知らない人を雇うよりも何かしらつながりのある人を雇った方がいいという場合が多いのです。

採用活動をしている企業側の最大のリスクとは、採用した人が使えない、つまり仕事ができないことです。

事前に人脈やコネがあると、相手先企業もあなたのことを知る手段が増えますね。能力や人柄が分かれば、お互いにいい転職・いい人材採用につながり大きなメリットになるでしょう。

転職エージェントを利用する

自分の力には限りがあります。一人でどれだけ頑張っても最終的には頭打ちとなるでしょう。転職におけるプロの力を活用することが転職を成功に導く方法の一つだといえます。

転職エージェントは転職のプロです。転職業界の知識を豊富に備え、どうしたら成功するのか・どうしたら失敗するのか、多くの情報を提供してくれるでしょう。また、あなたを客観的に分析して採用の確率が高い求人を紹介してくれる場合もあります。

ついつい悩んで時間がとられてしまう各種提出書類の作成のアドバイスや、面接日程の調節などの細かな作業も代行してくれます。一般には出されていない非公開求人の情報も持っているので、転職エージェントを活用して損はないでしょう。

関連記事:転職エージェントとは?利用するメリットと注意点

未経験でも採用されやすい仕事を狙う

30代で未経験の仕事を希望している人もなかにはいるのではないでしょうか?未経験だとどうしても転職におけるハードルは高くなってしまうでしょう。しかし決して不可能ではありません。

未経験でも採用されやすい方法についてご紹介してきます。

職種は営業

職種としては営業職がおすすめです。未経験でも営業職に採用されるメリットとは、特別なスキルや資格が必要ない場合多いためです。

営業職はコミュニケーション能力が非常に重要であり、これまでの社会人経験が活かすことができる場面も多くあるでしょう。

営業職は、実際に営業活動をしてみて能力が身についていくことが多いです。企業によっては歩合制の給与体系である場合もあり、これまでの年収を大きく超える可能性も十分秘めているでしょう。

業種は小売かサービス

小売かサービス系がおすすめなのは、採用募集の際に求める人材として資格やスキルにおける必須項目が少ない・あるいはない場合が多いためです。

営業職と同じく小売やサービス系の主な仕事内容は接客である場合が多く、コミュニケーション能力がモノをいう世界です。

相手に気持ちの良い接客ができる・相手がまた来ようと思える接客ができるのは、実践での経験があってこそ。実践を積み重ねることでスキルや能力がどんどん身についていくことでしょう。

慢性的に人手不足の業種なので、企業側も人材を求めており、スムーズに転職ができる可能性が高いでしょう。

まとめ

厚生労働省によれば、2017年6月度の正社員の有効求人倍率(季節調整値)は、1.01倍であり、前月より0.02ポイント上昇しています。2004年の調査開始以来、1倍を超えて求人が求職を上回るのは初めてとのことです。

現在日本の企業における人手不足は深刻であり、逆に言えば転職市場において売り手市場が顕著になっていくでしょう。今まさに転職の時期が到来しているといってもいいのではないでしょうか?

政府の推進する働き方改革によって非正規雇用は減っていく方向が推測されますが、そのかわり正社員の雇用は今後も増加傾向となっていくでしょう。

人手不足と働き方改革によって売り手側優位で転職活動を進めていけるチャンスです。

30代であれば、社会人経験を買われて即戦力でスムーズに仕事を始めることも可能です。今の自分のスキルや能力を今一度確認してみて、積極的にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

転職を成功へと導くためには、まず「自分を知ること」です。

転職を考えはじめたらまずは自分のスキルや能力を再確認して自分がどこで求められているのか、どこで自分を活かすことができるのか考えてみましょう。

そうすれば「転職に失敗する」、つまり自分に合わない・自分を活かすことのできない転職先を選んでしまう可能性が激減するでしょう。

ABOUT ME
umi
umi
フリーター、会社員を経て現在フリーランスに。自分でも信じられないよくわからない生活をしています。Twitterによく生息しています笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください